見出し画像

【CRAFTSMAN PREVIEW vol.02】西永工業 西永拓郎さん

住まいの道具研究所では、様々な職人さんとコラボレーションをして住まいの道具づくりをしています。

今回は、真鍮の表札やポストなど、金属加工の道具づくりでお世話になっている西永工業 西永拓郎さんをご紹介させていただきます。

西永工業 西永拓郎さんとは

画像1

西永工業は、西永さんのお父さんがつくった鉄工所。
幼い頃からモノづくりが身近にある環境だったため、「西永工業は、当然自分が継ぐもの」と思っていた西永さん。
学校卒業後、すぐに西永工業で働きはじめ、今に至ります。

西永工業はいわゆる「町工場」。
鉄工所として依頼されたパーツ等をつくることを生業としているのですが、西永さんの活動はそれだけに留まりません。

アクセサリーをつくって、他県の展示会に参加してみたり・・・

オブジェをつくってみたり。

鉄工所の日常を発信するなど、一風変わった活動をしています。

つくりたいから、つくる。

西永さんは、気づいたら朝から晩までずっと仕事をしているそう。

依頼されたものだけでもたくさんあるのに、
なぜアート作品をつくるのですか?

そう尋ねると

アートとは思っていません。
見る人がアートと思えば、それはアートなのかもしれないけれど、僕はつくりたいからつくっているんです。
仕事のフラストレーションを、さらにモノをつくることから解消しているのかもしれないですね(笑)

という答えが帰ってきました。

画像2

西永さんがつくるものは、「ウケ」を考えずつくったもの。
「これがあったら楽しそう」という気持ちでつくっています。

作品を目にする人にとって、作者の想いは関係ない。
全ては受け取り側の問題だと思っています。
僕の仕事は、あくまで「鉄工所」。
アートというより、鉄工所ではこういうことをしているんだよ〜ということを伝えたい。
その気持ちの方が大きいです。

そんな風に語ってくれました。

住まいの道具と金属

西永さんとコラボレーションでつくっている表札とサイン。

画像3

西永工業では、精巧なレーザーカットの機械があるため
オリジナルデザインを手がけることができます。

画像4

機械が全てやってくれると思ったら大間違い。
仕上がりをイメージして設計をし、機械を操り、微調整をする技術は
長年の経験がないとできません。

アイアンや真鍮のアイテムは、住まいの道具の中でも人気の商品。

これからも、新しい商品を生み出していきたいです。

町工場を身近に。

西永さんが、独自の活動を通じて伝えたいのは「鉄工所の仕事」。

普段の生活で、何気なくつかっている鉄ですが、
誰に、どのようにつくられているかは、意外と知られていません。

画像6

完成されたものを見ることしかないので、
つくる過程で鉄くずが出ることや、

画像7

溶接にも手間がかかることなど、
知らないことがたくさんあります。

日本のモノづくりは、西永さんのような人たちに守られてきているのです。

画像5

ホームセンターや家具屋さんには、当然ながら「既製品」しかありません。

でも、こうやって町工場と直接つながると
できることはたくさんあるのです。

「こういう感じの○○が欲しい」
そう言っていただければ、僕も西永さんもどうにかしてカタチにします。

ぜひ、気軽に声をかけていただきたいです。

画像8

もっと町工場を身近に、
職人さんを身近に、
自由なプロダクトを・・・。

そんな想いから、きたる11/30-12/1に「住まいの道具展」と称してイベントを開催することとなりました。

また詳細お伝えいたします。

住まいの道具研究所のインスタグラムもリニューアルしました。

ぜひフォローして応援してくださるとうれしいです。

この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
10
建築家 / 一級建築士 / 住まいの道具研究家 建築家として活動している日々から学んでいることや、住まいにまつわるプロダクト(道具)を研究していことなどを綴っていきます。 住まいのプロダクトの販売店「住まいの道具研究所」https://www.sumai-dogu.com/運営

こちらでもピックアップされています

CRAFTSMAN_PREVIEW
CRAFTSMAN_PREVIEW
  • 4本

上田英和が工芸職人を巡って、それぞれのものづくりへの思いを連載する企画

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。