新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

Twitterブランディングを頑張る人事の方向けの無料コミュニティサロン、"HR Tweets"を始めます🎉

 こんにちは!HeaR株式会社の人事、田島彩名です。

 私のTwitterをフォローしてくださっている方は既にご存知かと思いますが、私はツイッターで四六時中「採用したいならブランディングしろ、ブランディングするならツイッターをやれ」とつぶやいています。

 withコロナ時代到来。採用予算が縮小されたり、一旦採用を止めて加速をつけるために準備を始めたり……様々な人事の方がいる中で、今私にできることはなんだろうか? と考え、今回のコミュニティサロン設立に至りました。

なんでTwitter×ブランディング×人事を推すのか?

 コロナウイルスの影響で対面の面談面接がどんどん難しくなっています。この記事を公開した時点ではまさに日本は緊急事態宣言の真っ最中、どれだけこの状況が続くのかわかりません。人によってはコロナ収束まで2年の自粛が必要という言説もあります。

 いままでの採用の現場はオフラインでした。会ってみなくちゃわからない、話してみなくちゃわからない、……私もそれが当たり前だと思っていました。というか、今でもちょっとそう思っています。会って得られる情報量ってすごいです。

 でも、そんなことも言っていられないかもしれません。私たちは人事、人事は会社のメンバーや候補者さんの未来を考えることが仕事。その人たちを危険にさらすことなんて絶対にできません。だれよりも自粛して、だれよりも手洗いうがいをして、だれよりも会社をコロナから守らないといけない立場なのです。

 じゃあ何ができるかというと、やっぱりオンラインでのブランディングなんです。母集団形成も、採用も、面接も、全部オンライン。まだまだやっている会社は少ないからこそ、今やることに価値があります。

 Twitterの良さとして、「無料で始められる」「候補者の母集団形成ができる」「拡散性が非常に高い」「noteなど外部メディアと親和性が高い」ことが挙げられます。

 予算がかからない、個人の努力でどんどん伸ばせる、読んで欲しい記事を読んで欲しい人に届けられる。オンラインでのブランディングと非常に相性がいいんです。withコロナ時代にブランディング頑張りたい!というあなたにこそ、入って欲しいと思っています。

コミュニティーで行うこと

1. Twitter運用に関する基礎知識や記事をシェアします(週1〜)

 いままでいろいろとツイッターの運用をしてきましたが、「やったほうがいいこと」「これはやらなくてもいいこと」など、いろいろ見えてきました。それらを会員の方向けに限定で執筆、共有します。

 また、会員の方限定で、今までに私が公開している有料記事から一部抜粋した内容などもレクチャーします。

2. 採用/ブランディングに関する知識や記事をシェアします

 私か所属しているHeaR株式会社がコミュニティをばっちりバックアップしてくれているので、採用ブランディングに関する知識や記事のシェアもできます。CXに関していろいろ勉強したい方にもおすすめです。

3. 月に一度、Twitter運用に関するウェビナーをやります

 外部からゲストをお招きしたり、Twitter運用の質問に関してお答えするウェビナーを定期開催していく予定です。極力参加者の方とインタラクティブな企画を目指していくので、「これ誰に聞けばいいのかわかんない……」という方が気軽に質問できる場を目指します。

4. 採用担当同士、悩みや問題をシェアできるような場を作ります

 コミュニティに参加できるのは原則、人事や採用に関わる方のみ(もちろん採用広報などの方も大歓迎!)。メンバー同士が気軽に話ができたり、悩みを相談できるような場を作っていきたいと思います。おそらくSlackがメイン運用の場になるので、どんどん活用してください。

5. Twitterを始めたてで初速をつけたい方をメンバーみんなでサポートします

 Twitterでよく言われていること二つ。「1000人までは自動的にフォロワーが増えていくことはない」「2000人フォロワーがいるのはTwitterワールドの上位6%」。じゃあみんなでフォロワー2000人を目指しましょう!

 とはいえ、ツイッターを始めたての時はなかなかフォローしてくれる人がみつかりません。最初に5人でも、10人でも自分のツイートをどんどん拡散してくれる人がいたら嬉しくないですか?

