枕のにおい

「移り香」 ~ 顔うずめる時 ~ (6)

「自分の枕の匂いっていいよね。ときどき突っぷしてクンクンしたくなる。」

私は「へーえ」と応え。そして、恥じた。

よそよそしいくらい洗い立てのリネンやTシャツに、ホッとする気持ちは変わらない。
でもその時の言葉には余白も何も無くて、千の天使が聴き耳を立てた気がした。

ソンナトキモ、アルカモネ
ソンナトキモ、アルカモネ

私はただ狭く小さく、そして斜めだった。

久しぶりに長い風邪をひいている。

もっとみる