決戦は水曜日!!OWL magazineの挑戦が始まる!!
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

決戦は水曜日!!OWL magazineの挑戦が始まる!!


準備に準備を重ねてきた。
明日からついにクラウドファンディングをリリースします。

旅とサッカーを紡ぐウェブ雑誌OWL magazineでは、サッカー旅本の出版のために着々と準備を重ねてきました。

情報を出さずに書いているので曖昧な記事が多いですが、これまでの経過は以下の記事をご参照下さい。

クラウドファンディングが公開したら、そのページを見て頂くのが1番わかりやすいと思いますので、公開したらこの下に張り付けます。


<貼り付け予定地>

クラファンから出版まではこんなスケジュールになっています。

寄付型ではなく先行販売型なので、ご支援頂くと必ず書籍が1冊以上届くようになっています。

8月25日 クラウドファンディング開始
9月2日 会社創設
9月23日 クラウドファンディング終了
10月半ば 書籍の発送開始

というわけで9月23日にはクラウドファンディングの結果がでます。

最初のクラウドファンディングに失敗した場合でも、そこでタイムアップとなるわけではありません。チャンスが残っている以上最後の最後まで足掻きます。

とはいえ、それはルヴァンカップの初戦のホームで0−4で負けてしまったくらいのインパクトがあります。次の試合で4−0で勝てば追いつけるし、5点とって4点差以上なら逆転できます。

とはいえ、出来れば初戦は2−0くらいで勝ちたい……。そんな初戦が最初のクラウドファンディングです。ルヴァンカップに例えたのは、多分チャンスは2試合くらいしかないからです。

1発目こけて、2発目もこけたら、今の会社の予算では対応できそうにありません。こけた状態で借りてくるのもなかなか厳しいところです。サッカー旅本を捨てて、別の路線を考えることで会社自体は持ち直せるかもしれませんが、OWL magazineの書籍化挑戦は失敗に終わります。

だから後がない決戦のつもりで挑む必要があります。

【重要】
クラウドファンディングに失敗しても書籍は出版します。キャッシュフローの問題で次回作以降が出せない、もしくは、かなり遅くなる見込みです。

キャッシュフローの話は、出版業界の話もわかって面白いと思うので有料部分に入れておきますね。


書籍に支援者の名前を入れるリターンもあります(本名のみ)。なんで本名のみなのかというと、ニックネームを認めると難しいケースがありえるからです。

例えば「某クラブは大嫌いさん」とかいそうですけど、その名前を載せると険が立つわけです。Twitterならブロックすればいいですが、本に名前が載ってしまうのはよろしくありません。

本名が礼有垰巣(れあるたおす)などの場合は、容認せざるを得ないと思いますし、万一レアルマドリーからクレームが来ても本名だから、話せばわかってくれると思います。

あとは……。最高額リターンを1つ公開します。作っておくのがクラファンのマナーですし、万一入ったらすごく助かります。

このプラン、おいくらでしょうか?!是非SNSなどで予想してみて下さい!!

画像1



【OWL magazine GUARDIANプラン】
OWLの趣旨に賛同しGUARDIAN(守護者)として見守ってくれる方のための特別プランです。

・『〜タイトル内緒〜』書籍10冊

・中村慎太郎&執筆陣と一緒に楽しい飲み会!
[ZOOM/ドライブ/新宿ゴールデン街/大宮の名店めぐり]などいずれか
(1回のみ。執筆陣は1〜2名くらい。詳細は相談・2時間程度)

※Zoom以外は、新型コロナウイルス感染症の収束の見通し後に実施とさせていただきます。

・本書と同じ四六判サイズの特製本革ブックカバー1つ

・OWL magazineオリジナルステッカー50枚

・巻末にお名前を掲載します(本名のみ)
※お名前を載せたくない方はコメントでお知らせください





以下は有料コンテンツとさせて頂きます。OWL magazineは毎日更新をしていて、サポーター界隈の皆様なら心から楽しめるコンテンツが揃っています!是非ご購読下さい!!

この続きをみるには

この続き: 2,377文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
スポーツと旅を通じて人の繋がりが生まれ、人の繋がりによって、新たな旅が生まれていきます。旅を消費するのではなく旅によって価値を生み出していくことを目指したマガジンです。 毎日1本の記事を更新しています。寄稿も随時受け付けています。

サポーターはあくまでも応援者であり、言ってしまえばサッカー界の脇役といえます。しかしながら、スポーツツーリズムという文脈においては、サポー…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
中村慎太郎 旅とサッカーを紡ぐOWL magazine

文章や音声コンテンツが面白いと思った方は、是非サポートをお願いします!コンテンツづくりのための経費や投資に使わせて頂きます。用途については不定期でnoteに公開します。

タクシードライバー、文筆家、会社経営者。 東京23区を中心にタクシー営業中(月22〜24日勤務)。愛する東京が職場です。 旅とサッカーのウェブ雑誌OWL magazine代表。サポーターを主役にした紀行文を書き連ねています。 株式会社西葛西出版代表取締役社長。本を作ってます。