成田佳洋

[2021.01]Best Albums 2020 ❷

[2021.01]Best Albums 2020 ❷

●Shhhhh

スキ
21
[2016.05]新しい世界の作曲家 - フォークロア、プリミティブ、うた、器楽、革新 - | 総論

[2016.05]新しい世界の作曲家 - フォークロア、プリミティブ、うた、器楽、革新 - | 総論

文●成田佳洋 text by Yoshihiro Narita  世界各地のフォークロアに根ざしつつ、ジャズ、クラシカル、ロックなど多彩な要素を取り込む新しいコンポーザー、器楽系ミュージシャンの活躍が近年目ざましい。  例えば本誌でも近年取り上げられる機会が増えている音楽家たち——アルゼンチンのカルロス・アギーレ、ブラジルのアントニオ・ロウレイロ、あるいはアルメニア出身のティグラン・ハマシアン等々——の日本での人気と広まりはどうだろう。女性向けカルチャー誌がカルロス・アギ

スキ
6
[2016.05]新しい世界の作曲家たちを知るためのディスクガイド30選 【新しい世界の作曲家
- フォークロア、プリミティブ、うた、器楽、革新 - 】

[2016.05]新しい世界の作曲家たちを知るためのディスクガイド30選 【新しい世界の作曲家 - フォークロア、プリミティブ、うた、器楽、革新 - 】

選・文|成田佳洋/花田勝暁 ①André Mehmari『As Estações Na Cantareira』(2015年) ブラジル音楽も、ジャズもクラシカルも——ピアニストであり、作曲家、アレンジャー、マルチプレイヤー——アンドレの多層・多彩な才能を知るのに最も相応しい傑作が本作と言えよう。コントラバスとドラムとピアノによるトリオ編成での録音をベースする。(花田) ── ②Antonio Loureiro『Só』(2012年) サンパウロ出身、ミナスで学んだアン

スキ
8