見出し画像

想いもこだわりも たくさん詰め込んだ作品に、全力投球しました。

いつも、懸命に制作しているけれど
これまで以上に、エネルギーを注いだ制作になった今回の制作。

オーダーという、具体的に相手のお顔が思い浮かぶカタチでの制作だったからだろうか。

画像1

と言っても、
どの作品を制作する時も
なんとなくこんな人に使ってもらえるといいな、と
誰かしら想像して作ることが多いのだが

いかんせん、妄想なので
途中で「好いてもらえるかな?」
「誰にも求められなかったら…?」と
不安になることも、全くないわけではない。

そんな時はやっぱり
制作の手が止まり、休むことだってあるのだ。


そう考えると
やっぱり最初から最後まで、
休むことなく、全力投球で進むことができたのは
待ってくれている人が すぐ傍にいてくれたからだろう。


「女性」「美しさ」「自信」「表現」をテーマに、一般女性がランウェイを歩く、このイベント。

先日、ちらっと書いたけれど
このイベントの公式グッズを作らせていただくことになったのだけど

イベントスタッフさんから
ご希望いただいたアクセサリーはマスクチャーム。

「マスクが必須な こんな世の中でも
おしゃれを忘れないこと。美しさを忘れないこと」

そういう想いからの アイテム選びだった。


そして、わたしは
マスクチャームだけで終わらせたくない。

何かマスクが要らない世界を願って、
その時に使えるものにも、変身させたいな…と

バッグチャームとしても 使えるよう、
アレンジすることに。


そんな想いが乗ったアイテムだったので
作るお花にも 意味を込めたいな、と。

花言葉から
「蘭」「トルコキキョウ」「ラナンキュラス」などを提案させてもらった中で、

「優美」「すがすがしい美しさ」「希望」の花言葉を持つ、トルコキキョウに決定。

画像2

とは言えさ、
わたし…

トルコキキョウって…作ったことないよ…?

それで言うと、
提案しといて、蘭もラナンキュラスも作ったことないけどね。えっへん。
(威張るとこちゃう…)


そんなわけで
制作はトルコキキョウの研究からスタートした。(ちょうど市場に出回る時期で、めちゃくちゃ助かった…!)

画像3


花びらは 柔らかく動きを出せるものが良かったので、生地は薄絹を。

画像4

花びらをカットして
染色にこれでもか…!というほどに
こだわって、失敗もたくさん。

失敗した分、また花びらをカットして
また染色して…の繰り返し。

画像5

失敗した 染めムラたち……
色はかわいいんだけどさ…かわいいんだけどさ…(悔しい…!)

そしてまた3時間かけて
慎重に慎重に
色を重ねて重ねて重ねて重ねて、
6回くらい重ねた結果、
ようやく納得の色が出せたパープル。

画像6

ちなみに花びらは薄絹1枚だけだと
アクセサリーにする強度としては不安…。

染めの色を重ねる間に、
2枚1組にして花びらを貼り合わせて強度を増し、
そこからまた色を重ねて、
色ムラが なきよう染める。

そうして染め上がった花びらは
コテあてをして 花びらに動きを出すんだけれど

このコテあても
根元と花びらの先で、コテを使い分けて
動きを出していく分、工程も時間も かかるもの。

画像7

でも、このコテあては
花びらに「命を吹き込む」ことをイメージしてるから、お花たちにとっては 大切な過程のひとつなのだ。

花びら一枚一枚、それぞれ別の動きがあって
そうして出来上がったお花たちは
色が同じでも、
やっぱり、ひとつひとつ、みんな表情が違うもの。

画像8

光にかざすと、
透け感のあるこの感じ…
やっぱり薄絹を選んでよかったな。

もうこの辺りで、
お花ひとつひとつに、愛おしさが募っていて。
写真に撮りつつ、めっちゃ愛でてまくってます。(自画自賛ともいう…)


ちなみに、花びらの真ん中でしゃんと立ってる
雌蕊と雄蕊も、じっくりと見なきゃ分からないレベルでこだわってて

そうして作ってきたお花たちと
アクセサリーパーツを組んで、アクセサリーに仕立てていくときには、感慨深いものがある。

画像9

ようやっと、ここまで来た…と思うけれど
どの工程も本当にやり切った!と思うほどに
エネルギーをかけてきたし、
何より、どの工程も楽しかったな。

画像10

画像11


出来上がったアクセサリーを見て、
「完成ーーー!」と手放しで喜べないのは

わたしの作品を届けるには
まだ、やらなきゃいけないことがある。

いや…正確には、
まだやりたいことがある。


それが 箱づくり。

アクセサリーをお届けする箱も、
何度もeritonunoの作品を迎えてくださる方が楽しめるように
柄を変えたりしているのですが

今回はこのマスクチャームに合わせて
新しい柄の箱に。

画像12

そして、いつも箱の底に敷いてた
ふかふかの綿みたいなやつ…あれ、名前なんて言うのかなぁ。

アクセサリーが引っかかることもあって
ずっと気になっていたから
布で巻いて、アクセサリーを置く枕を作ったから、いい感じで、満足。


今回は アクセサリー台紙と
説明カードも新調して、
週末に 第一弾の発送を終えました。

画像13

週末にお届けできた方もいたけれど
ほとんどの方が今日、到着くらいかな…?


週末はわたしもゆるっと過ごしたけれど
また今週から第二弾の発送に向けて、制作頑張ります。


こちらのイベント、現在クラウドファンディングをしております。(8/30まで)

目標は達成しておりますが
わたしの作るマスクチャームはまだ選べますので、ぜひ応援いただけると嬉しいです。


そして、こちらも読んでみてもらえたら、嬉しい…!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
読んでくれて嬉しい !
13
看護師。つくるひと。撮るひと。布花アクセサリー@eritonuno のクリエイター。家族の日常写真を撮りに行くひとです。

こちらでもピックアップされています

eritonunoの作品たち
eritonunoの作品たち
  • 46本

eritonunoというブランド名で、布花アクセサリーを作っています。 その作品たちの紹介ページ。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。