見出し画像

ママにできることはまだあるかい?〜赤べこの思いを伝えたい〜

娘と息子が旅に出た。 
(娘、奈美のnoteにサポートしてくださった皆様、ありがとうございます)

実は年に何度か、こうやって姉弟水入らずで気ままな旅をしています。どこに行きたい?と聞かれると決まって「温泉」と答える息子、良太。今回は滋賀県の温泉へ行くことにしたようです。

そして、娘のおかげで赤べこになった母べこは、旅先から送られてくる娘べこと息子べこの優しい笑顔の写真を見ながら、溢れんばかりの幸せを感じているのです。

素敵な写真を撮ってくださったフォトグラファーの別所隆弘さん。
https://note.mu/takahirobessho
本当にありがとうございました。

ふと子育てについて振り返ってみたくなった。

私の子育てはというと、成功したと自信を持っていえるものでは決してなく。迷いながら試行錯誤の繰り返し。見つけた答えはたったの1つ。しかもとてもシンプル。


圧倒的な愛で包み込むこと。



以上。

それだけ?
きれいごと?
ヤバくない?

いや、そうじゃなくて。
突き詰めるとこれにたどり着くのです。

過保護とはちょっと違うのですが、まず叱ったことはあまりありません。時には周囲の人から甘すぎると指摘を受けたこともありました。

なぜ叱らなかったのか。それにはちゃんと理由があります。叱っても上手くいかなかったから。良太が教えてくれたことでした。

良太を叱ると、「叱られた」「こわい」という感情でただ泣くだけ。伝えたいことがなかなか上手く伝わりません。ならばどうしたものかと考えた結果、たどり着いたのは、良太の機嫌が良い時に、してほいしこと、やっちゃいけないことをしっかり伝えるということ。

機嫌が良い時に伝えると、ちゃんと伝わるのです。この方が叱るよりもずっと上手くいくのです。  


叱らずに、伝える。


何を伝えたいのか、何を教えたいのか、ゴールさえ見誤らなければ、その手段はなんだって構わないと、私は思うのです。

おかげさまで、この作戦は大成功。
私の子育ての基本となりました。

物心つく前からダウン症と知的障害のある弟、良太と一緒にいると、姉の奈美にとっての「普通」とか「こうあるべき」の基準が他の人とはちょっと違っていました。みんなと一緒でなくてもいい、苦手なことより得意なことを頑張ればいい、これが我が家の基準。

奈美が小学校高学年になった頃、大きな壁にぶちあたりました。いわゆる挫折です。

みんなと一緒でなきゃという当時のクラスの雰囲気に全く馴染めず、自分はおかしいんじゃないのか?嫌われているんじゃないのか?という不安におしつぷされそうになったのです。自己肯定が全くできず、自信がなくて自分が大嫌い、いつも暗い顔をしていました。

そう思わせてしまったのは、みんなと一緒でなくてもいいんだと教え続けた私のせいかもしれません。母娘、一緒に落ち込む日が暫く続きました。そんな時、答えをくれたのが良太でした。

何を言われても、笑われても、同情されても全く気にすることなくいつも楽しく生きている良太を見ていると、誰が何と言おうと自分が大丈夫と思っていたらそれでいいんだ。私が子どもたちに伝えてきたことは間違いではなかったんだ。そう気づかせてくれました。

ならば圧倒的な愛とともに、娘と息子に伝えよう。君たちはそのままで素晴らしく、愛される存在であるということを。自信をもって自分が自分であることに誇りをもつことを。

子育ての正解っていったい何なのか、今でもわかりません。ただこんなふうに2人が仲良く、幸せな笑顔を見せてくれることに、私はこの上ない幸せを感じることができています。

私のところに産まれてきてくれて、育てさせてくれて、ありがとう。

旅から帰る君たちを待ちながらそんな言葉を贈りたくなりました。

今でもみんなが当たり前にできることができなかったり、人と違うことに自信をなくしそうになることがあるかもしれません。

そんな君たちがこれからもずっと笑顔でいられるように、ママにできることはまだある気がします。

そのままで素晴らしく、愛される存在であるということを、母べこは君たちに伝え続けていこうと思う。

今、君たちの圧倒的な愛に包まれていることを感じている私がここにいる。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

スキやSNSシェアだけでもすごく嬉しいです。サポートをいただけた場合は、娘・奈美と、息子・良太との美味しい思い出づくりに、大切に使わせていただきます。

1993
�夫の突然死、知的障害のある長男の出産、手術の後遺症で自分は下半身麻痺に。こうやって説明するとものすごい人生に思えますが、娘と息子と、毎日笑って楽しく過ごしています。娘・岸田奈美 → https://note.mu/namirairo

コメント5件

かとしん様、コメントいただきありがとうございます。共感していただけたことをとても嬉しく思います。私も同じく、子供に育ててもらっています😊
釈迦如来様、ありがとうございます❣️嬉しいです😃
はじめまして。私も4歳のダウン症を持つ息子を色々迷いながら育てています。娘は17歳離れた22歳。良太くんとお姉ちゃんの仲のいい姿を拝見して息子が大きくなるのが益々楽しみになりました。どんな大人になるのだろう、どんな仕事をしてるだろう。その時まで私もたくさんの愛で2人のことを包んでいきたいと思いました。
初めまして。奈美さんの記事から飛んでまいりました。岸田さんのご家族の在り方、愛や絆みたいなものを強く、深く、感じて。一方的な受け取り方ですが、もの凄く幸せな気持ちにさせてもらっています。ありがとうございます。未来に繋いでいきたい家族愛、子育て、のお手本のような家族で。いつかお会いできたら嬉しいなと思います。また記事読ませてもらいますね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。