海の安全

脱新型コロナ社会を目指して正午の祈りinカトリック芦屋・甲子園教会⛪️

2/10、えひめ丸と米潜水艦の事故から生まれた海の安全記念日、日本の潜水艦と貨物船の衝突事故がありました。カトリック教会には、船員司牧があります。海で働くすべての方のために祈ります。脱新型コロナ社会を目指して正午の祈りinカトリック芦屋・甲子園教会⛪️ #船員 #海の安全 #正午の祈り #芦屋 #甲子園 #カトリック

「水辺の安全オンライン教室(主催:日本ライフセービング協会 教育本部長松本貴行さん)」がWEBメディアに紹介されました

先日、本ノートでもイベントレポートとして掲載した、公益財団法人日本ライフセービング協会の松本貴行さんが開催した「e-Lifesaving 水辺の安全オンライン教室」が、社会課題解決型ニュースサイト「Social Innovation News(ソーシャル・イノベーション・ニュース)」で紹介されました。 松本さんがオンライン教室を開催した理由やこれからの抱負を紹介した記事や実際に開催されたオンライン教室の様子をまとめた動画などが掲載されています。 なお、水辺の安全教室は、2

スキ
10

【再掲載】2020年夏、海辺の子どもの安全を守るために必要な“3つのこと”/日本ライフセービング協会 教育本部長 松本貴行さんに聞く

本インタビューは、緊急事態宣言期間中の2020年5月1日に、旧サイトにて公開したものです。 緊急事態宣言が解除された今、水辺での子どもの事故が多発しはじめていることが報道されています。 例年とは大きく状況が異なる今夏。わたしたち大人は、どのように子どもたちの水辺の安全を守っていくのか。自粛生活を余儀なくされている期間中に、警鐘とヒントを与えてくれたのが、日本ライフセービング協会の教育本部長で、中学校高等学校教諭でもある松本貴行さんの“水辺を想う3つのこと”でした。 子ども

スキ
13