実技1【過去問私的解説&ヒント】第52回気象予報士試験
見出し画像

実技1【過去問私的解説&ヒント】第52回気象予報士試験

hareno@気象予報士×ブロガー

ここでは独学で実技試験を突破した晴野(はれの)が、令和元年8月の「第52回気象予報士試験の実技1」の問題を解いてみた「解答までの考え方&解答例」をお伝えしています。

問1(3)まで無料で公開しております。

出版社が出してる「過去問解説」とは違い、「晴野はれの的過去問解答までの道のり」を私一人で書いており、誰かの監修は受けておりません。
私の考え方が必ずしも正解とは限らないことをご了承の上、ご利用ください。

スクリーンショット 2020-07-24 11.55.11

もし第52回気象予報士試験の問題と解答を持っていなければ、まずこちらでダウンロードしてください。↓

気象業務支援センター
気象予報士試験・過去の試験問題と解答例

では早速いきますよー!


舞台は日本。

XX年9月9日9時のこと・・・・・

問1(1)日本付近の気象概況と予想について

問題文の( )に入る数字やワードを答えていきます。

⑧は台風の大きさ,⑨は台風の強さを答えますが、適切が語句がなければ「なし」と答えて良いわけです。


問題文
9 日 9 時の地上天気図では,本州付近に中心気圧が(①)hPa の台風第 XX 号があって,(②)ノットの速さで北⻄へ進んでいる。中心付近の最大風速は (③)ノット,最大瞬間風速は(④)ノットで,中心の北東側(⑤)海里以内 (⑥)側(⑦)海里以内では,30 ノット以上の強い風が吹いている。この台 風の中心は,今後 24 時間以内に日本海に達する見込みである。また,南鳥島 の北には別の(⑧)(⑨)台風があって北⻄に進んでいる。
三陸沖から日本のはるか東にかけては停滞前線がのびていて,北緯 40°東経 153°付近の船舶 A からの通報によると,海面付近で(⑩)が観測されている。
本州の多くの観測地点では雨となっている。一方,九州から沖縄にかけての観 測地点の天気は名瀬を除いて(⑪)となっている。


スクリーンショット 2020-07-25 19.03.19

①の答えは「990」…中心気圧は990hPaです。
②の答えは「14」…14ノットで北西に進んでて、
③の答えは「45」…中心付近の最大風速は45ノット、
④の答えは「65」…最大風速は65ノット。

だって図1に書いてあるから・・・

スクリーンショット 2020-07-25 18.50.10

⑤の答えは「180」海里以内
⑥の答えは「南西」側
⑦の答えは「90」

これも全部書いてあることを答えるだけです。

スクリーンショット 2020-07-25 18.50.10

OVER 30KT  →  30ノット以上
WITHIN 180 NM  →  180海里以内
NE-SEMICICLE  →  北東側の半円
90NM ELSEWHERE  →  その他の場所90海里

まとめると、「北東側の半円180海里以内とその他の場所90海里で30ノット以上」です。


次!「南鳥島 の北には別の(⑧)(⑨)台風があって北⻄に進んでいる。」について。

⑧は「台風の大きさ」について。答えは「なし」。

その理由は・・・風速30ノット以上のエリアが、半径500km未満だから!

