フレーバーストーン

【口コミ】料理が焦げ付かず、洗い物も簡単!!フレーバーストーンの評判をチェック!!

【口コミ】料理が焦げ付かず、洗い物も簡単!!フレーバーストーンの評判をチェック!!

よくある悩み焦げ付かず、焼き上がりにムラが出ないように調理したい こんなメリットがあります ・焦げつきにくい ・持ち手が外せる ・深さがあって使いやすい ・色味がキレイ ・熱伝導率が高い ・ガス代節約になる 興味がある方は是非チェックしてみて下さい👇 #ブログ #フライパン #フレーバーストーン

【バズレシピつき】料理の幅が広がる!オーブン対応のフライパン

【バズレシピつき】料理の幅が広がる!オーブン対応のフライパン

フライパンを使った調理法といえば、「焼く」「炒める」といったイメージが強いかもしれません。実は、「オーブンで使えるフライパン」が登場していることをご存じですか? オーブンでも使えるフライパンがあれば、メニューのバリエーションが広がります。また、別途オーブン調理用の器を用意する必要がないため、費用や収納スペースの節約になります。色や形にこだわったおしゃれなフライパンなら、オーブンから取り出してそのままテーブルに並べることも可能。食器を洗う手間が減り、時短にもつながるでしょう。

スキ
1
使い始めが肝心!フライパンの油ならしが必要なのはどんなとき?

使い始めが肝心!フライパンの油ならしが必要なのはどんなとき?

新しいフライパンを使い始めるとき、どのようなお手入れをしていますか? フライパンの素材によっては、「油ならし」が必要になる場合があります。特に鉄製フライパンは、使い始めに油ならしをするかどうかで、料理の出来上がりやフライパンの寿命が大きく変わることも。一方、コーティング加工されているフライパンなど、油ならしが不要の物も多く登場しているため、素材に応じたお手入れが大切です。 そこで今回は、特に油ならしが重要といわれる鉄製フライパンと、油ならしが必要ないフライパンの代表格である

スキ
15
【プロに聞く】コーティングで選ぶ!毎日使いたいフライパン

【プロに聞く】コーティングで選ぶ!毎日使いたいフライパン

調理に欠かせないフライパンですが、コーティングの素材によって使い勝手や扱い方が変わってくることをご存じですか?使用頻度が多い調理道具だからこそ、ストレスなく使える物を選びたいですよね。 今回は、料理家の風間章子さんに、毎日使えるコーディング加工されたフライパンをおすすめしてもらいました! フライパンのコーティングにはどんな意味があるの? 「フライパン」と聞いて、多くの方が最初に思い浮かべるのはフッ素(テフロン)加工のフライパンだと思います。実際のご家庭でも、コーティング加

スキ
2
【プロに聞く】素材別!フライパンを長持ちさせる洗い方とお手入れ方法

【プロに聞く】素材別!フライパンを長持ちさせる洗い方とお手入れ方法

毎日使うフライパン。お手入れはどうしていますか? フッ素(テフロン)加工のフライパンが登場して以降、一般家庭では、長らくコーティング加工されたフライパンが主流でしたが、近年では、鉄やアルミといった、昔から使われている素材にも注目が集まっています。料理家の風間章子さんによると、フライパンは調理の仕方はもちろん、素材に合わせたお手入れをするかどうかで、料理の出来上がりや寿命に大きな差が出てくるそう。 今回は、風間さんにフライパンを長持ちさせるお手入れ方法を、素材別に教えていただき

スキ
6
【プロに聞く】フライパンを長持ちさせる選び方&使い方のコツ

【プロに聞く】フライパンを長持ちさせる選び方&使い方のコツ

新しいフライパンを買っても、使っていくうちに食材がくっついたり、焦げつくようになったりした経験はありませんか?使い方にもよりますが、一般的にテフロン加工などのコーティング加工が施されたフライパンの耐用年数は、毎日使うと約1年、数日置きまたは大切に使って2〜3年が平均といわれています。それよりも短いという場合は、もしかしたら選び方や使い方が間違っているのかもしれません。 そこで、料理家の風間章子さんに、フライパンを長持ちさせる選び方と使い方のコツを教えていただきました。 長持

スキ
11
【プロに聞く】「くっつかないフライパン」選びのポイント

【プロに聞く】「くっつかないフライパン」選びのポイント

毎日の料理の中で欠かせない調理器具のひとつ、フライパン。焼いたり、炒めたりするほか、場合によっては食材を茹でたり、煮込んだりするのにも使える万能さが魅力です。 けれども、使い込んでいくうちに起こるのが、食材のくっつきや焦げつき。それは、フッ素(テフロン)加工など、「くっつかない」ことがウリのフライパンであっても避けることはできません。 なぜ、このような現象が起きてしまうのでしょうか。また、くっつきや焦げつきを起こりにくくする素材や使用法とは? 料理家として活躍する風間章子さ

スキ
9
【家族の人数別】おすすめのフライパンサイズ・重さ・深さは?

【家族の人数別】おすすめのフライパンサイズ・重さ・深さは?

フライパンは、素材や形状だけでなく、サイズにもさまざまなバリエーションがあるため、どれを選ぶべきか迷ってしまう方もいるのではないでしょうか?購入するフライパンのサイズを決める際は、家族の人数や作りたい料理のボリュームから判断することがポイントです。 また、フライパンのサイズだけではなく、重さや深さにも着目することで、フライパン選びの失敗を避けられるでしょう。今回は、フライパンのサイズや重さ、深さを選ぶ際のコツをご紹介します。 実は重要なフライパンのサイズ フライパンには、

スキ
7
フライパンの替え時は?知っておきたい長持ちさせるための使い方

フライパンの替え時は?知っておきたい長持ちさせるための使い方

毎日料理をする人にとって、フライパンは大切な調理器具。フライパンの状態が料理の出来上がりにも大きく影響してくるため、適切な替え時の見極めが重要です。また、気に入ったフライパンをなるべく長持ちさせるための使い方も知っておきたいもの。 そこで、フライパンの替え時の見極め方や、フライパンを長持ちさせるためのコツをご紹介します。 フライパンの替え時って? まずは、フライパンの替え時をどのように判断すべきなのか見ていきましょう。 フライパンの中には、使い込むことで油がなじみ、焦げ

スキ
7
【素材別】フライパンの特徴と選び方のポイント

【素材別】フライパンの特徴と選び方のポイント

フライパンは素材によって、作りやすい料理や手入れのしやすさが大きく変わってきます。それぞれの素材の特徴を踏まえた上で、使いやすいフライパンを選びたいですね。 今回は、素材別にフライパンの特徴やメリット・デメリットをご紹介します。 フライパンにはどんな素材があるの? 今回ご紹介するのは、鉄・アルミニウム・銅・ステンレス・チタンの5種類のフライパン素材です。 一般家庭でよく使われるフライパンから、主にプロの料理人が使うフライパンまでさまざまです。さっそく、それぞれの素材のメリ

スキ
7