見出し画像

EZRで標準化偏回帰係数(β)を計算する方法

こんにちは。ハルです。

今回は無料統計ソフトEZRを用いて標準化偏回帰係数(β)を計算する方法について書いてみようと思います。

βというのは、重回帰分析を行う際に計算される偏回帰係数を標準化したもので、独立変数の大きさや単位が異なっていても、相対的な係数の大きさを調べることができるものです。

EZRでは、偏回帰係数は自動的に表示されますが、βを計算する際には少しだけコマンドの入力が必要となります。

βについてはブログの方にまとめていますので、こちらの理解が先に必要な場合はぜひご覧ください。

では、始めていきますね。

この続きをみるには

この続き: 1,766文字 / 画像11枚

EZRで標準化偏回帰係数(β)を計算する方法

ハル

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます(^_-)-☆今後も頑張ります!
6
統計学が好きな素人です。無料統計ソフトEZRを使用しています。ブログでシロート統計学講座などの記事を書いています ( ⇒https://haru-reha.com/)。noteではEZRを使った少し発展的な解析を中心に書いていきます。
コメント (1)
実践的でわかりやすく、すぐにできました。有難うございます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。