クラシックの文脈における裏コード(sub-chords)

ポピュラー音楽でいう「裏コード」sub-chord というのはトライトーン(増4度=減5度)離れたドミナント7thコードのことであり、II-V進行において、Vを裏コードで置き換えることができる。たとえば、

Em7 A7 Dm7  G7 C というコード進行の場合、A7とG7を裏コードに入れ替えれば、

Em7 Eb7 Dm7 Db7 C となり、バスは半音ずつ下がってくるラインを形成する。

 クラシックでも「裏コード」sub-chordは多用されるが、そのよって来る所以はサブドミナントにドッペルドミナント(属調の属7和音)をもってきてかつ第二転回形を使い、バスに5度音をもってきて、さらにそれを半音下げた、というあたりから来ているのではないか。(下の譜面の音はこちら

④はドッペルドミナントの第二転回形。⑤ではさらに5度音(バス)を半音下げている。表記上D7(b5)/Abだが、これはAb7(b5)と構成音が同一である。⑤と⑥はあコードネームが違うだけで同じもの。

さらに⑦は、5度音を半音上げて普通の属七にしたもので、これも使えるだろう。

⑧はドッペルドミナントをにb9度を加えて根音を省略した形で、減七和音になる。

⑨では同じ和音をF上の属九和音と解釈して、Bbの三和音に解決した形。(ついでにEbまで行ってしまった)これは減七による短三度ずらしであり「裏コード」とは関係ない…がジャズでも使う。

⑩は同じ場所に先ほどと同様Ab7 「裏コード」を配して同じ進行をさせたものである。ここではBbmに行っている。これをVIと解釈してDbに終結する。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
次の公演は ●10月9日(金) 19時開演 霊南坂教会(赤坂)平澤篤記念演奏会 “Lacrimosa~平澤篤の絵画に寄せる" ゼフュロス・トリオのための 初演予定 ●10月14日(水) 府中の森芸術劇場ウィーンホール 「鳥はいまどこを飛ぶか~吹奏楽のための」初演予定

こちらでもピックアップされています

Jun Yamamoto 音楽を語る(2)
Jun Yamamoto 音楽を語る(2)
  • 123本

クラシック音楽のいいとこどりをして語ります。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。