マガジンのカバー画像

リハ塾マガジン

臨床で感じるなぜ?を解決し結果を出したい人のためのWebマガジン。 機能解剖、生理学、病態やメカニズムの理解、そこから考えられるアプローチを学び、より臨床で使える形で知識を提供し… もっと読む
臨床に関するコンテンツがほぼ毎日配信されます。初月は無料で購読できます。 現在800以上のコンテン… もっと詳しく
¥500 / 月 初月無料
運営しているクリエイター

記事一覧

膝を鍛えれば痛みがとれるのは間違い

リハ塾の松井です! 膝の痛みを解消する方法の一つに筋トレがあります。 ただ、筋力をつける=痛みがとれるというわけではないです。 膝を鍛える方法として、スクワットやレッグエクステンションのようなマシントレーニングなどの方法がよく用いられています。 膝が痛いから鍛えるというのは、半分正解で半分間違いです。 私の病院でも膝の怪我や手術後の方に対して、上記のようなトレーニング指導されている方もいますが、逆に痛みが強くなってしまう方もいます。 膝の痛みに対して、筋トレは効果

スキ
2
有料
100

固定的な運動パターンを脱却するには

リハ塾の松井です! 普段の臨床で僕たちセラピストは対象者とある共通の目標を掲げ、それに向かってリハビリを進めていくわけですが、そもそも目標が共有できていなかったり、目標は共有できていても課題設定が大雑把になっていることがよくあります。 目標は様々で、例えば、歩行ができる、排泄時の下衣操作ができる、食事時に手を使って箸を操作できるなどがあります。 これらの目標がいまいち達成できない場合、運動がある程度パターン化されてしまっていて、動作が達成できない悪い運動パターンから抜け

スキ
3
有料
100

腰下肢痛のリハビリで悩んだら読んでほしい【腰下肢痛の評価~治療介入まで】

火曜日ライターの松井です! 腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛など、腰下肢痛を呈する疾患や病態は多くあります。 多くあるが故に、的確に評価して介入しないと、いまいち効果が薄いということはよくあります。 ですが、障害レベルと症状が一致しなかったり、痛みに再現性がなかったり、臨床的に難しい症状の1つだとも言えると思います。 今回はそんな腰下肢痛の評価から介入をスムーズに進めるための考え方を解説していきます。 疼痛の分類

スキ
12

頚部と体幹の拮抗関係の重要性

リハ塾の松井です! 今日は頚部と体幹筋群との関連について解説します! 特に肩関節疾患、呼吸器疾患の方では、頚部筋群の緊張や短縮が多いですよね。 そのような方々は、比例するように体幹筋群の緊張が低い印象があります。 何故そうなるのかを僕なりの考えをまとめてみました!

スキ
2
有料
100

外傷後の浮腫は速やかに収束させるべき

リハ塾の松井です! 外傷後や循環障害による下肢の浮腫みに対して、マッサージだけしかできないなんてことはありません。 むしろ、積極的な介入で浮腫みを軽減させることはできると思っています。 僕は普段整形疾患をメインに担当しますが、長期間浮腫を残存させてしまうと、組織間の癒着が生じて可動域制限や筋力低下にもつながってしまいます。 重要なのは浮腫みに対して何かするのではなく、浮腫みを起こしている原因を何とかしないといけないのです。 今日は浮腫みの原因と対策について一緒に見て

有料
100

椎間関節性腰痛は多裂筋の機能が重要

リハ塾の松井です! 腰痛はリハビリテーションを行うための病名にこそなりませんが、訴えが多いメジャーな症状の1つです。 腰痛と言っても原因は様々で、簡単に解決できないからこそ悩む方も多い症状だと思っています。 今回はそんな腰痛の中でも、椎間関節性の腰痛について解説します。 椎間関節性の腰痛があるとして、椎間関節はどうなっている可能性があるのか?何故痛いのか?この辺を掘り下げていきましょう。

