親子間の売買でも越境は調べておこう

親子間の売買でも越境は調べておこう

画像1

うちの会社では親子(親族)の間での不動産取引を数多く手伝わせて

いただいているのですが、その際には細かく現在の不動産状況を

買い手様にご説明をいたします。

その際に注意をするのが、隣地(隣家)からの越境、反対にこちらから

越境しているものがないか、です。

というのも、この越境、意外に隣地(隣家)の所有者とトラブルになる

ことが多く、また、金融機関から冷たい対応がされることがあるからです。

なので、親子(親族)間での不動産取引では、えいやっーとやってしまう方

が多い中、「このような事が将来あるかもしれません」と説明し、必要であ

ればその対応策もサポートしていくのです。


では、どんな事がありうるのか。

私が話を聞いたトラブルは次のようなものです。

・親族から買った一戸建てに住みだしてしばらくしたら、その隣家から

 「家を建て直す予定があるので越境している物を撤去して欲しい」

 と申し出があった。そこで、撤去の見積もりを取ったところ

 かかる費用は40万ー50万円とかなり高額。すぐには支払えないので、

 待って欲しいと伝えたが、隣家からは親族とは口約束ではあるものの、

 「家を建て直すときにはすぐ撤去する」と言明されていたとのこと。

 親族はうろ覚えながら言ったようだが、では撤去費用を負担して欲しいと

 お願いをしたが、そういったことを含めて安くしたので、買い手の方で

 支払って欲しいの一点張り。そんなことなら最初から撤去費用を含めて

 ローンを支払っておいた方が良かった・・・

このようなものです。もう1つあります。

・2~3年前に父親から買った家のローン金利を下げようと、金融機関に

 借り換えの相談をしたところ、越境の解消が条件で、かつ隣地所有者から

「越境を解消したとの同意書が欲しい」と言われたのこと。

 当たり前ですが多くの金融機関は、権利を侵す越境を嫌います。

 そこで、さっそく費用をかけて越境を解消。

 ただその後に隣家に同意書をもらいにいったのだが、一向に同意書に

 サインをくれない。

 理由を聞いたところ「前に何度もあなたのお父様に越境を解消して欲しい

 とお願いをしたが、一向に取り合ってくれなかった」

 「なので、私もこの件だけは協力はしない」と言われたとのことだった。

 普段は懇意ではなくとも、小さい頃から知っている隣のおじさんに言われ

 ショックなのと、その話を聞いた金融機関からは「それではローンは難し

 いですね」と解決策を出してもらえず、二重にショックを受けたそうで

 す。

結構、ハードなお話ですよね。


これらの話は不動産取引の業界あるあるなのですが、知らないと見過ごして

しまうことです。

そのためできれば、購入前に越境の存在を調べ、確認しておき

①そのままとする、②越境を解消する、③隣地(隣家)と同意書を

作成しておく、この3つの中からリスクを見据えて選択判断することが

必要となってきます。

また、このリスクに対応をした購入資金計画を立てておくことが

必要となるのです。


親子間での不動産取引の際には越境を確認しておきましょう。

 


 



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
武蔵野不動産相談室株式会社代表。年間300件を超える不動産の相談を受け、売買サポートは累計800組以上。相続や債務が絡んだ不動産、親子間・親族間での取引、借地底地の整理に強く定評がある。5万部超のベストセラー『不動産の基本を学ぶ』『家を売る人買う人の手続きが分かる本』など著書多数