「毒きのこ」に御用心②

「毒きのこ」に御用心②

毒キノコに共通の特徴はない。様々な目、科、属に分類されていて特定するのは大変難しい。同属でありながら片方は猛毒、片方は食用という例も多い。 中でも、「ツキヨタケ」は最も中毒例の多いキノコで、ブナやカエデの枯れ木に発生している。シイタケ、ヒラタケと間違えやすい。傘は濃褐色で、肉には黒いシミがあります。発光キノコとして有名で暗くなると光ります。 「ツキヨタケ」は毒キノコの中でも古くから知られ、今昔物語にも登場しています。

9
森の闇な部分

森の闇な部分

おはようございます。 Kenjiです。 昨日も森の中で展開作業を行いました。 森の中は外と比べれば涼しいのですが、30℃を超えてくると、やっぱり暑かったです。 それでは「暑くなければ快適か?」と聞かれれば、そんなことはなくて、嫌なところも多々あるのが森かなと思うわけです。 たとえば、蚊は多いし、コオロギも多いし、スズメバチも怖い。たまにヘビもいますし、カラスに威嚇されたこともありますし、エゾシカが通り抜けたこともありますし。近くでヒグマが出たこともありますし。すぐに雑

16
家族を分断し、そしてつなげてくれた山の恵み

家族を分断し、そしてつなげてくれた山の恵み

昼間でもうっすらと暗い、お宮の裏の林。たくさんの種類の木が重なるように繁って、太陽の光をさえぎっている。そこで、しいたけは育っていた。 黒く、ゴツゴツした肌のクヌギの幹は、筋肉隆々の腕を思い起こさせる。ドリルで等間隔に穴を開け、種駒を打ち込む父の姿は、いつまでも飽きずに眺めることができた。 よく育ったしいたけは、大人が手のひらを広げたよりも大きくなり、肉厚でずしりと重い。大きな皿に並べて、塩をパラパラと振り、ラップをかけてレンジでチン。隣で、熱いのをハフハフ言いながら食べ

11
おうち定食 88    ご飯がすすむ、炒り豆腐

おうち定食 88 ご飯がすすむ、炒り豆腐

こんばんは。 読むこと、書くこと、食べることが大好きな ひらさわあけみです。 私は、お豆腐が大好きです。 毎日食べても飽きません。 特に夏場は、冷や奴が大活躍。上に乗せるものを変えれば、色々な味を楽しめます。 ただ、それだけだと段々物足りなくなってきました。 もっとしっかり食べたい。 そんな気持ちになったのです。 何を作ろうかな。 せっかくだから、野菜を入れたい。 常備してある野菜を確認した結果、炒り豆腐を作ることにしました。 ご紹介しますね。 ★ご飯がすすむ、

47
今月の1枚 July, 2021~しいたけ記念日~

今月の1枚 July, 2021~しいたけ記念日~

『この味がいいね』と君が言ったから七月六日はサラダ記念日(俵万智) あの俵万智さんのサラダ記念日を完全に踏襲して参りましたっ! しいたけ記念日私はキノコが苦手です。 「苦手でした」と過去形にした方が正しいのかもしれない。 いつの間にか自分の味覚は変わっていて、昔食べられなかったものもいつしか食べられるようになっている、なんてことは、多くの人が経験していることなのかもしれませんが。 食べられるようになったからと言って決して好きになったわけではなくて、そのものをそういう

1
しいたけハヤシライス

しいたけハヤシライス

おはようございます。 Kenjiです。 先日、ハヤシライスを作りました。 3個と、多めのたまねぎを千切りにして、よく炒める。炒める。牛肉を追加して、ニンジンも追加。よく炒めて、マッシュルームの代わりは生のしいたけ。よく炒めて、赤ワインを入れて、水も入れて、よく煮込んで。市販のルーを追加して。よく煮込んで。炊きたてご飯の上にかけてできあがり。 ハヤシライスのきのこ枠はマッシュルームが定番だけど、生のしいたけでもおいしかったです。

8
【放送大学】和食文化を考える

【放送大学】和食文化を考える

放送大学の面接授業で、和食についての講義を受けました。 和食の中心的存在である「だし」 だしは、5つの基本味のうち、「うま味」に該当します。 だしの原材料の主なものは、以下です。 昆布乾燥昆布の「うま味」の成分は、殆どが昆布に含まれていたアミノ酸であるグルタミン酸とアスパラギン酸。 かつお節かつお節🐟は、うま味物質のイノシン酸が非常に多く含まれており、「焙乾」と「カビづけ」によって生の時よりも増加する。 椎茸干し椎茸🍄のうま味成分はグアニル酸であり、このグアニル酸の抽

4
被写体つくります

被写体つくります

おはようございます! Kenjiです。 昨日は曇り空にときおり霧雨。 思えば今週はこんな天気がずっと続いていました。それでも森の榾木たちにとっては恵みの雨。春に植菌した榾木は仮伏せの完了が遅れていましたが、この雨に当てたことによって順調に進んでくれることでしょう。 そして今日は晴れ予報。 気温も久しぶりに30℃を超えそうですが、森の中で展開作業の後半戦を開始予定。展開作業は大変な作業なのですが、完成物の写真も撮れるので、割と好き。そのために今日は広角レンズを持ってく予

5
椎茸を捨てた罪悪感

椎茸を捨てた罪悪感

ちゃんとしたことろで、椎茸を買った。 自分と同じ出身地の。 1日しか冷蔵庫に寝ていないのに、弾力ゼロ。 見た目はすごくキレイなのに。 そして、酸っぱい匂い。 冷凍しようと試みたけど、やっぱりこの子たち腐ってるっぽい。。 見た目は良くても、そういうのはある。 だから、見分けられなくて当然なんだけど、残念だった。 何より、椎茸を捨てる罪悪感。 59円のエリンギの方が生き延びるんか。 椎茸は、299円だよ? 本当に食べれない物だったのかは、食べてないからわからない。 ただ、本当もっ

1