会議中なのに、公園にでもいるみたいだった。彼のその不真面目な姿勢のわけは、深夜になってわかった。
「なにしてるんです?」
「蛍光灯、切れそうだったから」
彼は空想の雲を見ていたのではなかった。馬鹿真面目で、一心だっただけなのだ。
脚立の上の彼の笑顔をみて、あ、好きだな、と思った。

あきらさんは、「深夜の会議室」で登場人物が「見上げる」、「雲」という単語を使ったお話を考えて下さい。

https://shindanmaker.com/28927

美術部の部室には、いつも通り甘い香りが漂っていた。部屋に差すオレンジが白いキャンバスを彩る。「もう描けない」と、言い終わらないうちに、頬に鋭い痛みが走った。悲しみか、怒りか、不思議な表情で走り去った彼女が開けた扉から冷気が入る。凍えた体と、ひっぱたかれた頬に、ココアが良く染みた。

草凪優介さんは、「夕方の学校」で登場人物が「ひっぱたく」、「ココア」という単語を使ったお話を考えて下さい。
https://shindanmaker.com/28927

夕方16時の劇場で君を見た。もう会うことはないと思っていた。声をかけようと踏み出そうとしたとき、君の横にいた知らない笑顔。あの日、初恋を覚えた劇場。けれども場所が同じだけで、もう二人は違う時を刻み出している。伸ばそうとした手を引き戻し、道を振り返る。

――ふわり。

桜が散る。

れんぷくさんは、「夕方の劇場」で登場人物が「恋する」、「春」という単語を使ったお話を考えて下さい。←さっきの文のお題はこちら。
#rendai
https://shindanmaker.com/28927

どうして。どうしてあなたはどこまでも優しいのだろう。
背伸びして、背伸びして、でも、結局届かなかったわたしは
助手席の座を諦めた。
今が夜なら良かった。
どんなに隠したって、きっと泣き顔、バックミラーごしにばれる。
もういいよ。わたしはどうせ子ども。罪悪感を抱けばいい。

れとろさんは、「昼の車内」で登場人物が「つよがる」、「鏡」という単語を使ったお話を考えて下さい。
#rendai
https://t.co/usyFUuti30

朝露に濡れた道をたどりながら早朝のカフェを目指す。暖かい場所でモーニングセットを楽しみたい。“今朝はシナモントーストがいいな”なんて思いを馳せながら入口に立つと、中からゴリゴリと音が。マスターは珈琲豆を挽くのに夢中。だから、わざと音が出るように、跡がついたドアノブから手を放した。

しるてっくさんは、「早朝のカフェ」で登場人物が「夢中になる」、「跡」という単語を使ったお話を考えて下さい。
#rendai
https://t.co/3b5b2WwCWz