見出し画像

ボーカルを綺麗にmixする方法

音楽作家は皆一度は「ボーカルを自前で綺麗にmixするにはどうしたら?」と悩んだことがあるのではないでしょうか。プロに頼めるのが一番ですが、いつもできる訳ではありません。何度も試行錯誤した結果、結構いい感じにできるようになったのでノウハウを共有します。

ちなみに僕はこんな曲を作っていて、vocal mixもしています。

Vocal mixに一撃必殺の解はなく、細かい作業の積み重ねです。なので単純ではないですが、一つ一つは難しくありません。やることは大きく分けて3つ、「ボーカルが綺麗にはまるように曲を作る」「レコーディングをうまいことやる」「ボーカルトラックを聞こえやすく綺麗にする」です。

下記のうち何かが参考になれば嬉しいです。尚、人によって全然やり方が違う上、僕はmixingの専門家ではないので参考程度に読んで頂ければと思います。

ボーカルが綺麗にはまるように曲を作る

曲作りの前半で音ごとの大きさの順番、つまりボーカルをどの位の大きさにするのかを決めます。参考曲を決めてそれに合わせてもいいですね。僕はボーカルを結構大きめにしますが、大体こんな感じ。
キック > ボーカル > スネア = 一番でかい楽器 > ベース > それ以外

次に編曲上ボーカルが入る部分を空けます。はじめは、ボーカルを入れたトラックを鳴らしてみて音が当たってるな〜という所から手を付けていけばよいでしょう。ガイドメロディ(シンセで鳴らす仮のメロ)でも十分判別できるので、僕は最初からボーカルの領域を空けながら制作しています。
・音が当たっている楽器の音域やオクターブを変える
・楽器のPanを左右に振る

・ボーカルを邪魔する旋律や音を削除する。または音量を下げる

ボーカルを録った後は音響処理でボーカルの領域をさらに空けます。音に手を入れるので、編曲だけで済ませられるのがベストですがまあしょうがないですね。
・EQで楽器音のMid(中央)をざっくり空ける
・EQでvocalとあたってしまった楽器音の帯域を削る。色んな帯域をグッと下げて探し回れば声が綺麗に抜ける帯域が見つかります。
・ベースの低音域が中高音域の聴こえ方を邪魔することがあるのでその対処
音の聞こえ方が変にならない程度に程々にやりましょう。

レコーディングをうまいことやる

レコーディングはあまり詳しくありません。普段自分で手配する時は、REC boothのあるスタジオを借りて多分こうかな・・?という感じで録音しています。とはいえ、Recording品質はボーカルの音ヌケに直結するので、以下に気をつけましょう。
・残響を乗せない
・良いマイクで録る:声の個性(の倍音)が綺麗に録れるかで全部決まります。この個性に相当する帯域を空けるために上のトラック側処理をする訳です。
・適切な音量で録る:小さすぎず、潰れない音量で
・避けられるノイズは全て避ける

ボーカルトラックを聞こえやすく綺麗にする

ここまでの処理で実はもうボーカルが聴こえやすい曲は出来上がっています。最後に、録音したボーカル自体を聴こえやすい音にしていきましょう。基本的にはリバーブをかけるまで全てモノラルで処理していきます。

1. 一曲通してボーカル録音の音量を揃えます
録音上の問題、例えばマイクとの距離など、によって曲の部分部分で音量がバラバラになっているかもしれません。意図しないものであれば、事前に部分ごとに音量を調整して揃えておきましょう。

2. 音を綺麗にします
EQで耳に痛い帯域を削ります。Qをいっぱいにして尖らせたEQを+10dB程度まで持ち上げて、100Hzから15kHzまで左右に動かしてみましょう。特に耳に痛い部分がありませんでしたか?そこを細いQのまま削ります(下図参照)。声、マイク、録音環境由来で生じた耳に痛い音をこの方法で取り払いましょう。全然必要ないことも、沢山必要なこともあります。音のニュアンスが変わってしまうので、時折本の音と聴き比べてやりすぎてないか確認しましょう。

DeEsser(Ess, Shhという声が意図せず大きくなるのを抑えるプラグイン)は持っていれば適当なpresetで適当にかけておきましょう(presetを作ったプロを信じましょう)。気になるノイズが無いのなら無理にかけない方が良いです。

ここまでで音が綺麗になりました。

3. 次は通りやすい音にします
EQ、コンプレッサー、サチュレーションが大体セットです。そしてこれらのボーカル処理にはプロのノウハウがあります。つまり、プロが作ったプリセットを使いましょう。僕は最近はNectarを使ってますが、Waves CLA Vocalsが安くてPops用途なら(かかりが強いものの)使い勝手がいいのでおすすめです。プロを信じてプラグインのプリセットを選び、曲に合わせてかかり具合を調性しましょう。僕の場合更にSausage Fattnerを0%で通すこともあります。
プリセットに頼りますが、それぞれが何をしているのかは自分でパラメータをいじって正確に理解しておきましょう。正確に理解すると、繊細な調整ができるようになります。
EQは曲によって追加処理を入れます。くぐもりやすい帯域(例: 250Hz, 400Hz)を抑える、耳に通りやすい帯域(例: 2kHz以上, 8kHzのピンポイント)を底上げする等。
リミッターは、不用意に突き抜けた音がmixに悪影響を与えないように挿しておく・・くらいで良いでしょう。潰すのはコンプに任せた方が良いです。

4. 最後にリバーブで空間を表現します
最初に下記を想像して決めましょう。
空間の大きさはどれ位?→ Reverbのsizeや残響長で表現します。
空間の雰囲気や明るさは?→ Reverb音のEQで調整します。
ボーカルはどの位遠い?→ Reverb mix%とReflectionで調整します。
どんなステージで歌っていると良いかを想像するといいと思います。尚、Reverbの細かいパラメータの話はここでは割愛します。Fabfilter Pro-Rが上記を直感的に調整できてかなり好きですね。

ここまでやって、もう少しだけVocalをmixから浮き立たせたい。という時は、↑の空間Reverbの手前に(重複するものの)Reflection:初期反響音だけのReverbを入れることがあります。

最終的にこんな感じになりました。

最終調整

どうでしたか?ここまでで随分綺麗なmixになったのではないでしょうか。残りは以下の調整をするだけです。
・やりすぎた調整を戻す
・改めてボーカルと他トラックの音量バランスを確認して調整する
・ダッキング(キックがなった時にボーカルの音を小さくするサイドチェーンコンプ)のかけ具合を決める

皆さんの制作の参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
45
音楽作家, 外資IT, マーケティング/営業