スクロールグラフィック

webタイポグラフィーの失敗と発見

 小説の文に形式はない。しかし、共通する特徴があるはずだ。  そんな直感を頼りに小説の文とは何か考えます。本記事の目的は文学的研究ではなく、自分の作品を振り返り、アップデートするための思索です。 (今回のお話)カクヨム掲載の拙作『プラシアの翼』を例にwebタイポグラフィーの失敗と発見を話します。 (何分で読める?)10分(本文約4000字+引用約1000字) 『虎よ、虎よ!』のタイポグラフィー  主人公の「共感覚」を題材にしたアルフレッド・ベスター『虎よ、虎よ!』は、

スキ
5

「Scroll Graphics」考察8

「Scroll Graphic」8-1

「Scroll Graphic」8-2

「Scroll Graphic」8-3

「Scroll Graphic」8-4

「Scroll Graphic」8-5

「Scroll Graphic」5-1

スキ
1

「Scroll Graphic」5-2

スキ
1

「Scroll Graphics」考察4

スキ
1