マガジンのカバー画像

スキの多い記事

49
よく読まれている記事の中から、特にスキの多い記事をまとめています
運営しているクリエイター

記事一覧

続けていれば、思いもよらないどこか遠くへと道は開かれる

イラストレーター&文筆家・陽菜ひよ子です。 すっかり、noteをサボっています。すみません。…

大切なのは「忘れられないように」すること

イラストレーター&文筆家・陽菜ひよ子です。 先日、イラスト仲間の展示に伺ったときのこと。…

色あせないモノだけが生き残れる

イラストレーター&文筆家・陽菜ひよ子です。 このところ、ちょっとnoteがお留守になっていま…

多くの人に応援される、たった一つの方法

イラストレーター・取材&コラムニスト・陽菜ひよ子です。 わたしは長くイラストの仕事を中心…

「自分にしかできないこと」と「誰でも1冊は本が書ける」は同じ意味なのだ

イラストレーター・取材&コラムニスト・陽菜ひよ子です。 普通に生きていると、「本を出版す…

その「想い」は「重い」になっていませんか。

イラストレーター・取材&コラムニスト・陽菜ひよ子です。 どんな人にも、何かしらの「こだわ…

CtoCはしんどい、という話

イラストレーター・取材&コラムニストの陽菜ひよ子です。 その仕事をしてみて初めて見える世界ってありますよね。いい意味でも悪い意味でも。 たとえば、わたしはいわゆる「サラリーマン家庭」に育ったのですが、昔、年長の人に言われて、当時はあんまりしっくりこなかったけれど、今は納得できる話にこんなことがあります。 自営業者になってはじめて見えた世界 「会社員の家に育った人は会社員の人と、自営業の家に育った人は自営業の人というように、実家と似た仕事の人と結婚した方がうまく行く」

スキ
72

好きなことを仕事にするって、つまりはこういうこと

イラストレーター・取材&コラムニストの陽菜ひよ子です。 この記事を書くきっかけになったの…

みんなのフォトギャラリーはじめて半年たって思うこと

わたしが「みんなのフォトギャラリー」をはじめたのは今年の3/24。 ちょうど半年が経ちました…

好きな食べものは洋食屋にある

長い間、わたしの中で「この世で一番好きな食べもの」のもとに燦然とかがやく料理がこれでした…

たまには振り返ってみよう

「10年前、何してましたか?」 と聞かれても、すぐには答えられません。 いや、今とほとんど変…

42歳が女の頂点だが、女は50代からが面白い説

離婚すると女性はモテるという言葉を実感したのは、38歳のときだった。 もちろん、比べるのは…

ブログ、そして今またnoteで人生を救われる

最近すっかりはまって、せっせと「みんなのフォトギャラリー」にイラストを上げているわたし。…

名古屋めしはおふくろの味

#ご当地グルメ 自己肯定感が低く「ナゴヤなんて何もありませんよ」って言いがちなナゴヤ人が、唯一まぁまぁ堂々と人にお勧めできるのがご当地グルメではないだろうか。 ナゴヤのご当地グルメは「名古屋めし」と呼ばれる。「何にでも味噌をかける」「全部茶色い」などと揶揄されながらも、某ケンミン番組で取り上げられたのも手伝って、どんどん知名度を増している。 名古屋めし目当てにナゴヤに観光に来る人も増えているらしい。わたしが東京に住んでいた頃、我がオットの地元「函館」に行ってみたいという

スキ
62