実技2【過去問私的解説&ヒント】第56回気象予報士試験
見出し画像

実技2【過去問私的解説&ヒント】第56回気象予報士試験

※全文を公開している「投げ銭」スタイルのnoteです。

ここでは独学で実技試験を突破した晴野はれのが、令和3年8月の「第56回気象予報士試験の実技 2 」を「私・晴野はれのはれのだったらこう解くよ!」という内容でお伝えします。

令和2年8月の 第54回気象予報士試験の 実技1の問題と回答を 持っている人向けの 内容です。 (2)

もしあなたが第56回気象予報士試験の問題と解答をお持ちじゃなければ、まずこちらでダウンロードしてからご覧ください。

↓  ↓  ↓  

気象予報士試験・問題と解答のダウンロード

模範解答に関しても「気象予報士試験・問題と解答のダウンロード」で手に入ります。

繰り返しになりますが、このnoteでは出版社が出してる「過去問解説」ではなく、「晴野はれの的過去問解答までの道のり」を共有していきます。

早速やってみよ

問1:天気図を理解する

スクリーンショット 2021-10-18 23.11.43

問1(1)補助等圧線をひこう!

スクリーンショット 2021-10-18 23.12.31

ここでのミッションは1010hPaの補助等圧線を破線で記入すること。

地点A, B, C, D, F は全て 1010hPaより高い気圧ですね。

スクリーンショット 2021-10-20 16.37.34

その他、わかっている気圧情報を整理します。

1010hPaは、1012hPa と 1008hPa の間にあるので、1012hPa と 1008hPaの等圧線をはっきりさせておきます。

等圧線

ここまでくると、1010hPaの補助等圧線をどのエリアに記入できるかわかりますね。↓このピンクのエリア内です。

等圧線2

ここからA〜F地点の値を考慮して、補助等圧線の場所を絞っていくと、こうなりました。↓

等圧線3

1010hPa くらいだと判断したところに×印や直線上の印がを記入し、破線でつないでみると・・・

こんな風な補助等圧線をひけました。↓

等圧線4

ヒントの少ない場所では、隣の等圧線のカーブに合わせて記入してます。

模範解答と重ねてみると、こうなりました。↓

等圧線5

微妙!そして蟻の行列に見えてきたwwwwww

私の解答は模範解答と微妙に違いますが、答えに辿り着くまでの考え方として参考になるといいな〜。

では次〜

問1(2)台風について

スクリーンショット 2021-10-18 23.13.06

・①⑨は漢字表記
・②③は16方位
・④は枠内から選択

というのを頭において・・・

図1を見ると、「UPGRADED FROM TD」とあるから、①は「熱帯低気圧」ですね。

位置は石垣島の②「北北東」の海上。

スクリーンショット 2021-10-21 12.16.53

そして③「北東」へゆっくり進んでいます。

スクリーンショット 2021-10-21 12.18.46

中心位置は④「ほぼ正確」

スクリーンショット 2021-10-21 12.51.49

※ PSN=位置(POSITION), FAIR=ほぼ正確

中心の気圧は⑤「1002」hPa,最大風速は⑥「35」ノット。

スクリーンショット 2021-10-21 13.06.24

⑦「24」時間以内に、中心付近の最大風速は⑧「50」ノットに達すると予想されています。

スクリーンショット 2021-10-21 13.07.21

この台風には海上⑨「暴風」警報が発表されています。
▶︎用語集「海上警報」

スクリーンショット 2021-10-21 13.12.07

模範解答も
①「熱帯低気圧」, ②「北北東」, ③「北東」, ④「ほぼ正確」, ⑤「1002」, ⑥「35」, ⑦「24」, ⑧「50」, ⑨「暴風」

よし次〜

問1(3)雲と風速分布の特徴

スクリーンショット 2021-10-18 23.13.36

図2より、台風周辺の雲分布を見てみます。

台風中心付近の雲

図2は赤外画像なので、明度が高い部分が背の高い対流雲と上層雲です。

で、台風中心の北西側には、対流雲も上層雲も少ないですね。

一方、南東側は対流雲・上層雲ともに多いです。明度も高く発達した対流雲がたくさんありますね。

特に対流雲から南に上層雲が流れてるように見えます。これってかなとこ雲の上部の雲が広がってるって想像できます。

以上のことをまとめると、「台風中心の北西側で雲は少なく、南東側で発達した対流雲とその上部の上層雲が南に広がっている。」(45字)

