Casa~帰る場所~

11

序章

 ガザと名乗る少年が、日の沈むスラム街を歩く。依頼は債権者の殺害。ひどい取り立てに悩んだ…

100

第一章 記憶喪失

 ガザには、一年前からの記憶がない。ボンと強い衝撃に弾かれて飛ばされ、地面に這った覚えは…

100

第二章 能力

 その直後の光景にガザは絶句した。 「こ……これは……!」  自らを中心として放射状に倒れ…

100

第三章 未開の地

 ゆらゆらうごめく地面を足が捉えた瞬間、悲鳴を上げたくなるほどにマーサの足に衝撃が伝わる…

100

第四章 隠れ里

「本当に、行かれるんですか?」  セナの心配そうな目に、ガザの心は揺れる。しかし、自らの…

100

第五章 水源

 ガザは目を覚ますと、見慣れない天井に戸惑った。パチパチと瞬きをして頭を振ると、前日のこ…

100

第六章 帝国の真意(マーサ)

 あれほどの衝撃を受けていながら、サーリはマーサよりも早く我に返っていたようだった。彼女…

100

第七章 能力と惨禍~始まりの記憶~(ガザ)

 話はガザが靄の処理を老練の狩人たちに任せて村に向かって走っている場面に戻る。  イーと…

100

第八章 能力と惨禍~帝国の歴史~

 建国百周年を迎えた記念式典の途中にそれは起こった。  ミレイがまだ王国だったころ、参列…

100

第九章 原子の火

 五人は目覚めた。そして身体の違和感に気づく。何かが、おかしい。ちぐはぐする身体に五人は…

100