この続きをみるには

この続き: 3,311文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

商業出版に至った経緯、出版方法についての考察、読まれるメディア運営方法について。今後どんどん記事は増えて行きます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もし、この記事を読んで「面白い」「役に立った」と感じたら、ぜひサポートをお願い致します。頂いたご支援は、今後もこのような記事を書くために、大切に使わせていただきます。

ありがとうございます♡
48
2015年にコミックエッセイ(PHP研究所)出版。秋に2冊目の書籍出版予定。主なお仕事はNHK・Eテレ番組内イラスト、書籍・広告・Web・自治体などのイラスト、東京新聞小説挿絵、イラスト講師など。ひよことプリンとネコが好き。 http://www.hiyoko.tv/

この記事が入っているマガジン

出版&メディアのつくり方
出版&メディアのつくり方
  • 10本
  • ¥500

商業出版に至った経緯、出版方法についての考察、読まれるメディア運営方法について。今後どんどん記事は増えて行きます。

コメント (7)
初めまして。私はnoteで無料公開した文章を1ヶ月後にマガジンにして有料へ切り替えようかと考えてます。週刊誌に掲載された漫画を後で単行本にするような感じです。ただし、それだと古い文章が検索されないというデメリットも生じます。
ダイセンブさま いつもながら、ありがたいお言葉、ありがとうございます!私はいつも、頭の中でアレコレとりとめもなく考えてばかりいるので、書くだけでも楽しいのですが、有料記事については、また検証していけたらとも思っています。またお役に立てればうれしいです。
佐竹信二の直感男ノートさま コメントありがとうございます。やはりそう思われるんですね。私はnoteの仕組みでまだよくわかってない点があるので(特にマガジン)、じっくり考えてみたいと思います。
ダイセンブさま あれ?コメントしたつもりで反映されてませんでした!スマホだとたまにやってしまうみたいで、すみません。私は好奇心が強いので、有料で稼ぐかどうかより、有料にしてみるとどんな世界が開けるか、ということに興味があります。そんな風に楽しんで行けたらいいですね。ダイセンブさんのお言葉、いつも励みにしています。文章は勿論素晴らしいですが、写真も凄く努力されててすごいなーと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。