配達専門弁当の事業
見出し画像

配達専門弁当の事業

田中 ひではる

 僕は割と健康管理に気を使っている方で、食事には特に注意している。1年くらい前からはコンビニ、ファストフード、外食チェーン、などの食事は基本食べないことにした。
糖質も控えている。精製されたものは特に。前々から気を付けてはいたがより一層気を付けることにしたら、健康状態は前より明らかに良くなった。

 そんな生活になってから困ったことは、外食やテイクアウトの選択肢が少な過ぎることだ。
子供が出来てからは特に時間を大切にしたいと思っているので、毎日食事を作るわけにもいかない。もちろん妻にその役をさせたいとも思わない。
だって大変だもん、ごはん作るの(ToT)

 誰かこの地域で安心して食べることが出来るお店を作ってくれないかな?
お気に入りのお店がこの地域で事業展開してくれないかな?
そんなことをいつも思っていた。

 そんな時、当社に新しく女性の調理スタッフが入ってきてくれた。いろいろ話を聞くと、食事に関して気を付けているようだ。どうやら子供にアレルギーがあり、気を付けざるを得ない状況ということもあるらしい。
この地域で安心して行ける飲食店は少ないね、っていう共通認識も持てた。

 そんな話をしているうちに、
健康に気を使っている人、アレルギーの問題を抱える人達が、安心して食べられる「配達専門弁当」をやってみる?
っていう話になった。
 安心とか安全に勝る優先順位はないけど、毎日毎日食事に手間ヒマかけてられない。楽したい。でも忙しい。
そんな人達に届いてくれたら嬉しい。

 加えてこれが実現すると本業である施設利用者にも良質な食事を提供できそうだ。
特に当社のグループホーム・生活介護を利用してくださっている方は、うちが提供する食事がメインになる人もおられるので食事内容は重要なのである。

ちなみになぜ配達専門かと言うと店舗を構えるのは大変だからだ。

 お互い飲食店経営の経験は皆無なので、手探りになりそうだけど楽しそうでもある。

 僕はこれまでにたくさんの失敗をしてきた。失敗を繰り返してもまた新しいことに飛びついてしまう。僕は間違いなくバカである。
だけどその中から学びもしたので、今回はリスクを極力避けてスモールステップでやっていこうという作戦だ。

この話は随時記事にしていきたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
\(^o^)/
田中 ひではる
【これから一緒に働く人、今一緒に働いている人】に向けての日記 1983年生まれ 株式会社障がい者ライフサポート 代表 広島市佐伯区で障害福祉サービス事業を経営 会社HP https://funny.hiroshima.jp/