模範解答は「北西側は雲が少なく,南東側に発達した対流雲があり,その上部から吹き出した上層雲が南へ広がっている。」(49字)

「上部から吹き出した上層雲が…」かぁ。メモメモ!.....〆((゜д゜)))


次に図3を見て、850hPaの風速分布の特徴をチェックします。

台風に伴う風速分布

台風中心の東〜南東側で風速が大きくなっています。

問題文に「風速の値にも言及」とありますね。最大風速は40ノットです。
一方、北西側では風速が弱く、最大風速は15ノットです。

スクリーンショット 2021-10-21 15.55.29

まとめると、「南東で風速が大きく最大風速は40ノット、北西側は風速が小さく最大風速は15ノットが予想されている。」(49字)

あ、文字が多いですね。削ります。

「南東で風速が大きく最大風速は40ノット、北西側は風速が小さく最大風速は15ノットである。」(44字)

模範解答は「南東側で相対的に強く,最大40ノットに達するが,北西側は最大15ノットで弱い。」(39字)

はい、模範解答を丸ごとインプットです!

インプットするワードメモ....〆(・ω・。)「相対的に」,「最大で〇ノットに達する」

問1(4)①日本海北部の低気圧

スクリーンショット 2021-10-18 23.18.21

日本海北部の低気圧に関連する強風軸の位置に最も近い等高度線はこれですよね。

↓ 9480 m

強風軸

位置関係は、地上低気圧の中心のほぼ真上。

まとめると「強風軸は地上低気圧のほぼ真上に位置している。」(22字)

模範解答は等高度線:「9480」m
位置関係:「強風軸は地上の低気圧中心のほぼ真上を通っている。」(24字)

「ほぼ真上を通っている。」と……〆(・ω・。)

では次〜

問1(4)②低気圧が発達する可能性

スクリーンショット 2021-10-18 23.18.39

まず500hPa天気図で、この低気圧に対応するトラフを見つけます。

トラフ

このトラフを経度線と平行に描くってこういうことかな?

トラフ2

東経 128.5° くらいですよね。

回答は 1° 刻みでってことなので、四捨五入して「129°」としましょうか。

模範解答は東経:「129(128)」°


次に等高度線と等温線に着目して、この低気圧が発達するかしないかを考えます。

図5を見るとトラフの東側に寒気の中心(C)があり、等温線に着目すると、トラフの東側にサーマル・トラフがありますね。

サーマルトラフ

発達する低気圧の条件で、「トラフの進行方向後面(西側)に寒気,サーマル・トラフの存在」というのがありますよね。

でもこの低気圧のトラフは、進行方向前面(東側)に寒気の中心とサーマル・トラフがあるから・・・ってことは今後発達しない予想ってことかな?

まとめると「トラフの進行方向後面ではなく前面に寒気があり、今後この低気圧は発達する可能性は低い。」(42字)

模範解答は、「寒気がトラフに先行し,トラフの西側に寒気がないため,発達する可能性は低い。」(37字)

「トラフに先行し」,「トラフの西側に寒気がないため」…〆(・ω・。)

では次〜

問1(4)③前線を記入

スクリーンショット 2021-10-18 23.18.58

6日9時の天気図で850hPa前線解析に使えるのが、図3以外にない…涙。

問題文では「図3を用いて」とあるので、割り切ってがんばりましょう!
( ˊᵕˋ ; )

まずトレーシングペーパーを使用して地上低気圧の中心位置を図3に書き込み、等相当温位線の集中帯の暖湿気側に線を引いていきます。

温暖前線は、風速のシアがあるところで止めました。

寒冷前線は九州の北あたりで風速が乱れててすごく迷いましたが、等相当温位線が密だったので枠いっぱいまで前線を伸ばしました。

※前線は等相当温位線が密になっているところの暖気側で風のシアが大きなところを選びますが、風のシアがわかりにくい場合は等相当温位線の情報を優先します。

前線5

↑前線の温暖前線&寒冷前線マークは省略しています。

模範解答と比較するとこうなります。↓

前線6

模範解答の温暖前線は私が考えたよりちょい長いし、寒冷前線は滑らかです。( ˊᵕˋ ; )

☆ここでの学び
・前線は実際の等相当温位線より滑らかに引く方が良い!(๑•̀ㅂ•́)و✧

よし次〜

問2:台風

スクリーンショット 2021-10-18 23.19.40

問2(1)トラフと等高度線の交点はどこだ?

