アウ

[2021.08]【太平洋諸島のグルーヴィーなサウンドスケープ⑬】 ソロモン諸島のパンパイプ・アウ ’au の現代的合奏 ―「呪術性」の継承―

文●小西 潤子(沖縄県立芸術大学教授)  「あのパンパイプ合奏をもう一度聴きたい」― 期待を胸に、私は2012年ソロモン諸島国ホニアラ空港に降り立ちました。目的は、オリンピックと同年に太平洋諸島各地持ち回りで開催される、第11回太平洋芸術祭 The Festival of Pacific Artsに参加するため。事の発端は、さらにその4年前。第10回太平洋芸術祭主催国のアメリカ領サモアには、次期開催をアピールするためにソロモン諸島国代表団111人が参加し、若い男性グループが

スキ
5

[2021.07]【太平洋諸島のグルーヴィーなサウンドスケープ⑫】 アウ ’au が鳴く―ソロモン諸島アレアレ地域のパンパイプのサウンドスケープ―

文●小西 潤子(沖縄県立芸術大学教授)  ソロモン諸島国って、聞いたことがあるでしょうか? 1978年イギリスから独立した島嶼国で、日本から南に約6,000㎞、パプアニューギニアの東にある約2,500の島々からなります。ソロモン諸島という名称は、1568年お宝を求めてやってきたスペイン人探検家のアルバロ・デ・メンダーニャ・デ・ネイラ Alvaro de Mendagna de Neira(1542-1595)が、古代イスラエル王に因んで名付けたもの。ソロモン王は知恵者で、神

スキ
5
再生

晩秋

「花を咲かせた草も、 実を結んだ樹々も枯れて、 一年の営みを終えた幹や枝は 裸になり、 ひっそりと ながい冬の眠りにはいろうとしている。 自然の移り変りのなかでも、 晩秋という季節の しずかな美しさはかくべつだな」 (山本周五郎『晩秋』から) 汐風に吹かれながら、 「晩秋という季節の しずかな美しさ」 に溶けこむ週末です。 和んでね♪ Music: #グノー #Gounod #アヴェマリア #AveMaria Piano: #Shonangirl 秋になるとなぜが #時代小説 が読みたくなる #湘南ガール #サーファー #サーフィン #サーファーガール #晩秋 #山本周五郎 #湘南日和 #surfing #surfer #surfergirl #shonanlife #shonanstyle #yamamotoshugoro #lateautumn🍂🍁

スキ
2

開幕直前

来週とうとうリーグ戦開幕。 今年も厳しい戦いになるだらね。 最後のTM。 まぁやることらやっていきましょ。 一週間調整ですな。 #somethingintheair #somethingin奥小路 #ポジションが決まらない #サッカー #大阪 #14 #90分 #往復36km #自転車移動 #アヴァボル #avantura #avaboru

スキ
4

三年ぶりに新調。

#やっぱりasics ですな。 大分サッカーは出来てませんが、 ランニングを始めてます。 まぁすぐ飽きるでしょうが。 面白さが皆目分かりません。 早くサッカーがしたいですね。 赤と黒が好きなんで、 僕のために作られたものだと 思ってます。 #良いプレーができますように #奥小路商店街 #サッカー #大阪 #14 #アヴァボル #avantura #avaboru

スキ
3