見出し画像

GopherCon2019 参戦記 DAY2 (7/25)

アメリカ・サンディエゴで開催されているGopherCon2019に参加しに来ています。

GopherCon2019 参戦記 DAY1 (7/24) にて会場・ホテル・ノベルティなどを書きました。7/25はいよいよKeynoteなどメインコンテンツがスタートです。

(当日に書こうと思ったのですが圧倒的疲労感で寝てしまったので翌日早朝に書き始めました)

Continental Breakfast

GopherConではContinental Breakfastといった名前で朝ごはんを提供してくれます。朝の会場の様子です、大賑わいしてます!

スターバックスコーヒーが無限にデプロイされてました、すごい!

朝ごはんに加えてランチも同会場で提供してくれました。

Welcome Gophers!

メイン会場でGopherConが始まります。一番前から撮った会場の様子です。すごい人、、、!

司会の方から初めて参加の人がどれくらいいるか会場に投げかけられ、結構な割合(一番前なので正確にはわからず)で初回参加のようでした。以降、聴講したトークについて概要・感想などをまとめていきます。

Talk: On the Road to Go 2 by Russ cox

朝一最初のトークは、GoogleでGo言語の開発をリードしているRuss Cox氏です。

Go言語の開発にて何をどういった考えでやってきたか、そしてGo 2のError handling、Generics、Dependency Management、Toolingについて話していました。

※ Live Blogがsourcegraphから見れるので以下の記事もご参考に

GopherCon 2019 - On the road to Go 2 (sourcegraph)

Talk: How Uber "Go"es by @lelenanam

随時更新

Talk: GUI/front-end development work in progress

随時更新

Talk: GUI/front-end development

随時更新

Talk: Go, pls stop breaking my editor

随時更新

Talk: Handling Go Errors

https://www.gophercon.com/agenda/session/49005

Talk: Optimization for Number of goroutines Using Feedback Control

GMOペパボの@monochromeganeさんのTutorialセッションです!

トーク終了後たくさんの方が質問しに集まっていました。

※ 内容については随時更新

Talk: Contributing to the os Package: How Deep Do You Go?

随時更新

Welcome Party

今日のすべてのトーク終了後、USS Midway Museumという会場でパーティが行われました。

時差ボケ抜けぬまま、一日英語ヒアリングに集中しつつ内容を理解してと続けてめちゃめちゃ疲れたので仮眠をとったら1時間ほど遅刻してしまいました。

遅れて到着で機を逸してしまったのですが、現地の他の日本人の方がRuss Cox氏と写真を取る機会を取れたらしくすごく羨ましい写真が公開されてました。

おぉ!良いなぁ...!とおもいその後ウロウロ探してみたのですがその日は見つけられず...!

DAY2を終えて

英語聞き取れるんかという不安があったのですが、ライブ字幕があったりするのでtwitterのTLを眺めつつで大筋は理解できました。

フリーな時間ではわりと一人でうろうろしてたりしたんですが、話しかけていただいて拙い英語でもコミュニケーションを図っていただいて大変ありがたい限りでした。ただ、自分から"Hi!"と話しかけれるように出川イングリッシュのあのハートをもってDAY3以降望みたいと思います。

国内のカンファレンスでも人見知りして話しかけられない性分なのですが、可能性を広げていくためにそうは言ってられないぞ!とマインドを切り替えられたのは、わざわざアメリカまで足を運んできてよかったことの一つだなと実感してます。

余談

現地では、まちなかで乗り捨てられるスクーターを使うととても便利です。

https://www.bird.co/

というわけでDAY3の朝ごはんの時間が迫ってきたのでこのへんで失礼します!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。