働く人への想い

「お金を軸に、アーティストと芸術文化を支えたい」アート部門を旗揚げした元文学少女の夢