見出し画像

【ARISE LIVE先駆けレポート】ドコモのニューノーマルへの取り組みを紹介!

XR系オンラインイベント『ARISE LIVE』が今週の金曜日に開催します!

『ARISE』の初のオンライン開催!
ARISE LIVE第1回目となる今回は、NTT Docomo、KDDI、SoftBank、楽天モバイル各社からXR事業に携わる担当者の方に登壇して頂き、『ニューノーマル時代のXRコミュニケーションのあり方』について議論を交わします。

コロナが社会の変動を促す一方で、5Gの商用化開始や新たなAR/VRデバイスの販売開始など、XR業界を取り巻く環境は大きく変化しています。
そういったいわゆる『ニューノーマル』の時代で発揮されるXRの役割や価値とは?この問に関して、その最前線で取り組まれているゲストの方々と議論を深めます。

開催に先駆け今日から4日連続で各社のこれまでの取り組みを紹介していきます。
本日は「NTT Docomo」のXR領域での取り組みの紹介です!

ARを用いた遠隔コミュニケーションシステム

5Gの商用化にともない、ドコモ社から多数の5Gソリューションが発表され、ニューノーマル時代を見据えたXR技術を活用したものがいくつも取り入れられていました。
そのなかからいくつか紹介してみたい思います。

まずは「ARを用いた遠隔コミュニケーションシステム」。

凸版印刷株式会社と共同で開発されたこのシステムは、ARを用いて再現した4K高精細CG映像を教材として使用し、遠隔から複数人との対話型コミュニケーションを実現するというものです。

画像1

ARを通した遠隔からアクセスで、5Gの特性である「大容量」や「低遅延」といった特性を生かしたサービスとなっています。

CGで教材として扱う授業や博物館での新しい展示体験、または遠隔地からのガイドを提供する観光サポートといったユースケースがニューノーマル時代には考えられますね。

遠隔作業支援ソリューション 『AceReal』

『AceReal』は、ドコモが提供する5GネットワークとARスマートグラスの両方を活用して、作業現場をオフィスからリモート支援サービスです。

5Gを活用し現場の映像・音声が低遅延で届けることを目的としており、遠隔地からの支援も円滑に提供できるようになっています。

リアルタイム性が重要な業務現場においてXR活用をますます加速させてくれそうですね。ニューノーマル時代には、現場とオフィスの距離がゼロになるようなソリューションが登場してくると考えられます。

新体感ライブ「CONNECT」

2020年3月18日に開催された音楽ライブイベント『新体感ライブCONNECTスペシャルイベント』が開催されました。

「5G時代のエンターテイメント」をテーマとしたこのイベントでは、音楽グループSixTonesとSnow Manのコラボを8KVRで配信されました。

コロナにより当初の予定とは違った無観客でのリアルイベントになりましたが、遠隔地からの8KVRライブビューイングやスマートフォンで視聴する生配信と見逃し配信といった「時間や場所にとらわれない、5G時代のエンターテイメント体験の提供」として開催されました。

イベント会場のステージ最前列に8KVRカメラを設置した”バーチャル最前列体験””マルチアングル配信”などのこれからのライブイベントに求められている体験が詰め込まれたイベントとなりました。

ニューノーマルを見据えたエンターテイメントとして、5GとVRの活用は今後ますます注目を集めてきそうですね。

Magci Leap1販売開始

ドコモ社が以前から出資をしていたMagic Leap社のMRデバイス『Magic Leap 1』の販売を6月19日から開始しました。

リアルとデジタルを融合したインタラクティブな世界を実現することができるこのAR/MRグラスには以前から注目が集まっていました。

画像2

ドコモ社によると、業務効率化や新たなコンテンツサービスの開発、法人企業向けソリューション開発など、XRソリューションを求める企業やXRコンテンツクリエイター向けに販売を視野に入れているようです。

コロナの影響で全国102店舗のドコモショップ5Gコーナーでの展示が中断してしまいましたが、まだ体験をしたことがない方はコロナの影響が弱まり展示を再開した折にぜひ一度体験をしてみてください。

DOCOMO Open House 

2020年の1月に開催されたドコモの技術展「DOCOMO Open House」では様々なXRコンテンツが展示されました。今回の展示のなかで、ドコモ社の持つビジョンが垣間見えたのでご紹介します。

まず、ドコモ社がホロラボ社とデザイニウム社の技術サポートのもと開発した『ARクラウドで実現する未来の生活スタイル』では、ARの共有体験を実現する技術「ARクラウド」のデモが展示されました。

画像3

各種センサーから取得した情報をもとに現実のデジタルコピーを生成し、AR/MR端末やタブレット端末で同じデジタルコピーを見ることのできる仕組みが展示されていました。

ニューノーマル時代にはセンサー類を含んだIoTデバイスを活用した空間認識とXR端末の併用することで、今までに無かった体験が続々生まれてきそうです。

同様にMESONからは、ARクラウドを用いて共同で街づくりを体験するアプリ「AR City」が展示されました。

また、ENDROLL社からはマルチプレイARシューティングゲーム『ギミック&ガンズ』が展示されました。

画像4

今後ARクラウドなどを活用した共有AR体験がますます注目を集めて来そうですね。
それに合わせてドコモ社もそれを実現するためのプラットフォームを5Gネットワーク等の独自のアセットと組み合わせて構築していくのかもしれません。

ドコモXRコンセプトムービー集

ドコモ社は定期的にニューノーマルを見据えた未来のコンセプトムービーを制作・公開しています。

そのなかにはこれからの未来を見通すような取り組みが含まれているのでぜひご紹介したいと思います!

まずは『5G Concept Movie「新しい物語のはじまり」』
このコンセプトムービーのなかでは、ARグラスを通じた複数言語でのメッセージのやりとりや、バーチャルな鳥によるナビゲーションなど、各所にXR要素が散りばめられています。

続いては、俳優の佐藤健さんがMagic Leap 1を装着していて話題になったこちらの動画!
ゴジラが壁を壊して目の前に登場するといったこれまでには無かった体験がXRを使うことで可能になります。

最後が、5G×XRで実現するこれからのライブイベントの楽しみ方を提案するコンセプトムービー。
多視点でのスポーツの観戦や現地にいるかのようなライブ体験で今後どのように楽しみ方が変わってくるのか期待ですね!

ARISE LIVE開催!

NTT DocomoはMagic Leap1での取り組みを中心に様々な領域でAR/MR/VRにチャレンジしていますね!その先にあるニューノーマルの創造にも夢が膨らみます。

5Gネットワークやドコモ社が独自に積み上げてきたアセットを活用してこれからどのような体験が提案されてくるのか楽しみです!
それに加えて、ARクラウドやミラーワールドのような社会プラットフォームとしてXRを研究している気配もあるので、これからますます日本のXR業界におけるキープレイヤーとなってくるかと思います。

このような積極的にXR事業に取り組むドコモ社から、その中心で活躍する岩村幹⽣氏をお招きしたイベントを6月26日の19:00から開催します!

このイベントでは、NTT Docomoに加え、KDDI、SoftBank、楽天モバイル各社からXR事業担当者の方をお呼びしてXRに関してお話をお聞きします!

もし興味のある方はぜひ↓のサイトより参加登録をお願いします!
無料のオンラインイベントとなっていますので、お気軽にご参加ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」ありがとうございます!他の記事もよろしくお願いします!
10
ARスタートアップMESON所属。『Weekly AR Review』を書いてます。

こちらでもピックアップされています

Virtual Life
Virtual Life
  • 12303本

バーチャルとリアルの行方

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。