見出し画像

全国模試で上位2%をキープし続けた私の具体的な会計士試験勉強法

アフリカ在住会計士の根本晃です。

私は、大学2年生の秋に公認会計士試験の勉強をはじめ、4年の夏に合格しました。

「公認会計士試験は難しい」
「会計士試験を突破するためには4,000時間かかる」

と言われ、会計士試験はいわゆる難関試験に位置付けられています。

確かに、簡単な試験ではありません。

ただそれは「頭が良くないと合格できない試験」ということとは同義ではないので注意が必要です。

会計士試験には傾斜配点という採点システムがあり、正解率の高い問題ほど高い点数が振られるといったルールが採用されています。

したがって「みんなが解ける問題=簡単な問題」ほど点数が高いということです。

そしてその簡単な問題を取りこぼさずに積み上げることで、十分に合格ラインに達する試験でもあります。

つまり会計士試験では「難しい問題を解けるようになる能力」ではなく「みんなも正解できそうな問題を確実に解ける力」が必要になるのです。

「じゃあむしろ、会計士試験て簡単な試験なのでは?」と思われるかもしれませんが、会計士試験の難しさは問題の難易度ではなくその範囲の広さにあります。

会計士試験は短答式試験と呼ばれるマーク式の試験、そして論文式試験と言われる論述式の試験の2つに突破すると合格となります。

この2つを合わせると勉強すべき科目は財務会計論・管理会計論・企業法・監査論・租税法に加え経営学・経済学・民法・統計学の中から1つ選択という、聞いただけでも目が回るような数の科目を学習する必要があります。

また、それぞれの科目につきテキストや問題数が数冊、何十回にも及ぶ答練(試験)をこなさなければなりません。

新しいことを学んでも学んでも、次から次へと習得すべきことが湧いてくるのです。

すると何が起こるか。

Aを学んだ後に、Bを学ぶとその頃にはAの知識は曖昧になっている。
Bに続けてCを学ぶとBの知識は曖昧になり、Aのことなんかさっぱり忘れている。
AとBとCを同時に勉強したいけど、そんな時間はない。

学習初期~終盤まで、常にこのように学習と忘却の追いかけっこを繰り返す。
これが公認会計士試験です。

ここまででおわかりになる方もいらっしゃるかもしれませんが、会計士試験突破は「いかにうまく知識をメンテナンスしながら新しいことを積み重ねていくか」にかかっています。

そのために必要となるのは「努力」と「戦略」です。

このnoteにたどり着き、ここまで読んで頂いた方は充分にやる気にあふれ努力を継続することができると信じています。

なので今回は私の経験から、その努力が間違った方向へ向かないための戦略の立て方を紹介させて頂きたいと思います。

私が何者かわからないのにそんな話を聞く気にもならないかと思いますので、簡単に会計士試験における実績をご紹介してから本題に入ります。

【会計士試験における実績】

・試験本番までの3回の全国模試(TAC、大原)では1500人~2000人中、常に30位以内をキープ。(上位2%以内)
・某予備校で約60万円の授業料がタダになる特待生を獲得。
・試験の3か月前に受けた模試で最低のF判定を受けた友人に残りの日数でやるべきことをアドバイスし、友人が一発逆転合格(もちろん私がアドバイスした方向への友人自身の努力があっての合格です)

なお、このnoteでは計算科目はどのように勉強すべきか、理論科目を攻略するコツなど、試験制度が多少変わっても通用するノウハウ・考え方がメインとなっております。

時間の経過に左右されず、かつ個人ごとにカスタマイズしやすい内容であるため、具体的ながらも、そのまま使ってよし、アレンジしてよしのノウハウを詰め込みました。

是非、このnoteを使って合格に一歩近づいてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

目次

第1章 計算科目の効率的な勉強法

・財務会計と管理会計は最優先で完成させるべき科目

・考えてもムダ。すぐに答えを見よう

・テキスト&答案練習(答練)の繰り返し方

・総合問題と答練は半分以下のスピードで終わるようになるまで繰り返す

・完成後も1日1~2時間程度は計算問題を解いてメンテナンスをする

第2章 理論科目の効率的な勉強法

・1回で覚えようとしない

・住所を覚えるように覚えよう

・知識のメンテナンスは「超高速」と「じっくり」を組み合わせる

・「これだけ見れば大丈夫」というテキストを1つ作る

・テキストの色付けについて

・「これだけ見れば大丈夫」という自分だけのテキストを1つ作る

・どこまで暗記に頼るべきか?

第3章 復習をするタイミングの決め方

・キーワードは「分割」

第4章 私の合格体験記

・各時期にやっていた勉強の紹介

・1日のスケジュール

【付録】会計士試験に役立った書籍の紹介

さいごに

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この続きをみるには

この続き:8,680文字/画像6枚

全国模試で上位2%をキープし続けた私の具体的な会計士試験勉強法

HikaruNemoto

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

12
アフリカで会計士としてビジネスしています。 試験や面接合格に向けた攻略法を確立するのが得意です。(実績⇒在学中に公認会計士試験に合格、TOEIC950点、青年海外協力隊1発合格、その他勉強法や面接のアドバイス経験多数)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。