見出し画像

ホンモノの人

音楽って、もともと無機質なもの。手でさわれない。形のないもの。それを有機的なものにして、相手に手渡したいっていうのは、素敵なことだよね。売れなくても。作る「価値」がある。

俺はダウンロードしたデータ音源もきくよ。車の中とかね。便利だから。でもそこでは、音楽の価値はおざなりになる。みんな聞き流す。

でも本来、音楽は、真剣に作られたものだ。だから、自分の部屋で、真っ直ぐに置いたスピーカーの目の前に「んっ」と座って、真っ直ぐに、聴く。CDは今、その対象としての製品になりつつある。

売れないから作っても意味がない。それは大人の意見で、ごもっとも。

だけど、かおりちゃんはさ、もっと無邪気なままで、いいんじゃない? 全然売れないけど、作りたい!作りたいのー!って。そっちのほうが合ってるでしょ。笑

俺はまだ、あきらめてないから。CDの可能性を。

------------------------------------------------

尊敬するレコーディングエンジニア 岡田勉(おかぴ)氏のことば。彼は、スガシカオさんや一青窈さんの音作りも手掛けている一流のレコーディング・エンジニアなんだけど、なぜかわたしと仲良くしてくれて、どうでもいい愚痴や冗談に付き合ってくれたり、こないだはゴハン食べに行って何時間もお喋りしたり、昔からお兄ちゃんみたいな存在だ。

この日もらったことばは、忘れたくなくて、書きのこす。どこまでも実直で、純真だ。ホンモノの人は。と、おかぴを見てるといつも思い出して、うれしくて温かいきもちをもらえる。

冬に「中原中也」のレコーディングを、彼とやろうと思う。需要はゼロ。誰も興味はないしまったく売れないだろう。何のために?と、自分に問い続けてきたけどもうやめた。売りたいからじゃない。録りたくなったから。ただ、それだけだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
優しさをありがとう
10
1986年生まれ。シンガーソングライター。福岡出身・東京在住。 https://www.facebook.com/kaori.hikita.39