女体考

先日、旅先で、真っ昼間の露天風呂に入る機会があり、改めて「湯けむり旅情」という言葉の頭に「湯けむり」がついていることの意味を感じ取りました。

一から説明します。
視力2.0キープの私からすると、昼間の露天風呂は、どこまでもクリアに見渡せる世界。風呂からは勿論、湯気は上がっているのだが、室内のように、湯気がこもることによるソフトフォーカス効果がないので、女体という女体が、鮮やかに目に飛び込んで来る。

男性からすると、その光景は夢の国……と、私も女の端くれとして胸を張って言いたいところだけれど、現実はいつだって厳しいもの。当たり前だが、週刊誌のグラビアに載っているようなナイスバディ(死語)なんて一人もいるわけもなく、皆さんそれぞれが、それぞれの方向にとっ散らかったバディをなさっている。

そのとっ散らかり方は、痩せてる、太ってる、巨乳、貧乳、毛深い、毛薄い……等々、世界共通の指標も勿論あるのだが、それとは別に、何というか……もうこれは極めて私個人の指標によるものだが、「情緒のある女体」「情緒のない、実も蓋もない女体」があり、ほとんどの女体が残念なことに、「情緒がない」のです。

この際、「精神的な愛」「信頼関係が全て」「お互いをリスペクト出来る関係」みたいなことを横に置いてみると、とどのつまりは、このようなものの為に、世の中の男子は一喜一憂しているのか、ゲス事件は起きているのか、ほとんどの女体には情緒がないのにね!と思うと、珍しく、男子おつ!と言いたくなる。

そうは言ってもだ。女である私でさえも、若くて可愛い子の女体は見てみたい。私は、脱衣場でひときわ輝く可愛い女の子(20代前半と推定)に目をつけた。その子は、着ていた薄いコートとシャツまではさっさと脱いだのに、タンクトップ姿になったまま、髪の毛をいじったり、コンタクトを外してみたり、やたら丁寧に脱いだシャツを畳み直したりして、ちっとも脱がない。
私はその時、既に、風呂から上がり、髪の毛も乾かし、すぐにでも出て行かれる状態だったのだが、この子の女体を見ないで出るわけにはいかない、という意地の為に、グズグズと居残っていた。心の中では「脱ーげ、脱ーげ!」コールの嵐。
しかし、その子は散々グズグズとしていたかと思うと、髪の毛をくるっとゴムで結わくと、トイレへと消えてしまった。えー、今ここでトイレぇ?やっぱり美人はなかなか脱がねぇなぁ……私は彼女がトイレから出てくるのを待ち、やっとこ念願のその女体を見ることに成功した。

ズバリ、情緒はなかった……。あんなに可愛い顔をしているのに、その女体は、例えて言えば、ゴーギャンのタヒチの女的な、パーンとしていて動物的な感じだった。
その時、「ちょっとごめんなさいね~」と、私を押しのけるようにして、風呂場から上がってきたおばさんの女体に、私の目は釘付けになった。肉の量、そしてその肉の配置、バストトップの色彩とフォルム……薔薇色に染まったその肉体のなんたる色っぽさ、なんたる情緒!髪型は、ソウルの明洞でキムチを売っているおばさんのそれ(つまり、パンチパーマ的な)なのに、こんな素晴らしい肉体をお持ちとは!

若くて美人は得一一これは確かにそうなんだけど、「脱いだら情緒なし」の若い美人より、パンチパーマおばさんの「脱いだらすごい、脱いだら情緒あり」にはかなわないかもしれない。もしかしたら、女の人ってのは、案外平等に、案外、運不運は洋服を着ていたら見えない所にあるのかもしれない、などと考えた。

湯けむりありがとう、間接照明ありがとう。
そして男性諸君、色々ありがとう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

191
都内でOLをしています。
コメント (9)
私はまっ裸より下着姿、あるいは下着がチラリと見える瞬間があるかも知れない胸元、スカートの裾に興味がありますねぇ~。脱いでしまうと興味は1/10に希釈されてしまいます(笑)
男風呂編では股間にぶら下がる倅に注目が集まるのかなと思いながら楽しく読ませていただきました。情緒ある女体としてルノアールの裸婦、情緒ある男の体としてはミケランジェロのダビデ像が浮かびます。情緒ある倅ってのは?
henzutsuuさん…
"それぞれの方向にとっ散らかすバディ"にはウケた🤣
確かに"若さにあぐらかいてる"女性は多いですよね。
※女性の身体は年齢を経た履歴を円熟さ、妖艶さ、色気、情緒、豊満さで纏ってる大人の女性も多いです。
◉若さだけに惑わされない自分も男の色気=フェロモンだけは意識したいです、相当難しいですが…笑笑
いちさん、よくご理解されてますね!そうですね、男性も若いだけの細いまな板みたいなのは、青いですよね笑
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。