マガジンのカバー画像

188
詩や散文を中心に掲載しています。よろしくお願いします。
運営しているクリエイター

記事一覧

【詩】カラフル・エレファント

その象は春の中を飛ぶとき 身体が桜色に変わるし メロンソーダを飲むと 緑色に変わるんだ 仲間…

【詩】ホットケーキ

知らない町の喫茶店 冷房が強めに効いている 自動演奏のピアノが歌う 足元を歩いている黒猫 僕…

【コラボ詩】Angel Overdream

星の嵐が近づいている夜 チョコレートアイスの階段を爪先で 一歩ずつ溶けていく祈りに 何かし…

【詩】ドライブスルー

キャラメルマキアートの雨が シフォンケーキの車を濡らしている スーサイド・ブルーの道路標識…

【詩】不眠症

不眠症の眠り姫は タンポポの根で作った 象も倒れる睡眠薬を飲んで ぼんやり窓の外の雨を見て…

【企画】猫の詩を読ませてください

*こちらの企画の募集は終了致しました。発表は2月下旬の予定です。ありがとうございました。 …

【詩】ラビットギャング+お知らせ

不良のウサギたちは サングラスをかけて 赤いスカーフを顔に巻き 耳に星のピアスを3つしている 畑の野菜を荒らして 鍬を持った農夫に ひたすら追いかけられたり お月様の顔に落書きして 寝不足の神様に こっぴどく怒られたり 悪魔のにんじんぶらさげた ラビットカーで暴走すれば お巡りさんにも止められない 指名手配のお尋ね者 理由なき反抗には それなりの事情があるけれど 赤い瞳には喜びだけ映して 反省も2秒後には忘れている 懲りない奴らさ 退屈で死にそうな夜 どこかへ遊びにいこうよ

スキ
234

【詩】野花

金網の穴をくぐって 隣町に野花を摘みにいく 花売り娘のジェシカは まだ13歳だけど 病気の母…

【絵本】三つ編みのアミとクリスマス

人生5回目のクリスマスイブの朝 アミは透き通った気持ちで目を開けた 凍った窓から漏れる太陽…

【詩】初恋の花

幼稚園の時好きだった 花ちゃんは瞳がグリーンだった 唇は小鳥のようにツンとして 枯れた声で…

【コラボ詩】白夜と天使

可愛いフランス製の宇宙船 乗り込んだ女性飛行士の 首に貼りついている苺のタトゥー 注文を忘…

【詩】森のレストラン

くらげだらけの海を テトラポットに立って見ている 少女の焦点は濁っていて 尖った唇はほんの…

【詩】遠距離恋愛の詩

遠距離恋愛中の僕らは 受話器に耳をくっつけて 小さな声で会話する その方が親密に感じるから …

【詩】女優

夜間飛行の先に現れたのは ソケットの抜けた帝国 いつでも挨拶はおやすみなさい カーテンは全て閉じている 毛布に包まっている星屑 微熱に浮かされて ベッドライトの灯りの下 慣れない台詞を棒読みする 生まれ変わったら女優になりたい たくさんの顔を持ち 本当のことは誰にも言わない ふたりでひとつのケーキを食べる 世界の終わりの喫茶店で 不安定な音階がキスを求める 誰も応じない、見向きもしない 一曲も好きじゃないレコード シャンパン色の雨が 子猫の瞳を濡らしている ロメオは毒を飲んだ

スキ
292