英語でレシピ vol.1

5
記事

英語でレシピを読む! ~序章 01~

ああ、なるほど!
これまでも訊ねられることはあったものの、2015年3月上旬に『イギリス菓子図鑑』を上梓してからは、その質問が一気に増えました。
それは、“英語でレシピを読んでいるんですか?”ってこと。
はい、そうです。レシピもですが、むしろ資料に該当するものを読んでいます。
へぇ〜、すごいですね! 

んっ? 実はそんなことはまったくないのです。
もちろん資料を読み込むのはなかなかに骨の折れるこ

もっとみる

英語でレシピを読む! ~単位 01:大さじ小さじ~

英語のレシピ本を読むことはまったく簡単なことです。
もちろん、ていねいに読みこなそうと思えば、骨の折れることもありますが、それでも身近な単語のオンパレードなので、心配ご無用! ひるむに及びません。
むしろ、電化製品の取り扱い書や、電車の時刻表から乗り継ぎを考えるよりもぐぐっとイージーです。

簡単な大きな理由のひとつ。
私が昔やっていたように、材料さえちゃんと押さえれば、作り方やコツなどはすっとば

もっとみる

英語でレシピを読む! ~単位 02:順番~

英語のレシピの場合、材料をながめていると、重さ(g)や容量(cc/㎖)が先に記載されていることに気づきます。
はい、その通りなんです。

もっとみる

英語でレシピを読む! ~単位 03:○人分~

“英語でレシピを読む!”のは、実は簡単!
ただし、そこにはちょっとだけコツがあり、それをつかめば、とてもスムーズ。

さて、今回は、お菓子、というよりは料理のレシピを読むときのポイントを。
どんな材料がどのくらい必要なのか、も大事ですが、同時に何人分か、ということも知っておきたい。
日本のレシピだと、“1人分”“2人前”などと、何人ということを表現します。
それが英語だと?
直訳すると、“1人分”

もっとみる

英語でレシピを読む! ~単位 04:○個分など~

英語のレシピを眺めていると、“serve”同様、仕上がり量を表す言葉があります。

それは、make。
こんな感じで使われます。

もっとみる