見出し画像

謎のポルトガル料理 in ジンバブエ

青年海外協力隊で、ジンバブエに来ています。
グラフィックデザインを教えます。

同じ街に住む先輩隊員とお店開拓!
街にある唯一のポルトガル料理。
この街は、ポルトガル植民地であったモザンビークとジンバブエの国境に位置しているので、きっと美味しいに違いないと。

「神戸は、四国近いから讃岐うどん旨い!」論です。
(体験済み)

レストランでは、
メニューは口頭で言われまして、少なさに驚愕!

牛(部位がいくつか)

エビ

辛さも選べます。

ジンバブエには海がないので、すかさず海老。
あとおすすめだというので、鶏を。

ドーン!

エビは、殻も食べれる感じで
マヨネーズとケチャップとガーリック味みたいなソース。1300円くらい。

鶏は、塩っ辛いですが、いい感じにローストされてプリプリしておいしかった。800円くらい。

ガラスの器に入ってるは、パン用のバター。

さて一体ポルトガル料理とは、なんだったのでしょうか?おもしろいので、敢えてググらず、
お隣、モザンビークに行って確かめたいと思います。

このあたりも多分ポルトガル料理。
ポルトガル系ファーストフード店、Nandos

海のあるモザンビークでは、
美味しい魚が食べたい!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Maita vasa!(ジンバブエの現地語でありがとう)
3
アフリカのジンバブエでグラフィックデザインの先生(2019-2021)。 ジンバブエ断続的停電、断水の日々。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。