見出し画像

幸せになるための20のこと<HAPPINESS IS.....>

20代、ガムシャラに働いて、突然結婚して子供が生まれ、自分の人生を前に立ち尽くす。幸せって一体なんだろう。

幸せになるためにがんばれとプレッシャーに耐えながらいつまで生きていくの?いつかの為にって節約して貯金して、80才になってから豪遊するの?そんな疑問が沸いて、幸せってなんだろうと考え続けた5年間。自分にとっての幸せが見つかると、もしかして今まで頑張り過ぎてたんじゃないか。寧ろ頑張っていることを言い訳に、幸せじゃなかったんじゃないかということが浮き彫りに。一人でも多くの人が、目の前の幸せを見過ごさないで、幸せを噛み締められると嬉しいな。

①幸せは、素敵な友達がいること

HAPPINESS is having fabulous friends.

楽しかった思い出を振り返ってみる。きっとそこには沢山の笑顔があるに違いない。きっと自分以外の素敵な友達の。多くの人は、孤独には生きていけない。人間は相対的な動物だから。様々な人と関係を持っていることで、幸せの割合は増幅する。

②幸せは、朝陽に包まれて目覚めること

HAPPINESS is waking up in beautiful sunrise.

平和な朝日は、これから始まる一日の可能性に満ち溢れパワーを放っている。少し悩みがあれば、きっと朝の起き抜けは、どんよりするだろう。だからこそ、朝悩みも無くガンバロウと思える目覚めは、それだけで人生の最も幸せなこととさえ、私は言える。

③幸せは、大切な人の為に料理を作ること

HAPPINESS is cooking for somebody.

誰かのために、美味しい料理を作っている時に感じる幸せ感は特別。何度もストーリーをシュミレーションして、どうやったら喜んでもらえるか考えながら作るから。でも、実際に料理を提供した時の、喜びはいつもいつもシュミレーションを超えて行くのは、どうしてなの?

④幸せは、大切な人の為にプレゼントを選ぶこと

HAPPINESS is Looking for a pretty present for your loved ones. 

親友から良くプレゼントをもらう。お姉さんみたいな存在で、寵愛を受けている。何度も何度も貰ってようやく、プレゼントをあげることって素敵なことだと思えた。ようやく私も人にプレゼントを買おうという気持ちが出て来た。相手の趣味嗜好を考えてプレゼントを選ぶのは、結構大変。なぜなら、(もしかしたら、これもう持ってるかもしれない~)(もしかしたら、気に入らないかもしれない~)と答えのない問答のループだから。実際貰っても、あれこれどうしようか~と思うモノもあったりするし、あげたモノもそんな場合もあるかもしれない。けれど、大切なのはプレゼントを選んでいる時の相手を思いやることであり、受け取った時のプレゼントと共に受け取る愛なんじゃないかと思う。なんでもない日に、何気ないプレゼントをしてみては?

⑤幸せは、甘くとろけるような夢をみること

HAPPINESS is seeing sweet dreams.

(嗚呼、このまま夢から覚めたくない~)と思う夢を見たことがあった?私は大抵起きたら夢を忘れちゃってることが多いけれど。何度かふわふわしていて、素敵な夢をみたことがあったような気がする。きっと精神状態がマックスの時に、そういう夢をみれるのかもしれない。夢は自分で選べないけれど、自分自身のコントロールで、近しい方向へは持っていけるはず。自分自身が幸せであれば、きっと甘くとろけるような夢が見れると思う。逆説的だけれども。

⑥幸せは、おいしいねと分かち合える人がいること

HAPPINESS is sharing delicious food with the someone.

