have a nice closet
バレーボールウェア
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

バレーボールウェア

have a nice closet

2022年6月25日、
バレーボール元日本代表の酒井大祐さんをお招きして、
地元の中学生向けのバレーボール教室を企画しました。

街の縫製工場が、
トップアスリートを講師にしたイベントを企画する、
前代未聞な取り組みだと勝手に思っています。

コロナ禍が落ち着いてきた今、当社のある京都府舞鶴市で
何か明るいトピックを作りたいと、
地域の企業や団体にご協賛いただいて企画しました。

話したいことはいっぱいあるのですが、
写真のスタッフTシャツを見てほしいです。
この色、見覚えありません?


はい、ボールの色使いをそのまんま服にしちゃいました。
めっちゃ目立ちますよね。
何でこの色なのかって?
テレビ中継でスロー映像が普及してきたころ、
ボールの回転がはっきり見えるようにとか、諸説あるみたいです。

ふと気づきました。
「回転がはっきり見えるように」ということは、
見やすい=注目してもらえる、と拡大解釈しました。
今回のスタッフTには、
ご協賛いただいた企業のお名前を載せているんです。
だから参加者に見てほしいんです。目立ってほしいんです。
この色使いでデザインするにはうってつけでした。

簡単に単色でプリントすることもできたのですが、
せっかく本業の私が作るんだから、手は抜けないぞ、と、
スタッフになってあの服着たい!と思ってもらえる服。
胸を張ってスタッフしてます!と思ってもらえる服。
そんな着るだけで気分の上がる服に仕立てたかったんです。

結果は狙い通り、嬉しいコメントたくさんいただきました。
(お世辞だったりして笑)


縫製工場はどこかのブランドの委託加工が多く、
実際に着てくれた人の声が届くことはめったにないんです。
大量生産なので何が何だかよくわからなくなってきます。

今回は少量ではありましたが、
服を着るシチュエーションを創り出すところから始めて、
自分でデザインして、仕様きって、生地手配して、縫って、
これを着てくださいと着る本人に渡して、
「めっちゃカッコいい!」って言ってもらえて、
その上イベントに参加してくれた人も、
スタッフしてくれている人も、
みんなが目の前で楽しんでくれる、
とてもやりがいのある仕事でした。
服ってやっぱり気分を上げるのに欠かせないモノなんだとも感じました。

バレーボールウェア、絶対に捨てられない、記念の服になりました。

この形、またやります。
こんな思いの詰まった服でクローゼットを埋めていきたいです。

酒井大祐さん、今回ご協力いただいた皆様、
ありがとうございました!
特定非営利活動法人伊丹アスリートクラブ
株式会社ウッディーハウス  赤レンガへもぜひ「WOODY HOUSE FESTA
株式会社大和ルーフ  舞鶴で一番熱い屋根屋さん!
吉田工業株式会社  新築・増改築・リフォームの際はぜひ
丸山税理士事務所  地域に密着な税理士事務所さま
株式会社ツクヨミラシン  酒井選手へのお土産「マイヅルプリン」もぜひ
株式会社大滝工務店  暮らしのお困りごとにはぜひ、インスタもあります
株式会社藤善 こちらもお土産、今が旬「万願寺とうがらしうま煮
有限会社幾久鶴  晴れの日の貸衣装はぜひ「ハカマレンタルドットコム
NPO法人まいづる遊Bixs  イベント情報はこちら
特定非営利活動法人伊丹アスリートクラブ  
舞鶴バレーボール協会  

made in Maizuru Fukui Seni


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
have a nice closet
縫製工場跡継ぎ候補