あなたの治療薬は大丈夫か

新着の記事一覧

免疫を助ける薬とは 「熱は友だち」「下痢は止めない」を常識に 長谷川秀樹(国立感染症研究所インフルエンザ・呼吸器系ウイルス研究センター長)×渡辺賢治(修琴堂大塚医院院長) 構成・森省歩

名医が飲んでる市販薬 長田昭二(医療ジャーナリスト)《かぜ薬》総合より症状別、《頭痛薬》「クイック系」に注意、《目薬》正しい使い方とは、《胃腸薬》ストレス性胃炎に安中散 何でも正露丸は×、《漢方薬》にも副作用

あなたの治療薬は大丈夫か?《名医が教える保存版》こんなクスリにご用心 取材・構成 長田昭二(医療ジャーナリスト)

高血圧症「尿酸値上昇リスクを恐れるな」樂木宏実(大阪大学大学院老年・総合内科学教授)

抗がん剤「『抗がん剤=嘔吐』の思い込みを捨てよう」市川度(昭和大学藤が丘病院腫瘍内科・緩和医療科教授)

脂質異常症「『飲み合わせ』に気をつけよう」西村理明(東京慈恵会医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科教授)

痛み「『とりあえずロキソニン』は効果なし」伊達久(仙台ペインクリニック院長)

胃腸薬「『制酸剤』『刺激性下剤』は常用を避ける」大久保政雄(山王病院消化器内科部長)

気管支ぜんそく「経口ステロイド剤は『年3回』まで」萩原恵理(神奈川県立循環器呼吸器病センター呼吸器内科部長)

点眼薬「目薬は『捨て時』が肝心」平松類(二本松眼科病院副院長)