見出し画像

ノマドワークは効率悪いのでやめて自宅改造中


ノマドワークやめます。

カフェやファミレスなどで書き物をするノマドワークが好きだったのだが、もうやめた。

結論から言うと効率が悪いからだ。

ノマドワークは気分転換が出来るというメリットがあるものの、気分がどっちに転ぶかわからないのである。また、電源の有無、周囲の音響、トイレの位置や快適性、混雑具合などに影響され、集中モードに入るのに時間を要することも多い。

さらにいうと、MacBookAirとは言え持ち運びとそれなりに重いし、ノマドに必要なコード類なども合わせるとそれなりの移動コストになってしまう。

その上、あまり集中できるわけでもないのである。それでも、子供が居ない頃は良かったのだが、今は家にいるだけでも子供にとってポジティブな影響を与えることが出来る。そう考えると、作業はなるだけ家でするほうが良いという結論になった。

外に行くときは本を一冊、ノート、iPhoneだけを持って行くことにする。読書時間は確保できるし、ノート片手に色々考えることも出来る。また、ぼくが抱えている書き物の中で最も手間がかかるのが「旅記事」なのだが、iCloudを使って写真ファイルを共有することで、iPhoneで写真を眺めながら記事の構成を組んでいくことが可能になった。

これは小さな一歩なのだが、大きなジャンプなのだ。


ついでにいうと、タクシー会社にもノマド用品を持って行っていたため、荷物が多すぎてかなり混乱していた。そのため、忘れ物も多く、内勤さんに呆れられていた。ノマド用品をばっさり切ったところ、荷物も軽くなり、忘れ物をする余地が減ったのである。これも良い結果であった。

というよりも実は、会社に持って行く荷物を減らそうというところから逆算的に思いついたのだが、ノマドの終了と自宅環境の強化だったのだが。

というわけで今日はデスク周りの片付けと断捨離に努めた。

今日のタスク一覧はこちら。

1タスクというか1つの数字あたり30分。
左の数字は月通算。右の数字が日通算。

59 1 某氏の相談 人
60 2 乗務日報 タクシー
61 3 ラジオ ラジオ
62 4 雑務 雑務
63 5 家事など雑務 雑務
64 6 お片付け 家事
65 7 お片付け 家事
66 8 お片付け 家事
67 9 お片付け 家事
68 10 台所片付け 家事
69 11 料理 家事
70 12 マイクラ 子供
71 13 note記事 執筆

マイクラはタスクなのかというと謎なのだが、家でやることだし、子供の成長には役立つと思うので(特に情緒が安定する)、これはタスクにいれてしまおう。

この他に2時間半くらい子供を連れて公園にいっていた。14回目までいくと思うので、今日の作業時間は7時間。

昼寝もしたし、休憩時間に本を一冊読んだしで良い感じ。それほど重くないビジネス書などを中心に積んでいるので、一日一冊ペースで読んでいけそうな気がする。

画像1

デスクはこんな感じになった。

MacbookAirを台の上において、後ろにモニターを置く形。今表示されているデスクトップには、タスクリストとFocusとく作業効率アップツール、そしてカウントダウンというアプリを置いてみた。

今カウントダウンされているのは、

ルヴァン決勝まで13日!

家族旅行まで約70日!

免許の点数が回復するまで273日!

個人タクシーまで3413日!

と、このようになっている。私のような発達障害傾向のある人間は、「30日に何かをする」というようなスケジュール管理が苦手なのだ。今日が何日かもよくわかっていないためだ。

だが、「あと4日」と言われると感覚的に理解しやすい。

あ、次の乗務までってのも入れようかな。

スクリーンショット 2020-10-25 23.27.42

作ってみた(すぐやる課)。

出庫は15時だけど12時に設定。

準備初めて家を出て、会社で車の準備をして、ストレッチなどをしてしっかり身体をリラックスさせることを考えつつ。発達障害は時間に遅れやすいので、本来あるべき時間より2時間くらい余裕を持って考えることが大事なのだ。それでも遅れるときは遅れるのだが。

ちなみに会社に遅刻したことはまだない。戦う発達障害。ギリギリはよくあるが。

パソコンの右側がカオスなのと、左側の書籍、資料類が乱雑なのを少しずつ何とかしていこう。

あとパソコン台もちょっとぐらぐらしてタイピングがしづらいマウスとキーボードスタイルにしたほうがいいだろうか。ちょっと検討してみよう。ただ、mac対応のキーボード買わないといけないとかなると出費だなぁ。どうしたものか。

まぁ少しずつ改善させていこう。

というわけで自宅の仕事環境を充実させて、ノマドはやらないということで一つ。

あと、ファスティング(断食)を始めたらすっごい調子がいいので、それも今度どこかで書く。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

文章や音声コンテンツが面白いと思った方は、是非サポートをお願いします!コンテンツづくりのための経費や投資に使わせて頂きます。用途については不定期でnoteに公開します。

11
作家・Youtuber。偏差値30からの大学受験を経て東京大学文科Ⅱ類(経済系)→文学部に進学(宮沢賢治の生命観)→大学院は理転して農学系(アワビ類の行動生態および繁殖生態の比較)→自主退学しスポーツ系の物書きに。著書『サポーターをめぐる冒険』がサッカー本大賞2015を受賞。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。