2017年 Album Of The Year -long list ver.-

レコード屋をやっていると、毎日のようにレーベルやディストリビューター、ごく稀に、ミュージシャン本人からも、新作のリリース情報が集まってくる。

お店に入荷させたもの、僕のまわりにいる優秀な同僚スタッフが教えてくれたもの、音楽話をする友人からススメられたもの。休日に出掛けた際に立ち寄ったレコード屋で見つけたもの。電車に揺られながら通勤している時間に、サブスクに迷い込みながら好きになったもの。

2017年も、たくさんの新しい音楽に囲まれた、幸せな一年でした。

今年も、いくつかの媒体で年間ベストについて執筆してますが、大体このロング・リストに載せたものが、2017年12月になったこの時点で、大好きな作品となったアルバムたちです。2018年に見返しても良いように、備忘録として残しておこうと思います。

2017年 Album Of The Year -long list ver.-

○ Teme Tan / s.t. 
○ Hypnotic Brass Ensemble / Book Of Sound 
○ Diron Animal / Alone
○ Nadine Shah / Holiday Destination
○ Ho99o9 / United Sates Of Horror
○ Algiers / The Underside Of Power
○ Vince Staples / Big Fish Theory
○ Broken Social Scene / Hug of Thunder
○ ROSTAM / Half-Lght
○ The Staves & yMusic / The Way Is Read
○ Grizzly Bear / Painted Ruins
○ A Giant Dog / Toy
○ Nnamdi Ogbonnaya / DROOL
○ Vagabon / Infinite Worlds
○ Amber Coffman / City Of No Reply
○ Dirty Projectors / s.t.
○ Richard Dawson / Peasant
○ Pierre Kwenders / MAKANDA at the End of Space, the Beginning of Time
○ 吉田ヨウヘイgroup / ar
○ Okada Takuro / ノスタルジア
○ TAM TAM / EASYTRAVELERS mixtape
○ Sufjan Stevens, Nico Muhly, Bryce Dessner and James McAlister / Planetarium
○ Valerie June / The Order of Time
○ Spoon / Hot Thoughts
○ The Weather Station / The Weather Station
○ Spoek Mathambo / Mzansi Beat Code
○ Moses Sumney / Aromanticism
○ Hurray For The Riff Raff / The Navigator
○ Fleet Foxes / Crack-Up
○ Bedouine / Bedouine
○ (Sandy) Alex G / Rocket
○ Downtown Boys / Cost of Living
○ Tift Merritt / Stitch of the World
○ Shabazz Palaces / Quazarz vs. The Jealous Machines /Quazarz: Born on a Gangster Star
○ Joey Bada$$ / ALL-AMERIKKKAN BADA$$
○ The Black Angels / Death Song
○ Circuit des Yeux / Reaching For Indigo
○  Foxygen / Hang
○ R.LUM.R. / AFTERIMAGE
○ Kevin Morby / City Music
○ Porter Ray / Watercolor
○ Tennis / Yours Conditionally
○ Delicate Steve / This Is Steve
○ Kedr Livanskiy / Ariadna
○ Colin Stetson / All This I Do For Glory
○ Ronald Bruner Jr. / Triumph
○ yMUSIC / First (classic)
○ Rhiannon Giddens / Freedom Highway
○ Theo Bleckmann / Elegy (jazz)
○ Brooklyn Youth Chorus / Black Mountain Songs (classic)
○ The Unthanks / Diversions, Vol. 4: The Songs and Poems of Molly Drake (folk)
○ Miguel Zenón / Típico (jazz)
○ Christian Scott / THE CENTENNIAL TRILOGY (jazz)
○ (U)NITY / (U)NITY Is Power (jazz)
○ Preservation Hall Jazz Band / ソー・イット・イズ (jazz)
○ Jasper String Quartet / Unbound  (classic)
○ Julian Lage & Chris Eldridge / Mount Royal (jazz)

○ Zack Sekoff / Remnants of a Winter Sun (2016年リリース)

Alpha Pupから2016年にリリースされていたザック・セコフのアルバムは、去年聴いたときは理解出来ずにいたのですが、今年の夏ぐらいに聴き返したら、2017年のメジャーな音作りを先取りしていたのかと驚いたので、ランクインさせました。

あと、なるべく自分がライナーノーツを書いたものは除外しようと思ったのですが、とても新しい音楽を届けてくれたピエール・クウェンダースの一枚だけは、どうしても外せませんでした。

今回のロング・リストの中から更に厳選したものを発表する機会が、12月10日(日)に、渋谷のカフェ・アプレミディであります。

2017ベスト選曲会

橋本徹さん主催で行われるこのパーティーは、今年は2回に渡って開催されます。昨年に引き続き、僕も参加します。参加メンバーの国分純平さんや江利川侑介さん、Quiet Cornerの山本勇樹さん、初めてお会いするDJ SAGARAXXさんと、僕以外の方々がどんな年間ベストアルバムを紹介してくれるか、今から楽しみです。

チャージ・フリーとなっているイベントです。今年聴き逃していた音楽の情報を、気軽に受け取りに来てください。

12月23日(土)の参加メンバーも、ワクワクする方々ばかりです。是非、両日とも立ち寄っていただけたらなと思います。

年末年始、より一層、大好きな音楽が増えますよ。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
松林弘樹
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。