巨象インドも未来

インド独立運動指導者
チャンドラ・ボースの「死」
戦後76年を経ても遺骨が本
国に返還されないのはなぜか

インド独立運動指導者 チャンドラ・ボースの「死」 戦後76年を経ても遺骨が本 国に返還されないのはなぜか

独立運動をリードした国民会議派の政治家 武闘派でマハートマ・ガンディーと決別 1945年8月18日。日本の敗戦が決まってから3日後、台北の松山飛行場で軍用機が墜落した。同機はサイゴン(現ホーチミンシティ)を発ち、給油のため台北に立ち寄っていた。最終目的地は満洲(現中国東北部)の大連だった。搭乗していたのは、関東軍総参謀副長に任命され、任地に赴く途中だった四手井綱正中将。そこに同乗していた大物がいた。インド独立運動指導者、スバース・チャンドラ・ボースである。四手井中将は即死、ボ

有料
200