 メンバーのリストを随時公開、お互いどんどんフォローし合いながら初速をつけていきましょう。

6. 人事界隈の”流行”をみんなで作りましょう

 流行らせたいハッシュタグ、絶対バズらせたい記事、協力してほしいこと、みんなに読んでほしいプレスリリース、あると思います。人事採用担当だからこそ、どんどん拡散させてほしい内容はあります。ただ、なかなかみんなが広げてくれない……という時、コミュニティを是非利用してください。

 私は基本的に、人事は他社のメンバーでもどんどん協力しあっていくべきだと思っています。「全ての人にマッチする会社」は存在しません。そして、「人材と会社のミスマッチ」を望む会社も存在しません。

 確かに、一人の候補者を巡って会社同士が競合することもあるでしょう。でも基本的には、候補者にとってベストな会社に入ってもらうことが採用担当者の喜びなはずです。その思いを忘れず、一つの会社の採用情報をどんどんみんなで拡散することによって社会全体の「働く幸福」を最大化していきたいと思っています。

7. シェアタレントしましょう

 「スキル的には申し分なかったけれど、カルチャーマッチしなかった」「素敵な人だったけれど、今は予算の関係で見送りになった」候補者さん、お別れ告げるの辛くないですか……?私は辛いです。人生をかけてうちの会社に来てくれたかもしれないのに、ただただ「採用できませんでした」って連絡するのは辛すぎる。

 そんな時にも活用できるコミュニティにしたいと思っています。候補者さんの了承を得た上で、公開できる情報をコミュニティ内で公開。「是非うちの採用面接受けに来てほしい!」と手が上がったらコミュニティ内でご紹介。(※金銭が発生する場合は人材紹介の免許が必要なのですが、ただの紹介であればリファラルです。確認済み)

 こんなことができたら素敵じゃないですか? 是非やりましょう。

8. 需要があれば……私がツイッターの悩み聞きます

 需要があれば!!(強調)

 はじめたてで全然わからない、どこから手をつけたらいいのかわからない、何をしたらいいのかわからない、何を呟いたらいいのかわからない……私もそうでした。めっちゃわかります。

 最初の不安をぜひ私にぶつけてください。参加してすぐ、ご希望があれば私がZoomであなたの元に飛んでいきます。めっちゃ規模が多くなっちゃったらどうしようとは思ったのですが、その時はその時考えます!

こんな人に来てほしい!

・人事採用担当になったばかり。あるいは会社にポジションができたばかり。相談できる人が欲しい。
・採用担当としてツイッターを始めたけど、つらい。挫折しそう。
・ブランディングを頑張りたい、たくさん勉強したい
・会社を経営していて、採用のことをしっかり考えたい。あるいは、ポジションとして採用に責任がある。

 基本的には、「give」の精神を大切にするコミュニティでありたいな、と思っています。誰か一人のためにみんなが協力し、それによって自分もラッキーやハッピーがある。そして、回り回って利益につながりみんな幸せ。それこそ私の目指す「人事の青春」です。

 逆に、自分の利益だけしか考えない人や、takeはするけどgiveしない姿勢の人にはご遠慮いただきたいのが本音です……とはいえそこは運営者の腕の見せ所!いい雰囲気を作ってみんながコミュニティに関わるのが楽しい!と思えるようにしたいですね!がんばります。


ご興味のある方は事前登録をお願いします🎉
→事前登録は4/26で終了いたしました。

 コミュニティなので、ある程度参加者があつまらないと動き出せません……涙 事前登録してくださる方が20名を突破した時点で、コミュニティの場所となるSlackなどをしっかり準備して公開する予定です。登録はこちらから!30秒あればできます。

(4/27追記:おかげさまで1日で50名、一週間で100名弱の方からの事前登録があり、正式にコミュニティがスタートしています!)

 基本的には「完全無償」です。現状企画していることを有料にする計画はありません。というかしません。死守します。

 ここまで読んで、「はいってみよっかなー」と思ってくれた人、大歓迎です。一緒に頑張りましょう!

本登録フォームはこちら!




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

スタートアップでがんばっております。ぜひ翼をさずけてください。

ありがとうございます❤️
51
CX系スタートアップ、HeaRの人事・広報担当です。#毎日人事日記 更新中。

この記事が入っているマガジン

採用
採用
  • 32本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。