IRiseAssociates株式会社

I'Rise Associates株式会社|証券用語|税方式(ぜいほうしき)

個人から保険料を徴収せず、年金の財源を全額税金で賄う方式。国内在住年数等の要件により一律に年金を支給する。 低所得者でも必ず年金を受け取ることができ、保険料の未納や年金記録管理の問題もなくなるが、高齢者にも負担が生じる、巨額の財源が必要になるなどの問題点が指摘されている。 日本の年金は加入者が保険料の納付額に応じて年金を受け取る社会保険方式で運営されているが、国民年金(基礎年金)は給付費用の2分の1が国庫負担(=税金)となっている。 ------------------

I'Rise Associates株式会社|証券用語|選択権付債券売買(せんたくけんつきさいけんばいばい)

債券のオプション取引の一種。 取引の当事者による相対取引で、証券会社などの店頭で行われる。取引期間は最長で1年3ヵ月だが、この期間内であれば、対象債券、売買数量、取引期間、売買価格などの取引内容を個別取引契約により当事者間で自由に取り決めることができる。 オプションの保有者(買方)が権利行使をする場合には、付与者(売方)に対して、対象となっている債券の受渡日を通知する。権利行使期間内に権利行使がなされなかった場合には、権利は失効する。 -----------------

I'Rise Associates株式会社|証券用語|セデル(せでる)

Centrale de Livraison de Valeurs Mobilieresの略称で、国際証券決済機関の一つだった。欧州市場における債券の受渡し・決済の集中管理、国際的な株式の決済業務等をおこなうために設立された。 ブリュッセルに本拠を置くユーロクリアと2大集中決済機構といわれていたが、ドイツ・ベルゼ・クリアリングと合併しクリアストリームとなった。クリアストリームは、欧州最大の証券決済機関となった。 --------------------------------

スキ
1

I'Rise Associates株式会社|証券用語|整理銘柄(せいりめいがら)

取引所の上場廃止基準に該当し、上場廃止が決まった銘柄。上場廃止基準に該当した場合に直ちに上場廃止になると、投資家が取引所での売買の機会を失い、不利益を被るおそれがあるため、整理銘柄として一定期間(通常は約1カ月)売買取引をできるようにした上で上場廃止となる。 ---------------------------------------------------- ▼I'Rise Associates株式会社 https://www.i-rise-associates.c

I'Rise Associates株式会社|証券用語|清算値段(せいさんねだん)

先物取引やオプション取引で、値洗いや証拠金の計算などで使われる価格。先物取引の清算値段は、終値(最終気配値段を含む)が使用される。オプション取引では、理論価格が清算値段として証拠金を計算する際などに用いられる。 ---------------------------------------------------- ▼I'Rise Associates株式会社 https://www.i-rise-associates.com/ ▼運営サイト https://www

I'Rise Associates株式会社|証券用語|スローハンド型防衛策(すろーはんどがたぼうえいさく)

期差選任制をとっている会社において、取締役会の構成員の交代を一度におこなうことができないため、買収防衛策の発動を阻止したり、買収防衛策を廃止したりするのに時間を要する買収防衛策の類型のことをスローハンド型防衛策という。 ---------------------------------------------------- ▼I'Rise Associates株式会社 https://www.i-rise-associates.com/ ▼運営サイト https:/

スキ
1

I'Rise Associates株式会社|証券用語|スポットレート(すぽっとれーと)

世の中に存在する金利は、必ず「スポットレート」か「フォワードレート」かのどちらかに分類される。スポットレートは、現在と将来の一時点の間に適用される金利のことをいう。 たとえば、現在、1年後、2年後、3年後と4つの時点を考えたとき、それらの4つの時点の間に適用される金利は、6通り考えられる。現時点をスタートラインとする金利をスポットレートと呼ぶ。 ---------------------------------------------------- ▼I'Rise Ass

I'Rise Associates株式会社|証券用語|スピンアウト(すぴんあうと)

会社の一部門を切り離し独立させること。 広義ではスピンオフと同義ではあるが、狭義ではスピンアウトは、元の企業と関係が切れる場合をさし、元の企業のブランドや販売チャネルなどの資産を活用することができない。 近年、日本においてMBOなど、バイアウトと呼ばれる企業買収の手法が用いられているが、バイアウトは、スピンアウトするための手段として活用されている。 ---------------------------------------------------- ▼I'Rise A

スキ
1

I'Rise Associates株式会社|証券用語|ストキャスティクス(すときゃすてぃくす)

英語表記はStochastics。米国のチャート分析家ジョージ・レーンによって考案されたテクニカル指標で、振幅や値幅などから相場の過熱感を測るオシレーター分析の一種。 過去一定期間(一般的には9日間)における高値、安値に対して、当日終値がどのような位置にあるのかを数値化することによって、価格の推移傾向を判断しようとするもので、0%から100%の範囲で推移する。相場の「買われすぎ」、「売られすぎ」を判断し、現在値が割高か割安かを見る際に力を発揮し、一般的に「逆張り」などに使用

I'Rise Associates株式会社|証券用語|スウェットエクイティ(すえっとえくぃてぃ)

会社を設立する際、創業者自身は格安で株式を取得し、自らの開発した技術や研究成果、特許など無形の資産を出資金の代わりに提供することで、自身の支払った株価よりはるかに高い株式を発行して、投資家から資金を調達する方法。アメリカのシリコンバレーなどでベンチャー企業を設立する際に利用されている制度。自己資金が少ない研究者でも会社を設立できる。 ---------------------------------------------------- ▼I'Rise Associate