【iOSDC Japan 2022】まさかのiOSDCに2回目の登壇をしてみて

haseken_dev
声が小さくで本当にごめんなさい!🙇

iOSDC Japan 2022が閉幕しました。運営の方々、準備・当日の運営まで、お疲れ様でした!
今年はオフラインによる会場の運営もあり、またオンラインも同時開催であったことから、本当に大変な運営をなされていたかと存じます。
自分はオンラインでしか今年は参加できなかったため、本当にありがたく、参加できたことで、嬉しい気持ちしかありません。改めてありがとうございました!

今回のiOSDC Japan 2022にて、光栄なことにまさかのLTで2回目の登壇をさせていただきました!
聴いてくださった方々、ありがとうございました!

https://fortee.jp/iosdc-japan-2022/proposal/a2164d63-1a7f-4fa3-9d06-613474e7d984

https://speakerdeck.com/haseken_dev/carplayxiang-kenoapuritutekai-fa-dekiruno

iOSDCはblogを書くまでがiOSDC!ということで、ブログを書かせていただければと思います。
(1年のうち、ブログを書くのはiOSDCの後しかありません。。)

1.なぜ今年もプロポーザルを出そうと思ったのか

今年もプロポーザルを出させていただこうと思った理由には2つあります。
1つはiOSDC 2020までは1参加者だったのですが、去年初めて登壇させていただいた時、これまでとは全く別の景色が見えたことでした。
プロポーザルが通過した時の喜び、資料を作っているときに「どうやったら5分で伝えたいことを伝えつつ、何か学びになる情報を伝えられるか」と考えて試行錯誤する時間の楽しさ。そして当日の発表の緊張感と、終わった後のニコ生やTwitter・Discordでの反応を見返した時の喜び、さらにたくさんのフィードバックを読んでいる時の達成感。。
これらはiOSDCの登壇したときにしか味わうことができず、かけがえのないものだと思います。今年もまたこの気持ちを味わうことができたら最高だ、と思い、プロポーザルを出そうと思い立ちました。

理由のもう一つは今年1月に転職したことでした。
去年、自分の新たなチャレンジとして初めての転職活動を行い、今年1月に転職したのですが、新しい転職先で頑張る中でさらに何か加えて頑張っていきたい!と思った時に「またiOSDCで登壇してみたい!」と思うようになりました。

今年も去年同様、何をプロポーザルに出そうかな、と考えていた時に、これまでも業務で関わることが多く、またちょうどQiitaでも記事としてまとめていたこともあり、今回はCarPlayで行ってみよう!ということで投稿することに決めました。

https://qiita.com/haseken_dev/items/d7e77b5b9376de2bc0da

2.2回目のプロポーザル通過

去年に引き続き光栄なことに、今年もプロポーザルが採択され、登壇する機会を得ることができました!これは2回目でも本当に嬉しくて、もちろん通過するようにプロポーザルは書くのですが、やはり採択のお知らせが来るまではドキドキしっぱなしですので、採択のお知らせが届いた時は「今年も登壇させてもらえるんだ!」と嬉しくなりました。

メールでこのタイトルが見えると興奮しますw

ここからは去年同様、家族に改めて時間をもらえるようにお願いしたりしていました。2人目の子供が1歳ちょっとにはなっていましたが、やはり家族の負担は増えてしまう部分がありましたので、協力してくれた家族には感謝の言葉しかありません。

3.資料・発表の準備

今年も去年同様に資料の準備を開始しました。
自分は話したいことを箇条書きで先にまとめる方がやりやすいみたいで、去年もやっていたのですが今年もまずは話したいことを箇条書きでまとめて、話す内容と順序を想像しながら書き出してみました。

今年も簡単にですが箇条書きでまとめてみました

実際に書き出してみると、「これは話さなくてもいいかな」、「あれ、これは話さないと行けなさそうだ」などが見えてくるので、その後の資料作成がスムーズに行きました。

また、CarPlayの実際の写真を撮影するために、自分が所有する車に乗り込んでキャプチャを撮ったりと準備を進めていきました。

このキャプチャは実際に自分の車で撮影しました

実は自分が車を購入した2019年ごろには、まだ純正カーナビにCarPlayを搭載しているところは少ないということがありました。そのため、あえて別のカーオーディオを購入して取り付けるなどしていました。

4.発表当日

発表前日に知ったのですが、オンラインでLTをするのは自分だけだったらしく、LTはライブで行うこともあり実はちょっと色々考えちゃったりしていました。
また、2回目なので去年ほど緊張はしないかな、とか楽観視していたのですが、全くそんなことはなく、むしろ去年を知っているからか、余計に緊張してしまったような気がします笑

実際にLTをしてみて思ったのは、どうしても会場の雰囲気がわからず、やはりこの点ではオフラインに勝てないな、と思うのは正直なところでした。
ですが、自分は今年諸事情によりオフラインでの参加が難しい状況でした。そのため、オンライン登壇という選択肢を用意して頂けなければ登壇できなかった状況でしたので、両方運営という形をとってくださった運営の方々には本当に感謝しております。

さて実際の発表ですが、本当に声が小さく、申し訳ありませんでした!!笑
あとで見返してみたのですが、まさかここまで自分が声を出せていないとは思わず、またドラの音で多くの方の耳を破壊(?)してしまい、もし次のオンラインの登壇の機会があるのなら、声量には気をつけたいと今でも反省しております。。。

本当にごめんなさい。。

ただ、やはり立木さんの声でタイトルコールして頂けるのは本当に嬉しいことであり、またニコ生やDiscordでもコメントをたくさんいただき、発表後に読ませていただいている時間が幸せでした。
発表を見ていただいただけではなく、コメントもいただき、ありがとうございました。
2回目の登壇も幸せな気持ちで終われたことは皆様のおかげだと思っています。

5.2回目の発表を終えてみて

2回目の発表を終えてまず感じたのは、まずは発表をちゃんと時間内にできたこと、そしてコメントを見ていると伝えたいことが伝わっていそうでよかった、ということでした。
やはりLTというは時間が短いため、5分以内に収めるために色々とスライドを作った後に削ったりします。そのせいで伝えたいことが伝わらないことが多々あるかとは思うのですが、コメントを見ていますと、伝えたいことが伝わっている様子が見受けられたので、安心したというのが一番でした。

そしてやはり声量については本当に反省点でした。
まさかあそこまで声量が出ていないとは思わず、この点については反省しっぱなしな状況です。もし次回機会があれば、最優先で注意したいなと思っています。

そのほかにも今年もノベルティが本当に充実していて、毎年驚いてばかりです。今年のお気に入りはお菓子を手を汚さずに食べれるトングです。
これは本当に便利で、このblogを書いている間もこのトングでセブンのカリカリコーンを食べています笑

すごく便利に使わせていただいています!

6.最後に

今年もスピーカーとして登壇する機会をくださり、ありがとうございました。運営の方々もオフラインが復活したことで、より苦労された部分があるかと思います。本当にお疲れ様でした。
またLTを見てくださった方々、ありがとうございました。
拙い発表だったかと思いますが、何か得るものがあれば大変嬉しく思います。
(今年もフィードバックがとてつもなく気になっているので、是非是非お願いします!)

また来年、またスピーカーとして参加ができるように、また1年頑張っていきたいと思います!

iOSDCはやっぱり最高でした!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
haseken_dev