スクリーンショット 2021-10-18 23.19.54

24時間後と48時間後の500hPa面トラフと5760m等高度線との交点を経度で答える問題です。(1°刻み)

図7より、5760m等高度線の曲率が高くて、正渦度の極大値の側ってことで、24時間後のトラフは 東経119°でしょうか。

トラフ1

図9より、同じく5760m等高度線の曲率が高くて、正渦度の極大値の側ってことで、48時間後のトラフは 東経133°でしょうか。

トラフ2-1

模範解答は24時間後:東経「120(119)」°
48時間後:東経「133(134)」°

では次〜

問2(2)①台風の見たまま問題

スクリーンショット 2021-10-18 23.21.51

問題文の空欄を埋めていきます。

この台風が予報円の中心を進む場合、24時間後までの移動距離を30の倍数で答えます。

30の倍数

24時間後の移動距離を定規で測ってみると28mmで、緯度10°(600海里)が約40mmだったので計算します。

( 600海里 × 28mm)/ 40mm = 420海里

420は30の倍数なので、ⓐは「420」でOKですね。

模範解答もⓐ「420」。


速度を求めるのは、24で割ればいいだけですね。

420 / 24 = 17.5 ノット。

小数点第1位を四捨五入するので、ⓑは「18」。

模範解答はⓑ「18(17)」。


この台風は48時間後には
・中心気圧ⓒ「990」hPa
・最大風速ⓓ「55」ノット

スクリーンショット 2021-10-25 15.46.14

模範解答も ⓒ「990」, ⓓ「55」。


48時間後の予報円の半径は、9mmなので、約150海里と計算できます。

スクリーンショット 2021-10-25 15.57.49

だからⓔは選択肢にもある「150」。
模範解答もⓔ「150」。

ⓕは気象庁が発表するカラーの台風予報では赤い線で表される「暴風警戒」域。
模範解答もⓕ「暴風警戒」。

暴風警戒域の半径は 10.5 mm なので、計算すると、ⓖは「175」海里。

選択肢にもあるし、模範解答もⓖ「175」。


ⓗは台風の中心が予報円の一番端にあった場合のことですよね。

だから 175 - 150 = 25 で、ⓗ「25」海里。
模範解答も ⓗ「25」
ですね。


ⓘは、天気図にそのまんま書いてあります。

スクリーンショット 2021-10-25 16.53.18

だから答えは「温帯低気圧」。
模範解答も ⓘ「温帯低気圧」。

よし次〜

問2(2)②台風に対する正渦度

スクリーンショット 2021-10-18 23.22.20

早速図 5 で確認してから図 7 で台風に対応する正渦度極大値を見てみると、すぐわかりますね。↓

正渦度極大値

正渦度極大の値は「131×10^-6/s」です。

模範解答も「131×10^-6/s」。

続いて地上台風中心からの方角を16方位で答えると…「南南東」ですね。

模範解答も「南南東」です。


この正渦度極大値が 8 日 9 時にはどこにいるのか?ですが、いきなり図 9 だけ見るより図 8 も見るとすんなり分かりますよ。

図 7 ↓

スクリーンショット 2021-10-26 10.14.15

図 8 ↓

スクリーンショット 2021-10-26 10.25.31

図 9 ↓

スクリーンショット 2021-10-26 10.26.24

というわけで、8日9時における正渦度極大値の位置は
緯度:北緯 33 °
(定規で測って計算したら32.5°になったので四捨五入しました。)
経度:東経 140 °

模範解答も、8日9時:北緯「33(32)」°,東経「140」°

OK!

よし次〜

問2(2)③48時間後の台風の構造

スクリーンショット 2021-10-18 23.22.36

図 10 の8日9時を見ると…850hPaでは、風の低気圧性循環の中心が等相当温位線の集中帯の南縁上にありますね。

スクリーンショット 2021-10-26 13.19.32

500hPaでは、地上低気圧(台風)の中心のすぐ西に、元気の良い(?)深いトラフがあります。(トラフはもう少し西に描くべき?)

西にトラフ2

これって、温帯低気圧の構造ですよね!