スクリーンショット 2020-07-25 21.55.14

「30ノット」の風は、約15m/sの風。

「240NM」は240海里→444.48km
「180NM」は180海里→333.36km
※1海里=約1.852km

どちらも500kmないですね。 だから台風の大きさについては「なし」です。(※台風の大きさ基準についてはこちら→「台風の大きさ基準」


⑨は台風の強さの問題だから、答えは「強い」。

台風の中心付近の最大風速が65KTなので、台風の強さは「強い」になりますね。

スクリーンショット 2020-07-26 12.39.14

▶︎台風の強さ基準についてはこちら→「台風の強さ基準」

⑧は台風の大きさ,⑨は台風の強さを答えますが、適切が語句がなければ「なし」と答えて良いわけです。


次!「三陸沖から日本のはるか東にかけては停滞前線がのびていて,北緯 40°東経 153°付近の船舶 A からの通報によると,海面付近で(⑩)が観測されている。

⑩船舶により、観測されている天気は「霧」ですね。

スクリーンショット 2020-07-26 12.48.01


⑪九州から沖縄にかけての観測地点の天気の答えは「晴れ」。

理由は、名瀬をのぞいて観測されている雲の量が「1〜3くらい」だから「晴れ」となるからです。


問1(2)地上と500hPaの位置関係や特徴を文章で答える!

慣れないうちは文章で答えるのは苦手な人多いけど、模範解答を真似て数をこなしましょうー!

問題文
(2) 図1,図2(上)を用いて,本州付近にある500hPaの低気圧中心と地上の台風中心と の位置関係,および 500hPa の低気圧中心とその周辺の気温分布の特徴を,この台風が 温帯低気圧に変わりつつあることに着目して,解答用紙に示した書き出しを含めて 55 字程度で述べよ。

ほうほう。

この台風が温帯低気圧に変わりつつあることを心に留めて

・500hPaと地上の低気圧の中心の位置について
・500hPaの低気圧の中心周辺の気温分布の特徴

を55文字程度でまとめるんですねー。

500hPa の低気圧中心は,地上の台風中心の北西にあり,気温は低気圧中心の東側で高く 西(北西)側で低くなっている。(「500hPa の低気圧中心は,」を含めて 53 字)

500hPaと地上の低気圧の中心の位置について
 →500hPaの低気圧の中心は、地上の台風の中心より西北西にある。

スクリーンショット 2020-07-26 15.50.42


500hPaの低気圧の中心周辺の気温分布の特徴
→東側の気温は高く、西側の気温は低い

画像9

↑波線が等温線です。

というわけで、まとめると

500hPaの低気圧中心は、地上の台風の中心より西北西にあり、その東側の気温は高く、西側の気温は低い。(52文字!)


模範解答は「500hPa の低気圧中心は,地上の台風中心の北西にあり,気温は低気圧中心の東側で高く 西(北西)側で低くなっている。」でした。

低気圧の中心が「西北西」で、減点されるのか?・・・どうだろう?


問1(3)温度移流をサクッと答える!

問題文
(3) 図2に基づいて,館野および潮岬(それぞれの位置を図2に示す)の850hPaから500hPa にかけての気層の温度移流の種類を答えよ。また,風のデータに着目して,温度移流の 強い地点がどちらかを答え,その根拠となる,温度傾度の大きさを表す要素と,空気塊 の移流の方向・強さを表す要素を答えよ。

サクサク答えちゃいましょうー!


館野の温度移流は→「暖気移流」 

理由は、850hPaで南東(東南東)風→500hPaでほぼ南風となっていて、上空に向かって風が時計回りに変化してるので「暖気移流」だとわかります。


潮岬の温度移流は→「寒気移流」

理由は、850hPaでほぼ北西風→500hPaでほぼ南風となっていて、上空に向かって風が反時計回りに変化してるので「寒気移流」だとわかります。


温度移流の強い地点は舘野と潮岬、どっちかと言うと→「館野」

理由は、まず風速ですよね。
850hPaでも500hPaでも、舘野の風速の方がずっと大きい。

だから・・・

舘野の温度移流が強いっていう根拠となる要素は
→「温度風」,「気層の平均の風向・風速」 です!


この続きをみるには

この続き: 7,306文字 / 画像21枚

実技1【過去問私的解説&ヒント】第52回気象予報士試験

hareno@気象予報士×ブロガー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!
hareno@気象予報士×ブロガー
気象予報士の「はれの」です。 現在働くお母さんやってます。 子育てしながら、ほぼ独学で気象予報士試験に合格。 noteとブログ(https://harenote.com/)にて、過去に自分が欲しかった試験勉強に役立つ情報発信中。(о´∀`о)