見出し画像

実技2【過去問私的解説&考察】第60回気象予報士試験

受験勉強、お疲れ様です!

ここでは独学で実技試験を突破した晴野はれのが、令和5年8月の「第60回気象予報士試験の実技 2 」を解く場合、「私・晴野はれのだったらこう考えるよ!」という内容でお伝えします。

現在、問1(1)まで無料で公開しております。

また、出版社が出してる「過去問解説」とは違い、「晴野はれの的解答までの道のり」を私一人で書いており、誰かの監修は受けておりません。
私の考え方が必ずしも正解とは限らないことをご了承の上、ご利用ください。

もしあなたが第60回気象予報士試験の問題と解答をお持ちじゃなければ、まず気象業務支援センターのホームページよりダウンロードしてからご覧ください。

模範解答も「気象予報士試験・問題と解答のダウンロード」で手に入ります。


問1:地上天気図から

【問題文】

6月中旬の問題。
梅雨時期の台風が登場します。

問1(1)地上天気図を読む

【問題文】

毎度お馴染みの地上天気図を読む穴埋め問題です。
ここは時間をかけないようにサクッと終わらせます!

なお
②は50 刻み
⑥⑪は漢字
⑦は16⽅位
⑧は「層状雲」または「対流雲」を選択
⑨は「前1 時間内に」または「視界内に」を選択
⑩は符号を付して答えます。 

【穴埋め問題文】

地上天気図では、⽯垣島付近に中⼼気圧①「994」hPa の台⾵があり、東北東へ 16 ノットで進んでいます。

図1

この台⾵の24 時間後の予報円の直径は11mmくらい。
近くの緯度10°分が43mmだけど、50海里刻みで答えればいいので、計算が楽なように44mmとします。

( 11 / 44 ) × 600 = 150 海里 ▶︎▶︎▶︎ ②は「150」。

また、24 時間後にこの円内に台⾵の中⼼が⼊る確率は③「70」%です。

図1によると、台⾵ の中⼼付近の最⼤⾵速は④「35」ノット。
今後24 時間以内に最⼤⾵速は⑤「40」ノットに達する予想です。

⑥は「海上強風」警報です。  

▶️海上警報(記号)はこちら


【穴埋め問題文つづき】

⽇本の東の中⼼気圧 998hPa の温帯低気圧は、⑦「東北東」へ 20 ノットで 進んでいます。  

図1


【穴埋め問題文つづき】

⽯垣島の地上観測の現在天気によると、⑧は「対流雲」(選択問題)。
⑨も選択問題で「前1時間内に」ですね。

図1

▶︎雲の記号
▶︎天気記号

過去3時間の気圧変化量は⑩「-1.1」hPa となっています。  

図1

▶︎気圧変化傾向

⽇本海や東シナ海には⑪「海上濃霧」警報が発表されています。

図1

海上濃霧警報の発表基準は視程 ⑫「0.3」海⾥以下です。

▶️海上警報(記号)はこちら


模範解答も
①「 994 」,②「 150 」,③「 70 」,④「 35 」,⑤「 40 」
⑥「海上強風」,⑦「東北東」,⑧「対流雲」,⑨「前1時間内に」
⑩「 -1.1 」,⑪「海上濃霧」,⑫「 0.3 」

ここは12点満点いただく!
では次!

続きをみるには

残り 7,635字 / 90画像

¥ 300

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?