一人で食べる食事は、結構味気ない。美味しいものを食べた時、「美味しいね~」と喜びを共有できると嬉しい。また、美味しいモノを食べた時に(ああ、これをあの人とも食べたいなー)と思えるのは、なんて素敵なことかしら。

⑦幸せは、目覚めてあなたの素敵な寝顔を見れること

HAPPINESS is seeing your smile when you sleep.
目を開けて一番に目に入ってくるのが、大好きなあなた。これほど素敵なことってあるかしら?静かな朝についついじーっと眺めてしまう。目を開けている時には、「なんなんだよ~!」って言われるから、こういう時にマジマジと眺めておこう的な。

⑧幸せは、手をつないで一緒に散歩すること

HAPPINESS is going out holding someone's hand.

夕暮れを浴びながら、手をつないで歩くこと。春の喜びが広がる花畑を手をつないで歩くこと。人混みの都会で、はぐれないように手をつないで歩くこと。私はいつだって、その時に幸せを噛み締める。25年くらいはそんなことしたことが無かったから、その貴重さが分かるのかもしれない。

⑨幸せは、道端の綺麗な花に心が躍ること

Happiness is your heart trembling when you find a tiny flower. 

いつも急いでいて、信号は出来るだけ突破したいし、電車だって一本でも早いのに乗りたいから、飛び乗ってしまう。そんな忙しい日常を多くの人が過ごしている。子どもを産んで散歩に出掛けて、こんなに世の中にはカワイイ花が咲き誇っているんだということに初めて気づいた。そういえば、空を見上げたのは一体いつ以来だろう?雲の形で季節を感じて、月の形で時の流れを想う余裕なんて、これっぽっちもない生き方してたな。

⑩幸せは、誰かに必要とされること

HAPPINESS is being needed. 

誰かに相談されたり、誰かに頼まれると、嬉しい。確かに、忙しい時とか折角やったのにあまり感謝されてないと、いやな気持になることもある。けれど、その人も様々な事情があると思えたり、何かを期待してやるのではなく、そのやる行為自体を自分で楽しめば、案外悪くない。感謝を求めてやるのではなく、人には何も期待しないことで、幸せな気持ちを持ちやすい。

⑪幸せは、行きたい時に行きたい場所に行けること

HAPPINESS is freedom to go wherever and whenever. 

ああー南の島に行きたい!と都会で暮らしていたら、良く思うかもしれない。でも実際に南の島に永久的に移住となったら、ちょくちょく都会に帰ってこれるならまだしも、島から出られないということになったら、それは嫌だと思った。例えば仕事の出張で香港やヨーロッパへ行ったけれど、時間が無いので打ち合わせだけして帰国。飛行機で映画を数本観れた以外、都内での打ち合わせと変わらないじゃないこともあった。結局大切なのは、行きたい時に行きたい場所に行ける時間とお金があることかもしれない。例えお金があっても、ビザや健康的問題から行けないこともある。だから、行きたい時に行きたい場所に行ける自由がないとダメだ!

⑫幸せは、「愛している」と言えること

HAPPINESS is saying "I love you."

「愛している」と言ったのはいつ?私は毎日。日本社会で育つと、言わずして伝える文化が根強い。確かに、言わないで伝わった方が本当かと思う。外国人の夫と結婚して、毎日「愛している」と言ってくれた。最初は、この人ロマンティックな自分に酔っているのかなとさえ、疑った。けれど、表層的でも「愛している」と言われるのは、悪い気はしない。更に口に出して言うことで自己洗脳もあるのか、5年間毎日「愛している」と言い続けてくれ、愛情は日に日に増すのに影響され、私も毎日「愛している」と言うようになったから。

⑬幸せは、天気の良いベランダで朝ごはんを食べること

HAPPINESS is eating breakfast at balcony at beautiful weather.