前線の南縁に風の循環の中心(低気圧の中心)があるってことは閉塞前だし、低気圧の中心の西側にトラフがあって、東側はリッジ。

まとめると、「850hPa面で等相当温位線集中帯の南縁上に風の低気圧性循環の中心があり、そのすぐ西に500hPa面のトラフがある温帯低気圧の構造となっている。」(72字)

・・・多いですね。

最後がくどいと思うので、削って「850hPa面で等相当温位線集中帯の南縁上に風の低気圧性循環の中心があり、そのすぐ西に500hPa面のトラフがある温帯低気圧の構造。」(66字)

模範解答は「850hPa面では等相当温位線の集中帯の南縁が風の循環中心を通り,すぐ西に500hPa面のトラフが迫り,温帯低気圧の特徴を備える。」(65字)

☆「風の循環中心」,「トラフが迫り」,「温帯低気圧の特徴を備える。」
・・・〆(・ω・。)

模範解答を完コピ

問2(2)④進路と中心気圧の盛衰

スクリーンショット 2021-10-18 23.22.55

進路予想について。

図6の台風予報図と数値予報の違いを見てみると(トレーシングペーパーを使うといいと思います。)

進路について

↑赤い「L」は数値予報天気図の台風中心です。

見たままですが、数値予報とスピードも違うけど…台風予報図では数値予報より南寄りの進路を予想しています。

私なら「数値予報より南寄りの進路を予想している。」(20字)

模範解答は「数値予報より南側の経路を予想している。」(22字)


台風の中心気圧と盛衰について。

台風予報図と数値予報天気図より、中心気圧を比較すると次のようになってます。↓

スクリーンショット 2021-10-26 15.12.27

台風予報図の方が中心気圧が低く、数値予報より台風が発達すると予想していますね。

だから「数値予報より中心気圧が低く、台風が発達すると予想している。」(29字)と書くかな。

模範解答は「数値予報より中心気圧が深まり,より発達すると予想している。」(29字)

「中心気圧が深まり」,「より発達」・・・〆(・ω・。)

模範解答を完コピ

問2(3)予想と実況の違い

スクリーンショット 2021-10-18 23.23.35

◆本州の南の熱帯擾乱→図1の台風との関連
◆北陸付近の低気圧→6日9時の850hPa前線との関連

を答える問題です。
台風との「関連」、前線との「関連」ですね。

まず熱帯の擾乱について。

相違がみられる(2)③でみた数値予報の結果というのは、「850hPaでは等相当温位線集中帯の南縁上に風の循環の中心があって、その西側に500hPaのトラフがある」です。

実際の台風(熱帯の擾乱)は、数値予報の結果よりずいぶん南側に位置しています。

中心気圧は数値予報と同じですが、台風単独で閉じた等圧線がなく、周りの等圧線はそら豆のような形状で、双子たまごというか・・・。

台風中心の上層に暖気があるのか?とか、中心を結ぶ軸が上層ほど傾いてるなどはわかりませんが、地上での水平方向の気圧差はゆるく、台風としては息も絶え絶えのような感じ。

だから答えは「台風の勢力は弱まり、南の進路となった。」(19字)

模範解答は熱帯擾乱:「台風が弱まり,本州の南へ進んだ。」(16字)


続いて北陸付近の低気圧について。

(2)③でみた「850hPa風の循環の中心」あたりに、この低気圧の中心があります。

6日9時の前線との関連を考えてみると・・・日本海北部にあった低気圧が東進し、日本海にあった寒冷前線が東西方向に傾き→停滞前線になった…ようですね。

で、北陸付近にも低気圧が発生したってことですね。

というわけで、「日本海側にあった前線上に低気圧が発生した。」(21字)

模範解答は「本州の日本海側の前線上に低気圧が発生した。」(21字)

☆「本州の日本海側」・・・〆(・ω・。)

