ニッチスポーツ

日本スポ―ツ界のチケッティング問題に一石投じる

僕は2017年夏にそれまで勤めていた日本の総合商社を退職し、スポーツビジネス、より狭義でいうとスポーツエンタメを通じて世界に新しい驚き・ワクワクを与えられる存在になりたいと思い米国に飛び立ちました。

前回記載した以下NOTEに渡米後の活動内容については触れたので割砕しますが、米国での学び・ビジネス経験を通じて日本スポーツ界に様々な違和感をも覚えてきました。

今回はその一つであるチケッティングに

もっとみる

コロンビア大学スポーツ経営学修士課授業終了!~振り返り⇒決意~

最近スポーツビジネスの事や、米国でのスポーツトレンドに関する記事のみを書いていた為、あまりコロンビア大学での勉強内容や、そもそもの留学理由について触れる事はなかったですが、先日の最後の試験を終え無事同大学での学問を終了する事ができた事、こちらに報告させて下さい。

特に18年中盤にスポヲタ株式会社を立ち上げてからは、ビジネスと学業を両立させる必要が出て来た事から、色々と難しいこともありましたが、今

もっとみる

米国から学ぶ、「マイナー・ニッチスポーツリーグ」の重要性②~NFLも昔はニッチリーグだった~

前回米国におけるニッチスポーツの発展とその役割に関わる触りを説明させていただきましたが、今回はもう少し深堀し、今米国で断トツの人気・収益を誇るNFL(プロアメフトリーグ)を例に①具体的にニッチスポーツが米国メジャースポーツの発展にどのように寄与したのか、また②ニッチスポーツがメジャーになる上で何が重要なのかにも少し触れたいと思います。(ニッチスポーツがメジャーにある為に必要なことについては、第三弾

もっとみる

米国から学ぶ、「マイナー・ニッチスポーツリーグ」の重要性①

日本でメジャースポーツといったら、野球、サッカーの2つのチームスポーツと、相撲(ゴルフ?)あたりなのではないでしょうか?

今バスケではBリーグ発足と同時に、メジャースポーツ化に向けて動き出していますが、その認知度、収益性を考えると、まだ完全なメジャースポーツにはなり切れていないかと思います。また卓球等もプロ化を目指して動いている(動いた?)とも聞いていますが、まだまだニッチスポーツの領域を脱せて

もっとみる