見出し画像

クラウドファンディングでお金集めていきなりフランス行った話

こんにちは!
7/16〜7/23の日程でフランスへ行ってました。
こちらはクラウドファンディング企画で行ったんですが、まだ読んでない方はこちらから!

それについてのノートも書いてあるので是非!


まあそんなこんなで行ってきたわけですが、すぐにテスト期間がきて更新できなかったので今書いてます!

そこでなにを得たのか、なにを考えたのか、全部言語化できるかわかりませんが書いてみたいと思います。

観光のこともちょっと書きながら書いていきますので、ぜひ最後まで読んでね!

1.出会い〜ヒッチハイク編〜

僕は今回の旅を通じて多くの人に出会いました。

その出会いの中から考えたことを書いてみたいと思います。


パリからモンサンミッシェルをめざしたヒッチハイクを通しての出会いが大きかったわけですが、

乗せてくれたみなさん本当に優しくて感謝しかありません。

ちなみに、なぜヒッチハイクしたのかというのは完全にノリで面白そうだったから。笑


実際、道端にいるダンボール持った外国人を自分の車に乗せるって勇気がいることだし当たり前のことではない。


最初、ヒッチハイク開始から5,6時間やっても全く捕まらず、本当にきつかった。泣きそうだった。

何十、何百という車が通り過ぎていく中、自分の存在の小ささが身にしみました。


なんで周りの目を気にしてやってるんだろう、なんで簡単に車は捕まると根拠のない自信なんて持ってたんだろう。なんでこんなきついことしてるんだろう。


その時きっと自分の中のプライドが消えた。

やるしかないぞって。そこで諦めていいのかおれって。

思いっきりこの状況楽しんでやるぞと。


(疲れて休んでいた街)

そして決意を新たに再出発、ダンボールに書く行き先を近場に変えてみると、、、

なんと、一瞬で止まってくれた!!


このときの車が止まってくれたときの喜びは日常では絶対に味わえない、真の喜びでした。


その後、高速に入ってからは軌道に乗り、車も止まってくれやすくなり!


諦めないで自分を信じて続けてよかったと心から思った。


ヒッチハイクで乗せてくれた人と写真を撮ろうかなとも思ったけど写真という形で残すのではなく、自分の心に深く刻もうとあえて写真は撮りませんでした。

あと、フランス語しかできない人も多くコミュニケーションを取りづらいこともよくあったが伝えようという気持ちと、汲み取ろうという気持ちがあればちゃんと意思疎通できる。


ここで、英語ができたとしても全世界の人と話せるわけではないんだと、当たり前のことに気づき、英語だけに固執してしまっていたなと感じた。

でも、その中でも、もっとコミュニケーションをとるために英語は学びたいなあと。


じゃあ実際のところ会話どうしてたのってなるけど、別に会話がなくても心のつながりみたいのを感じられて全く苦ではなかった。

じいちゃんと一緒に音楽聴きながら車が走ってたときも。笑


そして、モンサンミッシェルについたときは嬉しさと達成感が込み上げてきて、ずっと眺めてました。


ヒッチハイクを通して、本当に心の底からくる感情を知れたんじゃないかと思う。




帰国後、割と色んな人からヒッチハイク怖くなかったの?と聞かれたけど、その時初めて、これって怖いものなんだと気づいた。笑

やってるときは旅に夢中だったからかな、全く怖いという感情は不思議となかった。笑


2.出会い〜ドリームハウス編〜


パリに滞在してる間、ドリームハウスという日本人宿に泊まっていました。

食事2食付きで、時間の制限一切なし、1泊20ユーロという安さ!!

本当はゲストハウスとか泊まりたかったけどパリは高くて、、

価格重視でここに。笑


ここでの出会いも素晴らしい経験となりました!


1番衝撃だったのは、フランス軍の外人部隊に所属している人がいたこと。

この人は、19歳のとき100ユーロだけ持ってフランス来て入隊の面接を受けて受かったらしい、、、

半端ない。笑


英語も、もちろんフランス語も全くできない状態で来たと言っていたのでマジですごい。

なんで軍人になったのって聞いたら、仕事がなかったからって言ってた。笑

意味わからんけど、日本での就職にこだわる必要なんて本当にないんだなって思ったし、海外に出たら自分の経歴なんて全く関係ないし、そこで自分の評価を1から作っていくのってなんか面白そうと思った。


でも、もっと驚いたのはその人が20歳の一個下だったこと!!

勝手に絶対年上だと思ってた。笑


あとは、フランスでアンティークを見つけて日本に輸出して売る仕事をしている人がいて、将来のことについてちょっと話したときの何気ない一言が心に刺さった、


「日本で就職ってなると自由は間違いなく減るよね。

結構縛られちゃうんじゃない。」


もちろんどんな仕事をするかによると思うけど、

ここで割と海外就職ありだなって。


他にもデザイナーの人がいたり、面白い人ばっかりで

濃ゆい滞在ができたのではないかと思います!!


3.フランスに行って得たもの、考えたこと


ヒッチハイクをしたり、野宿をしたり、初めて一人で海外を旅してみて得られたものかなり多かったと思う。


1番プラスになったなって感じることは、

「何かをするときの瞬発力があがったこと」


なにかしようとして迷ってる時間がもったいないし、

なんでもまずはやってみるということの大切さ。


何が最善な選択なのかを考えるのではなくて、自分のその選択を最善なものにするために考えて努力するほうが学びの幅は大きく、得られるものも多いのではないかと思う。

もちろん、考えることも大事だけどね。


もう1つ気づいたことがあって、

「自分が大事にしていたのは何がしたいかで仕事を探すことではなくて、ライフスタイルであったということ」


自分の中で好きなことを仕事にとか、
やりたいことをやって生きるっていうのは意外と2番手ぐらいの思いだったんじゃないかなということに気づいた。


どういうことかというと、

自分が本当に求めていたのは、
ゆるく働いて自由に生きること。
例えばフランスだと、仕事はするけど、土日は休みで、休みの時は公園やセーヌ川沿いでみんなでお酒を飲んで楽しむみたいな。

朝からオフィスに行ってバリバリ働いて仕事に追われる日々はやりたい仕事であっても無理なのかもしれないと。

だから、やりたい仕事をやるんだ!っていうよりどんなライフスタイルを作りたいかってことの方が大事なんだなあって!

説明難しい笑笑
全然伝わってないと思うけどそーゆーこと!笑

4.最後に

今回、
66766円の支援が集まりました。(23日帰国時)
本当にありがとうございます。

たくさんの方の支えがあってこそ実現できたものだと思うので
感謝の気持ちでいっぱいです。

フランスについてはまだまだ書きたいことあるのでパート2書くかも笑

そこで、なぜこれだけの支援が集まったかということを考えた時に、
支援してくれた人がぼくの人となりを知っていて、
あいつになら投げ銭しようと、思ってくれたからなのではないかなと考えました。

今の僕の課題はそれをどう、自分のコミュニティの外に拡大していくか、ということです。

ということで!!
自分を知ってもらうために、
そして、就活が始まる時期ということもあり、後々役に立つのではないかと思い、

「公開自己分析」をやりたいと思います!!

自分の強みがわかるかもしれないし、
また、僕の公開自己分析を見た人が、ぼくが気づかなかったところを教えてくれたら他己分析されてることにもなるし、

良いことづくし!!

ジョハリの窓でいうパブリックをどんどん広げて行くみたいな。

よーし即やろ。笑

最後まで読んでくださりありがとうございます!

ではまた☺︎


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。