模範解答を完コピ

問3:シアーライン

スクリーンショット 2021-10-19 17.02.46

問3(1)時系列図を見る

スクリーンショット 2021-10-19 22.30.50

図13を見ながら答えます。

風向は①「南東」(16方位)。模範解答も①「南東」。

スクリーンショット 2021-10-26 17.07.23

②「9時40分」にはこの期間で最も高い③「31」℃。
模範解答も②「9時40分」, ③「31」。

スクリーンショット 2021-10-26 17.07.23

海面気圧がこの期間で最も下がったのは④「10時00分」で⑤「999」hPa(整数値)。
模範解答も
④「10時00分」, ⑤「999」。

スクリーンショット 2021-10-26 17.07.23

風向が大きく変わって風速が増大したのは⑥「10時20分」。
模範解答も
⑥「10時20分」。

スクリーンショット 2021-10-26 17.07.23

ほぼ同時に下降したのは⑦「気温」。
上昇したのは ⑧「海面気圧」。
観測されたのは ⑨「降水」。

スクリーンショット 2021-10-26 17.07.23

模範解答は ⑦「気温」, ⑧「海面気圧」, ⑨「降水」

これはサービス問題でしたね〜(о´∀`о)

では次〜

問3(2)シアーラインの通過時刻

スクリーンショット 2021-10-19 22.31.19

シアーラインが通過するときの現象↓

◆風向の大きく変化する
◆風速が増大
◆気温の下降
◆気圧の上昇
◆降水の観測

(イ)では8時20分から8時50分に、シアーラインが通過したように見えます。

イ

で、風向の変化による時刻を優先させるので、「8時50分」!
模範解答も「8時50分」。

(ウ)は風向変化でも2択で迷いましたが、決め手は「風向変化+風速の増大」で「9時30分」と考えました。
模範解答は「9時20分(9時30分)」。

修行が足りませんね。(・Θ・;)

よし次〜

問3(3)場所探しと時刻

スクリーンショット 2021-10-19 22.31.47

図 12 と図 13 の答え合わせですね。

シアーラインは東に進んでいるので・・・

シアーライン通過時刻順に並べると、(イ)→(ウ)→(ア)。

位置は西から P→Q→R なので

(ア):R
(イ):P
(ウ):Q

だから答えは⑤ですね。
模範解答も「⑤」。

図 12 では、(イ)がシアーライン通過済みなので、8時50分以降は確実。

(ア)はシアーラインが通過してないので、10時20分までも確実。

残る選択肢は
・9時00分
・9時30分
・10時00分
です。

(ウ)は9時00分の時に南風で、10時00分だと10分間降水量が5mm以上なのでⓑとⓓは当てはまりません。

というわけで、答えはⓒ。
模範解答も「ⓒ」

よし次〜

問3(4)シアーラインはどこ?

スクリーンショット 2021-10-19 22.33.16

まずシアーライン入れましょう。

降水域あたりの風のシアーを見て、素直にラインをひくと・・・

シアーライン01

シアーライン02

また私の線はガタガタ…( ˊᵕˋ ; )

模範解答と重ねます。↓

シアーライン04

これはあなたの方が綺麗に記入できたかな!

で、このシアーラインが帯状エコーに対してどのような位置にあるのかってことですが、私の答えは「帯状エコーの南東側の端に沿っている。」(18字)
模範解答は「シアーラインは帯状エコーの東縁にある。」(19字)

模範解答を完コピ

これで第56回気象予報士試験の【実技 2 】の晴野(はれの)的解説を終わります!

お疲れ様でしたー!!!!!

受験された方々、本番お疲れ様でした。m(*_ _)m

過去問を解くときの参考として利用される未来の受験生の方々へ
このnoteがお役に立つと幸いです。

またこのnoteは、私一人で書いており、誰かの監修は受けておりません。

何度か見直し、誤字や間違いには気をつけておりますが至らない点もあるかと思います。

「ここオカシイよ!」というところがありましたら、遠慮なくメッセージください。m(*_ _)m

晴野へのご連絡・お問い合わせ→→→晴野ポスト

学科試験の解説は、ブログの方でやってます!
↓ ↓ ↓

第56回気象予報士試験_学科_一般

第56回専門知識

第56回気象予報士試験(実技1)

※以降に文章はありません。「投げ銭」での応援をしていただけると、今後もますます頑張れます♪(о´∀`о)♪

この続きをみるには

この続き: 0文字

実技2【過去問私的解説&ヒント】第56回気象予報士試験

hareno@気象予報士×ブロガー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!
気象予報士の「はれの」です。 現在兼業主婦。 子育てしながら、ほぼ独学で気象予報士試験に合格。 現在ブログ(https://harenote.com/)にて、試験勉強にオススメのテキスト・問題集などを経験談も交えて紹介しています。(о´∀`о)