大森弘昭 / VRonWEBMEDIA

VR、AR、MRなどの「XR」やIoT、AI、3DCGなどに関する話題をニュースやコラムの形でお届けしているニュースサイト「VRonWEBMEDIA」( https://vron.jp/ )の中の人です。

織田信姫さんがついに配信に着手。以下URLは2回目。https://www.youtube.com/watch?v=93B2FKr-xOM
これが非常に面白い。「アタシ配信向いてないかも」といいつつトーク力の高さは流石…と唸った。動画も配信も面白いなんてまさに鬼に金棒。確信した、彼女の真価もこれで爆発する。

取材帰りに #Vtuber 配信勢隆盛による『追う時間がない』問題を考える。配信好きな自分には「追う時間がなくなる」という感覚が元々ない。ニコ生全盛期はPCで3~4窓していた。今は休日にスマホ2台+iPad+PS4で最大4窓が普通。これって、もしかして世代間の違い?

7年以上推しているゲーム実況系生主の配信を見る。町会議で司会をやるくらい著名な人。その人が「最近にじさんじがすごいねー、VTuberの」と話したら、視聴者の殆どが「知らない」「誰ですか?」「VTuber見ません」と。みんな、まだまだこれからやで!我々は推せるときに推すべしなのだ!

Vファンオフパーティー #VFOP の間に一エントリーを書いてみようという試み

というわけで、久しぶりに秋葉原に来ております。 今日は秋葉原エンタスにて「Vファンオフパーティー」が開催されております。ファンが自らエンタスを押さえ、vtuberをゲ…

VRonWEBMEDIAにおける「VTuber」の呼称について(暫定・意見求む)

【お断り】筆者は「ジョジ民」で「めぐるーまー」で「ディナー」で「メイト」で「朝ノ衆」で「バルス箱推し」です。従って、本文章には多分な偏見などが含まれます。また、…

花譜の騒動の時にも感じたのだが、YouTube広告出稿は正当なマーケティング手段であり糾弾される類のものではない。それを言ったらヒメヒナ(広告出稿が知名度アップに貢献)やMZM(広告出稿したことを動画のネタに)とかはどうすれば? 個人・団体限らず広告出稿は立派な手法の一つである。