スキ
1
有料
100

視床痛の原因と介入アイディア

リハ塾の松井です! 以前からやっていた質問に答えるコーナーですが、新年度からの異動でバタバタでやっと時間がとれたので、また回答していきます。 お待たせしている方、申し訳ありません。 順番に必ず回答しますので、お待ちください。 さて、今回は以下のような質問をいただきました。 脳卒中後、体性感覚神経系の病変によって生じる神経障害性疼痛の総称を脳卒中後中枢性疼痛(Central Post Stroke Pain:以下、CPSP)と言います。 僕もデイケアで勤務している時、

スキ
4

高齢者でもできる体幹の運動療法【汎用性のある7つの運動療法を紹介!】

火曜日ライターの松井です! 腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離症など、脊柱疾患を診る機会が増えたので、改めて体幹の運動療法について考えてみました。 僕が体幹の運動療法を行う際、どのような点を意識しているのか、どのような点に注意しているのか、どんな運動療法を行うのか。 これらについてまとめてみました。 僕は急性期の病院勤務なので、必然的に対象は高齢者が多くなりますので、それを前提に考えています。 体幹の運動療法を行う際の目的体幹の運動療法を行う際、何を目的に

スキ
28

外側縦アーチの臨床におけるポイント

リハ塾の松井です! 足部のアーチは抗重力位では重要な機能の1つです。 何故なら、立位や歩行時において足部は床と接する唯一の部位で、足部のアライメントが崩れると、全身に影響が及んでしまう可能性があるからです。 そこで、今回は足部のアーチの中でも、外側縦アーチについて解説していきます。 外側縦アーチは臨床的にどんな役割、機能を持っていて、どのように評価、介入するのかをまとめました。

スキ
1
有料
100

膝蓋大腿関節の評価とアプローチ

リハ塾の松井です! 膝関節は大腿脛骨関節と膝蓋大腿関節の2つに分けることができます。 当たり前ですが、膝関節の痛みといってもどちらの関節による問題が大きいのかを評価した上で介入しないと、効果は出ません。 同じ膝関節の痛みや機能障害でも、膝蓋大腿関節の問題なのに大腿脛骨関節へのアプローチを永遠としていても効果は出ませんよね。 そこで、今回は両者の中でも、膝蓋大腿関節の評価とそれに対するアプローチを解説します。

有料
100

肩外転運動を肢位を変えて行う意味とは?

今日は肩関節の外転運動について。 僕は肩の外転運動を行う際、中間位、外旋位、内旋位というように各肢位ごとに分けて行います。 それは何故かと言うと、それぞれの肢位で外転運動ができることが大事だと思っているからです。 この辺をもう少し具体的に、中間位、外旋位、内旋位での違いについてまとめました。

スキ
2
有料
100

免荷期間中の対応が鍵!足趾MP関節痛を起こさないためのポイント

リハ塾の松井です! 踵骨骨折や下腿骨折などでは免荷期間が数週間ある場合があります。 免荷期間を経て、全荷重へと進めていきます。 そんな免荷期間がある症例が全荷重を開始した際の訴えの1つに、MP関節足背部の痛みがある場合があります。 何故そこに痛みがあるのかを知っていれば、免荷期間中にできることもあるので、荷重開始後にMP関節痛を出さないためにも、今日はその辺りを解説します。

スキ
2
有料
100

足関節拘縮のアプローチ【アキレス腱以外の2つの要因】

火曜日ライターの松井です! 腓骨骨折や三果骨折、アキレス腱断裂など、整形病棟にいると足関節疾患の症例も多く見ますが、術後は免荷から始まることが多いです。 そのため、他の関節に比べると足関節は特に制限が強く残りやすいと感じます。 いざ荷重開始となってから焦って可動域を出そうとしても遅いです。 免荷中のうちから如何に可動域制限を作らないかと考えるには、制限因子となりやすい組織を知っておき、それに対するアプローチ方法も知っておくことが大事です。 そこで、今回は足関節拘縮に

スキ
13

肩関節周囲炎と腱板断裂の病態の違い

リハ塾の松井です! 今日は肩関節周囲炎に対するリハビリの考え方を解説します。 肩関節周囲炎は腱板断裂とはまた違った病態なので、考え方も少し帰る必要があります。 また、病期によっても考え方が違うため、それも理解してリハビリをする必要があります。 では、早速見ていきましょう。

スキ
3
有料
100