tadami

ヘミングウェイに捧げる 【Tadamiの絵日記(風)】

ヘミングウェイに捧げる 【Tadamiの絵日記(風)】

「小学生3年のとき、映画館で「老人と海」を観ました。それまでハゼ釣りくらいしかやったことがなかった僕にとっては、カジキが水面を割って飛び出すジャンプと鮫に食われて骨だけになった姿が強烈に印象に残りました。手釣りでのカジキとのファイトや、釣った鯵をナイフで切ってそのまま食うシーンも刺激的でした。3年前にキューバを訪れました。ヘミングウェイが暮らしていたフィンカビヒア(白亜の家)や、庭に展示されている彼の愛艇「PILAR」も観てきました。そのときハバナの街中で釣ってきたばかりのキ

スキ
27
まもなく夏が訪れます。【Tadamiの絵日記(風)】

まもなく夏が訪れます。【Tadamiの絵日記(風)】

「北米東海岸北部、ニューイングランド地方の漁村の風景が好きでなんです。比較的干満の差が大きいための木製の桟橋に目が留まり、さらに係留されているロブスターボートの漁船離れしたエレガントさも好きです」(Tadami) いよいよ夏ですね。海から見える陸地の木々はますます濃く茂り、白い入道雲と青空とのコントラストが美しく映える季節です。と同時に楽しくも悩ましい暑さがやってきます。今月のイラストは「北米の東海岸」がテーマです。編集部も憧れのマリンシーン。 少し涼しげな夢を見ながら夏

スキ
51