菜園教室

野良生えサニーレタス畑を作ったよ・・・♪

バレンタインデーは、ローマで小鳥がツガイで飛び始める日。

春の始まり、立春。雪が雨に変わる雨水、冬ごもりしていた虫達が穴から地上に出てくる啓蟄。
キリスト教暦も2月から3月にかけて移り変わる節季の西洋版みたいなものです。

そのバレンタインデーが過ぎ、暖かい陽ざしの見沼菜園クラブ。

菜園の中でサニーレタスが発芽しているのを発見。

どうやら、昨年育てていたサニーレタスの一部が花を咲かせ、
種を

もっとみる

2020春野菜の準備開始・・・♪

立春間近。

暖かい日が続く見沼菜園クラブ。
いよいよ春野菜植え付け時季の始まりです。

張り切っているボクは、クワを振るってがんばります。

その勇姿を見て、やっと、「コンニチワ」ってしゃべれるようになった
ワタシもやりたくなっちゃった。

でも、まだクワは危なくて触らせられません。

こっちにおいでよ。オジサンと一緒に球根植えよう。

そう言われて、ヨイショ、ヨイショ、地面に移植ゴテで穴掘り。

もっとみる

菜園昆虫採集・・・♪

暑くなったり、寒くなったり、

そんな見沼菜園クラブに今日もやってきたボクは
なんと、ネットと虫かごを手にしていました。

昆虫採集やりたい!
チョウチョ捕まえたい!

一生懸命ネットを振り回します。

最後はパパも手伝ってくれて
チョウチョさんゲット・・・♪

菜園でキャベツの葉っぱムシって
かごに入れたりして遊んでいましたが

放してあげなさいってママに言われて
リリース。

ところで1ヶ月通

もっとみる

トマトとナスの復活

「八十八夜の別れ霜」。

農家の人から教わった言葉です。

立春から八十八日目の「八十八夜」になれば
もう霜は降りないと言う口伝えです。

今年だと5/2が八十八夜になります。
トマトやナスの植え時。

菜園デビューしたボクを大オジサン部隊も
手伝ってくれて、

植えたトマトとナス。

ボクの菜園デビューを大オジサン部隊メンバーがサポート・・・♪

それが5/8に霜が降り、
壊滅状態・・・

呆然

もっとみる

ボクの菜園デビューを大オジサン部隊メンバーがサポート・・・♪

10連休のGW。

見沼菜園クラブにもやってきたのは、
4歳のボク。

クワの使い方の説明を受けたパパが
溝を掘り始めると、
ボクがやるって、

パパの前に立って、
クワを両手で握ります。

じゃあ、パパを背中にして持ってみたら?

そう提案して、
パパが後ろで応援しながら、
溝掘り作業。

溝を掘ったら、溝の中に肥料を埋めます。
これもボクがやるんだって
一生懸命。

ニンジンの種まきの次は、

もっとみる