中学生から衝撃の提起。「練習パターンを見直してみないすか?」 (゚o゚;; (1)
見出し画像

中学生から衝撃の提起。「練習パターンを見直してみないすか?」 (゚o゚;; (1)

中学生のラグビーチーム、しながわバンブーは毎週、リモートで水曜ミーティングを行っています。

このMTG、中学生が「試合の振り返りをしたい」と言い出したのをいいことに、試合がない週も「大人が中学生に伝えたいこと」を話す場として活用されてきましたが(しめしめ)、あららっ、3月ごろから様相が変わってきました。

中学生自身が話し合うテーマを出し始めたのです。

今回もバンブーの「スイミー(水曜MTG)」は、中学生からの議案で終わりました。

大人の準備したテーマは、今週も、霧散…す、すごく、いいことです(泪)!

そしてそして、

今回はその内容が衝撃的でした。

今のバンブーの、練習の方法論についての疑問と提案でした。

れい(U14)の発案
「練習パターンを見直してみない?」

今の練習方法は、2時間の中で多くのことをやる練習方法。
主軸の練習を決めて、じっくりやったほうが、身につくのではないか。
(という意見)

具体的には4パートで(下図を参照。図はコーチによる)
1)ゲーム形式
2)1で挙がった反省点の課題練習を特化してじっくりやる(メインメニュー)
3)コーチの準備してきた練習をやる(サブメニュー)
4)ゲーム形式

この提案には、バンブーがずっと抱えてきたディフェンス面の課題が、背景にあります。(つづく)

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2001年1月創立。東京・品川を中心に集まる多年代のラグビークラブ。幼児から中学生までのプレーヤー150人とOBOGを含むファミリー400人でわいわいやっています。幼児から中3までのプレーヤーを随時大募集中!迷っている人はすぐにご連絡を!