朝は闘いの時間?出来るだけ長くベッドに居て、如何に短時間で身支度して、外出するかが鍵になっている日本人は多いのでは。私もその一人だった。寧ろ起きてすぐはお腹減ってないから、朝ご飯食べない方がダイエットになるとさえ思ってた。そんなところ、夫は起きてからボーっとして、ゆっくり朝ごはんを作り、家族全員でベランダで朝ごはんを食べようと言い出す始末。ただ、これやってみると本当に良い。日本人はベランダは洗濯物干し場としてしか活用してない場合が多いけれど、ベランダは朝ごはんやピクニックティータイムでドンドン活用すべきだと確信。

⑭幸せは、植物たちに毎日水をあげること

HAPPINESS is watering the plants every morning. 

植物のあるインテリアに憧れて観葉植物買ったけれど、気付けば枯れ果てていた経験は、よくあるのでは。子どもが生まれて、忙しいけれど、家に居る時間が長い分、植物を眺める時間も増えた。太陽の光と水を得た植物は、ぐんぐん大きくなり、葉を広げている。そんなに植物の力を感じたことはこれまでにあったのだろうか。相変わらず、私は全然水をやらないけれど、夫は毎日欠かさず水をやっている。水を植物にあげるということで、きっと彼は癒されているのだろう。まだ私は達してない境地だけれども。


⑮幸せは、音楽に自然と体が動くこと

Happiness is when music makes your body move. 

音楽の力はすごい。でも、体調が悪かったりすると、耳障りに感じてしまうこともある。自然に人生を演出する音楽が聞こえ、そのリズムに合わせて体が躍り出すということは、結構幸せなこと。

⑯幸せは、とんでもないことを笑い飛ばせること

Happiness is loving silly things. 

いつもイライラして、怒っている人が多い。あの人は失礼だの、あの人はどうのこうのだの。でも、そんなに怒ってばかりで、人生楽しいのだろうか。有り得ないことが起った時、笑い飛ばせるくらい余裕があれば、きっと人生はもっと楽しくなる。それが幸せということ。

⑰幸せは、夢中になれることがあること 

Happiness is having something that gets you carried away. 

これから、どうやって生きて行くか、立ち止まって考えれた産後。(残念ながらうちはそうではなかったけれど)夫が十分に稼ぐからといって、妻だけで終わると考えたら、背筋が凍った。自分のやりたい事ってなんだろう、やっててウキウキすること、それをやるためにやるべきことはあるけれど、やっててウキウキすることが全然ない人生なんて、生きる意味あるのかとさえ思う。

⑱幸せは、ダメな自分も好きであること

Happiness is loving even the bad things of yourself.

自分に自信が持てなかった20代までの人生。ちっとも楽しくなかった。色々活動してみて、結果が出て人に認められて、尚自分がダメな所もあるけれど、そういう性格だもの、仲良く付き合っていこうという気持ちになると、救われた。自分を愛せないと、きっと他の人も愛せない。愛の無い人生なんて、幸せだろうか。

⑲幸せは、「それは幸せですか?」と聞いてくれる人がいること

Happiness is having someone who asks you is this what makes you happy.

将来の不安を解消しようとして、ガムシャラに働き、節約に懸命になる。確かに、少しずつでも貯蓄をと思うけれど、ずっとさもしい食事をとり続けて、それは幸せだろうか?夫が「たまには美味しいバケット買っても良いんじゃない?」と言って目が覚めた。そう、将来と同じくらい、今日という日も大切なのである。それをちゃんと気づかせてくれる人がいるってのは、幸せなことだと思う。

⑳幸せは、良いフライパンを持っていること

Happiness is having a good frying pan.

兎に角焼ければいいのだけれど、焼き具合も異なるし、持った感触も異なる。毎日使うモノは、少し高くても良い物を使うということは、幸せへの近道のような気がする。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
フィンランド人と結婚して3児の母であり、NPOを主宰し、絵本や幼児教育の研究家。及びアーティスト。「幸せな一日は素敵な眠りと夢から。素敵な眠りと夢は幸せな一日から。」という思いを絵やお話で表現。https://lumicoharmony.weebly.com/

この記事が入っているマガジン

脳みそ
脳みそ
  • 56本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。