お墓参りに行ってきました。
見出し画像

お墓参りに行ってきました。

MITSUHIRO

という事で、タイトルの写真とは一切関係ありませんが母方のお墓参りに行ってきました。

おかんが最近夢でおばあちゃんがただニコニコして立ってる夢を見たと聞いて、連れていかなとと思い今日(2022, 01, 23)あいにくの天気の中、京田辺は興戸にある「寿命寺」へ。
前回行ったのは、去年の4月ですから、もうかなり長く行ってませんでした。

僕にとってお墓参りは色々な事で気になってる事や解決が遠い事柄、何か胸騒ぎがする時等、本当によく行ってます。

僕は、おかんと一緒に物心つかない時からずっと行ってました。
おかんの他、おかんのお姉さんや、おかんのお兄さん家族ら、おかんのお姉さんの息子家族等と一緒に行ってました。
そして、バケツにお水を入れて運んだり、お線香をつけたりする仕事を手伝ってお墓を拝んだあと、お供え物のかっぱえびせんや果物を貰うのが楽しみでした!

お墓の掃除の後、おっさん(関西ではお住持さんのことをそう言う)にお経を読んでもらいます。
途中にあるお焼香がまた楽しみの一つ!
つまんで火元にかけるといい匂いがします。
するとまた頭を撫でてもらえるのです。

その後は、おっさんと軽くおしゃべりの時間ですが、その時は僕は、本堂の縁側を走ったり転がったりして遊んでした。

僕は、なんの宗派かは分かりません。
どちらかと言うと、無宗教なのかもしれません。
しかし、先祖を粗末にしては行けないとおかんから散々言われました。
手を合わせるのは仏教
手を叩くのは神道
手を組むのはキリスト教
僕は、年中どれかやってます(笑)
だから、お墓の前でも手を合わせますが、何か宗教的な呪文というかそういうのはなく、ただ何も考えず「ありがとうございます」だけを思います。
それでスッキリしてまた頑張ろうと思えるようになったのは高校生くらいかなと思います。

いつもなら家族6人で行くのですが、親父か亡くなっておかんと5人で行きました。
今日は、おっさんが居なかったのですが、おっさんの奥さんがいつもおられて挨拶します。
本当に久しぶりの再会でした。
奥さんも再会の喜びの中、目に涙を浮かばせてはりました。
ようきたなー!と言うてもらった時に、雨降るかもやけど来てよかったと思いました。

僕が今まで楽しみにしていたお線香やお水運びは、朱花音や奏篤に引き継がれました。
寒いし少し雨の中、一生懸命お墓を洗ってくれました。
美華さんも参加して草むしりもしてくれました。
おかんは墓前で手を合わせ号泣していました。
1人で親父か死んでから頑張ってるので、墓前でおばぁちゃんやおじいちゃん、兄弟にお話が出来て良かったなぁと思いました。

本当では、奥さんが用意してくれてて上がらせていただきました。
奥さんとおかんはお互い泣き会いながらも、会えたことにとても喜んではりました。
少し雨が降っていましたが、縁側では僕の代わりにチビらが盛り上がっていました。
なんか引き継ぎができて嬉しかったです!

僕も暖かい気持ちでいっぱいになりました。

また暖かくなったら、行こうと思いました。

最後まで呼んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
MITSUHIRO

読んでいただきありがとうございます。 もしよろしければ、サポートもよろしくお願いします。 サポート頂いたお金は、各バンドの運営資金等に使わせていただきます。

スキありがとうございます!
MITSUHIRO
1973年8月13日、大阪生まれ。幼少の頃より父の影響で洋楽を聴くようになり、高校時代より、立命館大学のビックバンドメンバーとして参加。大阪音楽大学を経て、国内外ミュージシャンとのセッションを経験して現在に至る。