ウクライナ国際航空752便撃墜事件

イランの抗議デモ・反政府デモを暴力で排除してはいけない理由

慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名によって

イランの抗議デモ・反政府デモを暴力排除してはいけない理由

イランでは、以前からその前触れ・兆候があったのですが、現地時間2019/11/15(金)から11/16(土)に変わる深夜0時に、突如ガソリン価格を3倍に値上げする措置が取られました。

2019/11/15(金)は、ヒジュラ暦で預言者ムハンマド様のお誕生日でした。イラン、そして世界中のイスラー

もっとみる
嬉しいです!!!

ウクライナ国際航空752便撃墜事故でのイラン人犠牲者の処遇は?

慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名によって

ウクライナ国際航空752便撃墜事故でのイラン人犠牲者の処遇は?

殉教者及び自己犠牲者事業財団は、すべてのウクライナ国際航空752便の撃墜事故の遺族らに哀悼の意を表する中で、この事故で犠牲となったイラン人に対する法的義務履行のための用意、その例として殉教者区画における埋葬を挙げて、その用意があることを表明し、情報開示しました。
このウクライナ国際航空7

もっとみる
よろしければフォローお願いします!

ミサイル着弾前から撮影 サウジアラビアのスパイ容疑で逮捕

慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名によって

計画的犯行か?!ウクライナ国際航空752便にミサイルが着弾する以前から撮影

ウクライナ国際航空752便撃墜事件で、ビデオ録画を事前準備して着弾以前から着弾の瞬間をビデオを録画し、サウジアラビアの通信局に送信していた人物が、ロバート・キャリーム地区で逮捕されました。

ロバート・キャリーム地区は、エマーム・ホメイニー国際空港に隣接する地区で、テヘランの

もっとみる
嬉しいです!!!
1

ウクライナ国際航空752便撃墜事件は、何故イラン航空655便撃墜事件と比較出来ないのか?

慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名によって

ウクライナ国際航空752便撃墜事件は、何故イラン航空655便撃墜事件と比較出来ないのか?

はじめに

イラン航空655便撃墜事件とは:

1988年7月3日にホルムズ海峡に停泊していたアメリカ海軍の巡洋艦ヴィンセンスからのミサイル攻撃で、撃墜された民間航空機イラン航空655便。

犠牲者は搭乗者290人全員であった。巡洋艦ヴィンセンスはアメリカのサン

もっとみる
よろしければフォローお願いします!